2021年06月のF1情報を一覧表示します。

F1:ゲルハルト・ベルガー 「角田裕毅の無線での感情的な発言は問題ない」

2021年6月30日
F1:ゲルハルト・ベルガー 「角田裕毅の無線での感情的な発言は問題ない」
元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーは、角田裕毅がチーム無線で感情的な発言をすることに関してそれほど心配はしていないと語る。

今年アルファタウリ・ホンダF1でデビューを飾った角田裕毅は、無線でエンジニアに対して感情的な発言をすることが多く、最初は好意的だったF1ファンも嫌悪感を示し始めている。

ロス・ブラウン 「メルセデスF1が挽回するには難しいシーズン」

2021年6月30日
ロス・ブラウン 「メルセデスF1が挽回するには難しいシーズン」
F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、今年はメルセデスF1が挽回するのは難しいと考えており、夏休みまで難しい決断を迫られることになるだろうと語る。

これまで両方のタイトルを7連覇してきたメルセデスF1だが、今年は序盤からレッドブル・ホンダが互角の戦いを見せており、ついに過去4戦では連勝。メルセデスF1は2014年にF1がハイブリッド時代に突入してから初となる4連敗を喫し、両方のチャンピオンシップでレッドブル・ホンダにリードを許している。

F1マシン解説:アルファタウリ AT02 - 最新トレンドのフロントウイング

2021年6月30日
F1マシン解説:アルファタウリ AT02 - 最新トレンドのフロントウイング
レッドブルの“ジュニア”チームであるアルファタウリだが、AT02はRB16Bの単なるコピーではない。フロントウイングにはレッドブルとは異なる独自のソリューションを導入している。

チームとしてのポイント数こそフェラーリに及んでいないが、今年はピエール・ガスリーが定期的にQ3進出を果たす速さをみせており、F1アゼルバイジャンGPでは3位表彰台を獲得している。

フェルスタッペン 「今年のタイトル追求は2022年を犠牲にしていない」

2021年6月30日
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペン 「今年のタイトル追求は2022年を犠牲にしていない」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、今年のF1タイトルを獲得するためにチームが2022年の成功を“妥協”しているとは考えていないない。

F1は2022年に大幅なレギュレーション変更を控えており、F1チームの大多数は焦点を来年に切り替えている。

メルセデスF1技術者 「今シーズンのためのアップグレードはある」

2021年6月30日
メルセデスF1技術者 「今シーズンのためのアップグレードはある」
メルセデスF1のテクニカルディレクターを務めるジェイムズ・アリソンは、2022年のプロジェクトに重点が置かれてはいるものの、まだ今シーズン向けのアップグレードはあると述べた。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、チームはもはや今季マシンを開発しておらず、予算上限があることで、2022年に導入される新しいレギュレーションにリソースを割り当てたと述べていた。

F1、スプリント予選のスポンサーに仮想通貨取引のCrypto.comが就任

2021年6月30日
F1、スプリント予選のスポンサーに仮想通貨取引のCrypto.comが就任
F1は、2021年に新たに導入されるスプリント予選のグローバルパートナーに世界中で1,000万人以上のユーザーを抱える急成長中の暗号プラットフォームであるCrypto.com(クリプトコム)が就任したことを発表した。

新しいスプリント予選フォーマットでは、選択されたグランプリ週末の土曜日の午後にドライバーが100 kmのレースを行い、その結果が日曜日の決勝のスタートグリッドを決定。7月のF1イギリスGPで初開催される。

ホンダF1 田辺豊治TD 「この2年間ですべての面で向上が見られている」

2021年6月29日
ホンダF1 田辺豊治TD 「この2年間ですべての面で向上が見られている」
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治は、この2年間ですべての面で向上を果たしたと自信をみせる。

2019年のレッドブル・リンクでレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがホンダF1に復帰後初勝利をもたらしてから2年。先週末のF1シュタイアーマルクGPでは、フェルスタッペンがポール・トゥ・ウインで圧勝。ホンダF1にとっては30年ぶりの4連勝となり、現在、レッドブル・ホンダは両方のチャンピオンシップをリードしている。

ルイス・ハミルトン、周回遅れのサインツを先に行かせる苦戦ぶり

2021年6月29日
ルイス・ハミルトン、周回遅れのサインツを先に行かせる苦戦ぶり / F1シュタイアーマルクGP
フェラーリF1のカルロス・サインツは、F1シュタイアーマルクGPの決勝を勝利を争っていたルイス・ハミルトンからアンラップするという“非常に奇妙なシナリオ”について説明した。

全長の短いレッドブル・リンクで、カルロス・サインツは5番手を走行するランド・ノリスを追いかけている途中に2番手を走行中にルイス・ハミルトンに周回遅れにされた。

F1:フェルスタッペンの祝勝“バーンアウト”に物言いをつけたFIAに非難の声

2021年6月29日
F1:フェルスタッペンの祝勝“バーンアウト”に物言いをつけたFIAに非難の声
F1シュタイアーマルクGPでのマックス・フェルスタッペンの勝利の“バーンアウト”に物言いをつけたFIA(国際自動車連盟)を3人のF1パーソナリティが非難した。

2位のルイス・ハミルトンに30秒以上の差をつけて勝利したマックス・フェルスタッペンは、チェッカーフラッグ時に減速してピットウォール側に寄り、祝勝するスタッフにバーンアウトで応えた。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 73 | 74 | 75 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム