2021年06月のF1情報を一覧表示します。

レッドブルF1首脳 「フェルスタッペンは今週末さらに圧勝する可能性がある」

2021年6月30日
レッドブルF1首脳 「フェルスタッペンは今週末さらに圧勝する可能性がある」
レッドブルF1上層部は、今週末再びレッドブル・リンクで開催されるF1オーストリアGPでは、マックス・フェルスタッペンがさらに支配的な強さを見せる可能性があると語る。

先週末のF1シュタイアーマルクGPでは、マックス・フェルスタッペンがポール・トゥ・ウインで圧勝し、ルイス・ハミルトンに対するチャンピオンシップのリードを18ポイントに広げた。メルセデスF1は、レッドブル・ホンダが開発レースで先に進んだことを認めている。

フェラーリF1代表 「ホンダのF1エンジン自体は開幕戦から変わっていない」

2021年6月30日
フェラーリF1代表 「ホンダのF1エンジン自体は開幕戦から変わっていない」
フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、レッドブル・ホンダの直線スピードの向上がホンダのF1エンジンが進歩したからとするメルセデスの見解を支持していない。

過去4戦で連敗を喫したメルセデスは、レッドブル・ホンダF1の直線スピードに注目し、チーム代表を務めるトト・ヴォルフは「パワーユニットで大きな前進を遂げた」と語っている。

アルファロメオF1 「ライコネンが2022年も現役続行する確信はない」

2021年6月30日
アルファロメオF1 「ライコネンが2022年も現役続行する確信はない」
アルファロメオF1のエンジニアリング責任者は、キミ・ライコネンが2022年もチームでF1レースを続けるかどうか確信はないと語る。

41歳のキミ・ライコネンは、グリッド最年長の最も経験豊富なドライバーであり、2021年までチームメイトのアントニオ・ジョビナッツィよりも優位に立っていた。

アロンソ 「2024年もオコンのチームメイトとしてアルピーヌF1にいる」

2021年6月30日
フェルナンド・アロンソ 「2024年もオコンのチームメイトとしてアルピーヌF1にいる」
フェルナンド・アロンソは、アルピーヌF1との契約を更新する意向を示している。

今月、アルピーヌF1は、フェルナンド・アロンソの現在のチームメイトであるエステバン・オコンが少なくとも2024年まで残留する新しい3年間契約がサインしたことを発表した。

2024年に何をしているかと質問されたフェルナンド・アロンソは「ここにいるのは確かだ。彼のチームメイトとしてね」と AS に語った。

【動画】 チェコJr (チーフエンジニア兼お菓子責任者)

2021年6月30日
【動画】 チェコJr (チーフエンジニア兼お菓子責任者) / レッドブル・ホンダF1
レッドブル・ホンダF1は、レッドブル・リンクに顔をみせたセルジオ・ペレスの息子を“チーフエンジニア兼お菓子責任者”として紹介した。

レッドブルのホームレースとなったF1シュタイアーマルクGPでは、妻カローラ・マルティネとともに長男のセルジオ・ペレスJr(3歳)もサーキットに帯同。父親の仕事ぶりを見守った。

F1 「マクラーレンの苦情がなくてもボッタスにはペナルティを科していた」

2021年6月30日
F1 「マクラーレンの苦情がなくてもボッタスにはペナルティを科していた」
F1レースディレクターを務めるマイケル・マシは、コース上でのインシデントについてライバルチームからの“告げ口”が裁定に影響を及ぼすことはないと主張する。

先週末のF1シュタイアーマルクGPのFP2ではバルテリ・ボッタス(メルセデス)がピットレーンでスピン。マクラーレンからのマイケル・マシへの苦情が国際映像に流れ、ボッタスには3グリッド降格ペナルティを科せられた。

レッドブルの台頭で「F1がまた面白くなってきた」とゲルハルト・ベルガー

2021年6月30日
レッドブルの台頭で「F1がまた面白くなってきた」とゲルハルト・ベルガー
元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーは、何十年もF1に深く関わってきたが、今年は再び“面白くなってきた”と語る。

過去7年間はメルセデスがF1を支配してきた。しかし、今年はレッドブル・ホンダがその牙城を崩そうとしており、前戦F1シュタイアーマルクGPではマックス・フェルスタッペンがポール・トゥ・ウインで圧勝。両方のチャンピオンシップをリードしている。

アルファタウリ・ホンダF1 「低速コーナーでの弱点克服が好転の鍵」

2021年6月30日
アルファタウリ・ホンダF1 「低速コーナーでの弱点克服が好転の鍵」
アルファタウリ・ホンダF1のテクニカルディレクターを務めるジョディ・エジントンは、2021年F1マシンであるAT02を低速コーナーの改善が好転の鍵だと説明する。

ピエール・ガスリーは、2021年F1シーズンの傑出したパフォーマーの1人であり、予選でトップ6を6回達成し、Q3を逃したのはまだ1回しかない。

レッドブルF1首脳 「メルセデスは敗北感に対処できていない」

2021年6月30日
レッドブルF1首脳 「メルセデスは敗北感に対処できていない」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、メルセデスはもはやF1を完全に支配できていないという状況に対処できてないと語る。

ヘルムート・マルコは、メルセデスF1のチーム代表と同じオーストリア出身だが、パドックでは二人は不仲であることは明確だ。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 73 | 74 | 75 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム