アルファロメオF1 「ライコネンが2022年も現役続行する確信はない」
アルファロメオF1のエンジニアリング責任者は、キミ・ライコネンが2022年もチームでF1レースを続けるかどうか確信はないと語る。

41歳のキミ・ライコネンは、グリッド最年長の最も経験豊富なドライバーであり、2021年までチームメイトのアントニオ・ジョビナッツィよりも優位に立っていた。

しかし、2021年は予選でアントニオ・ジョビナッツィが6勝2敗とキミ・ライコネンに勝ち越している。

そして、2022年はミック・シューマッハがキミ・ライコネンに代わってアルファロメオF1に加入するという噂もある。ミック・シューマッハは、アントニオ・ジョビナッツィと同様にフェラーリ・アカデミーのドライバーだ。

2022年もキミ・ライコネンは残留するかと質問されたアルファロメオF1のエンジニアリング責任者の

ライコネンが2022年に滞在するかどうか尋ねられたとき、アルファロメオのエンジニアリングチーフであるゼビ・プジョラーは「彼のプランは分からないし、彼のことを話すことはできない」と語る。

「だが、現時点ではモチベーションに問題はなく、チームとうまく連携しており、先週はレースで素晴らしい仕事をした」

ゼビ・プジョラーは、チームのエンジニアが今週末オーストリアでキミ・ライコネンと協力して「予選で彼を助けるためにいくつかのことを変える」と語る。

「両方のマシンがQ2セッションに進めば、チームに大いに役立つ」とゼビ・プジョラーは認める。

「我々にとっての最優先事項は、予選でウィリアムズに先んじて、レースですべてがはるかにうまくいくようにすることだ」

キミ・ライコネンの予選での主な問題は何かと質問されたゼビ・プジョラーは「タイヤを速いラップに備える」のに苦労していると語った。

「したがって、セットアップやタイヤの使い方について様々なアイデアを検討している。今週末、オプションを比較してみるつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオ・レーシング / キミ・ライコネン