レッドブルF1首脳 「フェルスタッペンは今週末さらに圧勝する可能性がある」
レッドブルF1上層部は、今週末再びレッドブル・リンクで開催されるF1オーストリアGPでは、マックス・フェルスタッペンがさらに支配的な強さを見せる可能性があると語る。

先週末のF1シュタイアーマルクGPでは、マックス・フェルスタッペンがポール・トゥ・ウインで圧勝し、ルイス・ハミルトンに対するチャンピオンシップのリードを18ポイントに広げた。メルセデスF1は、レッドブル・ホンダが開発レースで先に進んだことを認めている。

「メルセデスの言っているすべてについて心配する必要はない」とマックス・フェルスタッペンは De Telegraaf に語った。

「たぶん、彼らの方が冬に多くのことをした。そして、僕たちちはシーズン中により多くのことをしている。でも、焦点は今年にあり、僕たちに良いチャンスがあることは分かっている」

「僕たちのアプローチを100パーセント支持している」

実際、トト・ヴォルフは、新しい2022年のルールに焦点を合わせるために2021年のF1マシンの開発を完全に中止するというメルセデスの決定が、現在コース上で影響を及ぼしていることを認めている。

「我々はこのような日が来ることを知っていた。そして、今それはここだ」とトト・ヴォルフは語った。

「しかし、我々は無意味なことはしていない。我々は両方のチャンピオンシップのために戦っている。それでも、我々が日没に向かって走っていないことに誰もが驚いている」

「我々は2022年に100%集中している。レッドブルがこれから開発すればするほど、ギャップは大きくなる。我々はこのような不足があることを知って戦っている」

「しかし、レッドブルは9月まで新しいパーツを投入し続けることはできない。そんなことをすれば、来年彼らは2秒遅れるだろう」

しかし、レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、メルセデスが2021年マシンの開発を完全に停止したことを「まったく信じられない」と述べている。

「彼らがしていることは彼らのビジネスだ」とクリスチャン・ホーナーは語る。

「しかし、それは明らかにバランスを取ることが重要だ。我々全員がここでもう少し努力しなければならないことを意味するなら、我々はそうする準備ができている」

トト・ヴォルフは、メルセデスとレッドブルのどちらのアプローチが最善かは“数年以内”に明らかになるだろうと述べている。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムートマルコは「我々2008年のBMWと同じ過ちを犯したくない」と語る。

「クビサはチャンピオンシップを獲得する現実的なチャンスがあったが、ビジネスプランでは早い段階で次のシーズンに切り替えるとされていた。」

2021年にプッシュし続けるレッドブルの戦略はリスクとの意見についてヘルムート・マルコは「リスクがなければ、楽しみもない」と微笑んだ。

したがって、今のところ、レッドブル・ホンダはメルセデスを明確に出し抜いているようだ。

「トラックとクルマは同じだが、タイヤはより柔らかいコンパウンドに変わっている」とヘルムート・マルコは今週末のオーストリアでの2連戦について ServusTV に語った。

「これは我々にさらに適していると思う。より柔らかいタイヤでも、少なくとも同じくらい支配的になることができると思う」

「ハミルトンがピットインしたとき、同じタイヤでさらに10周することができるとの計算が出ていた。だから、我々はもっと良くなるかもしれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1オーストリアGP / マックス・フェルスタッペン