2019年のF1世界選手権
2019年のF1世界選手権は、合計639回のピットストップが行われた。ピレリが導入した硬く、トレッドが薄く、空気圧の高い2019年型F1タイヤにより1ストップが増加した。

昨年よりもピットストップの回数は増えたが、それはドイツGP(78回)やブラジルGP(44回)など波乱となったレースで上方修正された。

F1ドイツGPのウィナーであるマックス・フェルスタッペンは5回のピットストップを実施。ブラジルGPでは3回のピットストップを行った。

F1チームは、ピレリが開発していた2020年の新しい構造のタイヤの導入を拒否しし、来年も2019年のF1タイヤを使用することが決定。この傾向は続くものと考えられる。

また、2019年のF1世界選手権では9つのレースで合計16回のセーフティカーが出動。ベルント・マイランダーは、F1ドイツGPで4回出動し、17周にわたってレースを先導した。マイランダーはシーズン合計で68周を戦争している。

過去にはより多くのセーフティカーが導入されたが、マシン故障の数は減少している。技術は向上し、アルファロメオ・レーシングはマシン故障によるリタイアはなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA