ルイス・ハミルトン、F1引退後は俳優の道へ?
7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、F1引退後は俳優のキャリアにむけてトレーニングをしたいと語る。

ルイス・ハミルトンは、ミハエル・シューマッハと並んでF1史上最多の7回のF1ワールドチャンピオンを獲得したドライバーとしてF1の歴史にしっかりと名を残している。

すでにルイス・ハミルトンは、エクストリームEのチームオーナー、音楽、音楽、ファッション、アート、そして、ビーガンレストランチェーンの『 Neat Burger』の共同オーナーなど、F1以外にも非常に活発に活動している。

ルイス・ハミルトンは、記録更新となる8回目のF1ワールドチャンピオンを目指しているため、F1はしばらくメインの取り組みになるだろうが、36歳のルイス・ハミルトンは自分がキャリアの後半にいることを認識している。

そして、F1を引退したときには、俳優になるためのトレーニングを受けるという野心を持っている。そして、演技をやると決めた場合には、F1を含めた他のすべての関心事と同じように1番を目指すとルイス・ハミルトンは語る。

「いつか演技していみたい。僕は1番になりたい。自分がやっているすべてのことにおいて1番になりたいと思っているし、自分ができる最善を尽くしたいと思っている」とルイス・ハミルトンは DAZN F1 に語った。

「だから、もし映画をやるなら、そのクラスに行って、勉強して、感情を表現できるようにしたいと思っている」

「今は時間がないので、引退したらやろうと思っている」

ルイス・ハミルトンは、2021年シーズン以降のメルセデスとの契約をまだ延長していないが、最近、2022年もF1グリッドに立つつもりだと述べており、4月にピレリの2022年の18インチタイヤテストに参加することでそれを証明している.

「来年ここにいるつもりだし、その一員になりたいと思っている。ピレリを手伝いたいと思っている」とルイス・ハミルトンは語った。

「よりハイパフォーマンスなタイヤを前進させることは僕たちドライバー全員が望んでいたことだ。そのため、出発点がどこにあり、どのような違いがあるのかを見極めることが重要だった」

「まず第一に、ドライバーの観点から、タイヤのグリップが向上し、メカニカルなグリップが向上し、劣化が少なくなった。いいテストだったし、明らかにタイヤの最初のステップだった。スタートとして悪い位置ではないことは間違いない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス