レッドブルF1首脳 「メルセデスは敗北感に対処できていない」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、メルセデスはもはやF1を完全に支配できていないという状況に対処できてないと語る。

ヘルムート・マルコは、メルセデスF1のチーム代表と同じオーストリア出身だが、パドックでは二人は不仲であることは明確だ。

トト・ヴォルフも「その関係性はかなり正しい」と Osterreich にコメント。「我々がお互いに話をすることはない」

2021年のF1世界選手権では、チャンピオンシップリーダーのマックス・フェルスタッペンがF1支配の新しいポジションに躍り出ており、国際メディアもその感覚に完全に同意している。

「新しい時代がF1で始まった」と La Gazzetta dello Sport は伝え、Corrieredello Sport は「4週間で風向きは完全に変わった」と同意している。

レッドブルのチームオーナーのディートリッヒ・マテシッツの右腕としてF1チームを統括するヘルムート・マルコは「彼らにとっては異常な状況だ」とメルセデスF1について語る。

「だからこそ、リアウィング、ピットストップなどいろいろと不満を言っている」

「我々がレースに集中し、ルールを守っていれば、我々を止めることはできない」

メルセデスF1は何がうまくいっていないかと質問されたヘルムート・マルコは「彼らは7年間享受してきた50馬力のアドバンテージを失った。現在、我々には彼らと同じパワーがある」とコメント。

「ストレートで最速のマシンは、実際にはメルセデスエンジンを搭載したマクラーレンだ。我々は単に同じくらい良いエンジンを持っているだけだ」

「それがメルセデスの新しい状況だ」

また、ヘルムート・マルコは「我々は過去のミスから学んだ」と De Telegraaf に語った。

「メルセデスは昨年エンジンであのような一歩を踏み出したが、ホンダは今年それに応えた」

ヘルムート・マルコによると、そのような状況についてのメルセデスの対抗手段は、レッドブルのリアウイングの合法性、ピレリタイヤの使用方法、そして、超高速ピットストップを公然と非難することだけだと語る。

「そして、メルセデスが不平を言わないとき、彼らはそれをするためにアストンマーティンを使う」とヘルムート・マルコは言った。

F1オランダGPのボスで元F1ドライバーのヤン・ラマースによると、メルセデスF1の発言は負け惜しみとも受け取れると語る。

「メルセデスが支配的だったとき、今の反対でレッドブルからの不満をはるかに少なかった」とヤン・ラマースは NOS に語った。

「彼らは自分たちの信用を傷つけようとするためにこのような些細なことをいろいろと考え出している」

「メルセデスは自分たちの問題が構造的なものであり、8回目のワールドタイトルを達成するのが非常に難しいことを認識し始めているようだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / メルセデス