2019年12月のF1情報を一覧表示します。

ホンダF1、2020年は“信頼性”を礎にさらなる発展へ

2019年12月31日
ホンダF1、2020年は“信頼性”を礎にさらなる発展へ
ホンダF1は、2019年に築き上げた“信頼性”をベースにF1エンジン、そして、レッドブルとの関係のさらなる発展を目指す。

ホンダF1は、レッドブルとパートナーシップ初年度となった2019年シーズンに3勝、2回のポールポジションを獲得。エンジンの問題によってリタイアすることなくシーズンを終えた。

ニック・デ・ブリース 「F1シートを獲得できなかったことに悔いはない」

2019年12月31日
ニック・デ・ブリース 「F1シートを獲得できなかったことに悔いはない」
2019年にF2でチャンピオンを獲得したニック・デ・ブリースは、2018年のライバルたちがF1で活躍しているのを見るのは“辛い”と認めるも、F1シートを獲得できなかったことに後悔はないと語る。

2017年にF2への参戦を開始したニック・デ・ブリースは、ラペックス、レーシング・エンジニアリング、プレマを経て、2019年にGP3時代に所属していたARTグランプリに加入。

2019年のF1世界選手権 | 合計639回のピットストップは1ストップが増加

2019年12月31日
2019年のF1世界選手権
2019年のF1世界選手権は、合計639回のピットストップが行われた。ピレリが導入した硬く、トレッドが薄く、空気圧の高い2019年型F1タイヤにより1ストップが増加した。

昨年よりもピットストップの回数は増えたが、それはドイツGP(78回)やブラジルGP(44回)など波乱となったレースで上方修正された。

ホンダF1 特集 | アイルトン・セナが残したもの

2019年12月31日
ホンダF1 特集
ホンダF1とアイルトン・セナの密接なパートナーシップは、F1の歴史上でも、もっとも輝かしい成功の一つと言えるだろう。

最多チャンピオン獲得回数、そして最多優勝記録を保持しているのはミハエル・シューマッハだが、最も偉大なドライバーについてはファンの意見が分かれている。それは、偉大さの基準が数字以外にも数多く存在しているからだ。

ルイス・ハミルトン、2019年のF1世界選手権の浮き沈みを振り返る

2019年12月31日
ルイス・ハミルトン、2019年のF1世界選手権の浮き沈みを振り返る
F1ワールドチャンピオンを獲得したルイス・ハミルトンが、2019年のF1世界選手権の浮き沈みについて振り返った。

今年、ルイス・ハミルトンは11勝目を挙げて自身6度目のF1ワールドチャンピオンを獲得。1回もリタイアすることなく、すべてのレースを走り切ったが、決してパーフェクトなシーズンだったわけではなく、ドイツやブラジルではミスを犯している。

ホンダF1 特集 | ターニングポイントとなったフランスGP

2019年12月31日
ホンダF1 特集
ホンダF1にとってスペック3を投入した2019年のF1フランスGPはターニングポイントとなった。

今年からトロロッソに加えて、レッドブルにもパワーユニット供給を拡大したホンダF1は、マックス・フェルスタッペンが3勝、9回の表彰台、2回のポールポジションを獲得。トロロッソも2回のポールポジションを獲得する成功したシーズンとなった。

2019年のF1世界選手権 | 罰金の総額は1500万円

2019年12月31日
2019年のF1世界選手権
2019年のF1世界選手権で、FIA(国際自動車)は総額12万4400ユーロ(約1500万円)の罰金を徴収した。

2019年のF1世界選手権では罰金、グリッド降格、タイムペナルティ、警告を含めて83回のペナルティが出された。また、トラックリミットも強化され60回タイムが抹消された。

マックス・フェルスタッペン 「ヘルムート・マルコとの絆は強まった」

2019年12月31日
マックス・フェルスタッペン 「ヘルムート・マルコとの絆は強まった」 / レッドブル・ホンダF1
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、モータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコとの“個人的な絆”が今まで以上に強くなっていると語る。

2015年にトロロッソでF1史上最年少デビューを果たし、1年後にレッドブルに昇格したマックス・フェルスタッペンは、レッドブルのドライバー育成プログラムの責任者であるヘルムート・マルコに感謝していると語る。

マクラーレン 「F1チームで多くのお金を失っている」

2019年12月31日
マクラーレン 「F1チームで多くのお金を失っている」
マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、FIA 世界耐久選手権(WEC)への参戦を評価するなかで、F1チームが“多くのお金を失っている”と明かした。

マクラーレンは、2020年にF1チームと並行してインディカーにフル参戦。シュミット・ミーターソンと提携して、アロー・マクラーレンSPとして参戦する。さらにマクラーレンは、WECのトップカテゴリーへの復帰を考えているが、それはIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権のDPi 2.0コンセプトの互換性に依存している。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 51 | 52 | 53 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム