メルセデスF1 「ハミルトンはペレスのタイヤ保護に匹敵できなかった」
メルセデスF1のチーフストラテジストを務めるジェームス・ボウルズは、F1モナコGPでルイス・ハミルトンは、セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)の戦略を真似ることはできなかったと語る。

8番手からレースをスタートしたセルジオ・ペレスは、誰よりも順位を上げて4位でレースをフィニッシュ。それは第1スティントの終わりにソフトタイヤで優れたペースを発揮できたおかげでもあった。

前のドライバーがピットインして、一時的にトップとなったセルジオ・ペレスは、古いソフトタイヤにも関わらず、コース上で最速のドライバーのひとりろなり、オーバーカットを成功させた。

ルイス・ハミルトンは、セルジオ・ペレスのオーバーカットの餌食になったドライバーの一人であり、チームが自分をもっと長くステイアウトさせなかったことに不満を述べている。

メルセデスF1のチーフストラテジストを務めるジェームス・ボウルズは、タイヤの能力で有名なセルジオ・ペレスほど、ルイス・ハミルトンがタイヤを保護できなかったため、それはうまくいかなかっただろうと語る。

「もちろん、タイヤが入ってきたら、摩耗をチェックすることができる」とジェームス・ボウルズはメルセデスF1のYouTubeでの報告で語った .

「表面のタイヤの汚れやピックアップをこすり落とし、特定の穴を測定して、残っているゴムの量を判断することができる」

「彼はフロントタイヤを非常に良い状態でセーブするという非常に良い仕事をしたが、リアはそうではなかった。リアはバルテリのものと似ていたし、問題になっていただろう」

「ちょっとした推定にすぎず、もちろん、誰にも分からないが、あと数周はできたかもしれない。だが、10周することはできなかったのは確かだ。その数値の間のどこかであり、どれくらい速く走れたかを判断するのは困難だ」

「確かに言えることは、レッドブルのスティント終了時のペースは、特にペレスに関しては、フィールドや我々と比較して傑出したものであり、我々の摩耗を考えれば達成できなかったであろうということだ」

ルイス・ハミルトンのチームメイトであるバルテリ・ボッタスにとっては、事態はさらに悪化し、快適に2位を獲得できそうなレースを、ピットストップの問題によりリタイアを余儀なくされた。チームはタイヤ交換時に右フロントタイヤを取り外すことができなかった。

バルテリ・ボッタスをそのままでタイヤで再び送り出し、2つのコンパウンドを走らせなかったことでペナルティを受け入れることをメルセデスF1は検討したかどうかを尋ねられたジェームス・ボウルズは「そうすれば即座に失格になる」と語った。

「残念ながら、我々はそれを行うことができなかった。バルテリをコースに戻すこともできたかもしれないが、失格になっていただろう」とジェームス・ボウルズは付け加えた。

「レギュレーションの下では、レースでは2セットのドライ仕様のタイヤを使用する必要があり、4つのコーナーすべてのコンパウンドが一致している必要があり、そのようなやり方を実施すれば、結果として失格となる可能性がある」

「よく考えれば、当たり前のルールだ。たとえばモナコでは、追加のピットストップや 30 秒のペナルティだった場合、入らないことを選択できるが、その状況が明確にカバーされている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ルイス・ハミルトン / F1モナコGP