アルファタウリ・ホンダF1 「低速コーナーでの弱点克服が好転の鍵」
アルファタウリ・ホンダF1のテクニカルディレクターを務めるジョディ・エジントンは、2021年F1マシンであるAT02を低速コーナーの改善が好転の鍵だと説明する。

ピエール・ガスリーは、2021年F1シーズンの傑出したパフォーマーの1人であり、予選でトップ6を6回達成し、Q3を逃したのはまだ1回しかない。

アルファタウリ・ホンダ AT02のペースは、F1アゼルバイジャンGPでの衝撃的な表彰台を可能にし、ピエール・ガスリーは、リタイアに終わったF1シュタイアーマルクGPを終えてドライバーランキング8位を維持している。

好調なシーズンスタートを切ったアルファタウリ・ホンダF1だったが、ポルトガルとスペインの2戦でパフォーマンスは下降。ピエール・ガスリーは両レースで10位でフィニッシュするのがやっとで、チームメイトの角田裕毅はノーポイントだった。

アルファタウリ・ホンダF1のテクニカルディレクターのジョディ・エジントンは、チームがそれらのレースで“多くの自問”をし、マシンの低速性能について貴重な教訓を学んだと語った。

ジョディ・エジントンは、チームがコーナリングでのマシンの「怠惰」をなんとか治すことができた事実が、F1のミッドフィールドで進歩を遂げるための鍵だと考えている。

そのアプローチは、ピーエル・ガスリーが自身3度目のF1表彰台を獲得したF1アゼルバイジャンGPで大きな成果を上げ、アルファタウリは現在アストンマーティンに2ポイント差をつけてコンストラクターズチャンピオンシップで5位にいる。

「ポルトガルとスペインの後、我々は低速性能にいくつかの懸念を抱いていた。我々はあまり満足していなかった」とジョディ・エジントンはオーストリアで語った。

「それからモナコに行って、セットアップを少し試してみた。やや独特なサーキットであり、必ずしも多くの結論を出すことはできないが、そこで賢明な学習をしたと思う」

「そして、我々の注意はいくつかのバランスに焦点を合わせ、マシンを少し怠惰にせず、中速でより良く回転させようとした。そして、バクーでは低速コーナーでのマシンの回転が良好でした。車はかなりうまく回転しているようだった」

「ポール・リカールはタイヤと路面温度とバランスで誰にとっても挑戦的であり、マシンは運転するのが困難だったが、競争力があった。以前の年よりもはるかに競争力があった。そこで再び、我々は何かを学んだと感じた」

ジョディ・エジントンは、チームの進歩はオーストリアの最初のレース週末でも明らかだったと指摘した。ピエール・ガスリーは予選6番手、角田裕毅は8番手だった。3位のグリッドペナルティにより11位でスタートしました。

ピエール・ガスリーは、オープニングラップでシャルル・ルクレール(フェラーリ)にタイヤを刻まれてリタイアに終わったが、3グリッド降格で11番手からスターチした角田裕毅は10位でフィニッシュしポイントを獲得している。

ジョディ・エジントンは、アルファタウリがレッドブル・リンクで「いくつかの問題に答えを出す」ことができ、そして、マシンの主要な弱点を治すことができたと語った。

「我々はそれらすべてをまとめた。この場所の性質を分かっており、低速のコンテンツはそれほど多くなく、中速のコンテンツがたくさんある。優れた安定性と回頭性が必要だが、すべてがまとまっている」とジョディ・エジントンは付け加えた。

「それこには完全なストーリーがある。エンジニアは、最近のイベントで学んだ教訓をすべてまとめたと思う。それは非常にうまくいった。我々はよりよく理解できていると感じている」

「我々はいくつかの問題の答えを出した。そして、その結果としてマシンはより速くなっている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ホンダF1