2019年02月のF1情報を一覧表示します。

レッドブル 「ホンダのF1エンジンはライバルとの差を大幅に縮めた」

2019年2月27日
F1 レッドブル・レーシング ホンダF1
レッドブル・レーシングは、ホンダの2019年F1エンジンはライバルとのギャップを大幅に縮めており、2019年シーズン中にホンダのF1エンジン開発をさらに強化できるのであれば、エンジンペナルティを受けることは厭わないと語る。

レッドブル・レーシングは、ライバルであるメルセデスとフェラーリとのギャップを縮めるためにルノーとの長期的なパートナーシップを解消し、姉妹チームのトロロッソに続いて2019年からホンダのワークスエンジンを搭載することを決断した。

フェルナンド・アロンソ、マクラーレンのテストドライバーに就任

2019年2月27日
F1 フェルナンド・アロンソ マクラーレン
フェルナンド・アロンソが、マクラーレン・レーシングのアンバサダーに就任し、チームの開発プログラムを支援するために2019年マシンと2020年マシンをテストで走らせることが発表された。

2度のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、昨シーズン限りで一旦F1キャリアに終止符を打ったものの、将来的なF1復帰の可能性は除外していない。

フェルナンド・アロンソ、ヘルメット持参でF1テストを訪問

2019年2月27日
F1 フェルナンド・アロンソ マクラーレン
フェルナンド・アロンソは、2月26日(火)のF1バルセロナテスト初日にカタロニア・サーキットに登場。マクラーレンのテストを見守った。

元マクラーレンのF1ドライバーの到着にフェルナンド・アロンソが2019年F1マシン『MCL34』をドライブするとの憶測が再熱。アロンソはマクラーレンのチームウエアを着用しており、La Gazzetta dello Sport は荷物にはヘルメットさえ持参してきたいると報道。

F1バルセロナテスト2 1日目 | ドライバーコメント

2019年2月27日
F1
2019年のF1バルセロナテスト2回目が2月26日(火)に初日を迎え、マクラーレンのランド・ノリスがトップタイムを記録した。

ホンダ勢はピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)が2番手タイム、アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)は6番手タイムで初日のセッションを終了。ホンダのF1エンジンは2台合せて239周を走り込んで高い信頼性を発揮した。

ホンダ F1バルセロナテスト2 - 1日目レポート

2019年2月27日
F1 ホンダ
ホンダは、2019年のF1世界選手権に向けた最後の公式テストとなる4日間にわたるプレシーズンテストをスタートさせた。

2月26日(火)、第2回バルセロナテストが、カタルニア・サーキットで始まった。本日から4日間のテストが、オーストラリア・メルボルンでの開幕戦に向けた最終調整の場となる。

ピエール・ガスリー 「エイドリアン・ニューウェイを質問攻めにしている」

2019年2月27日
F1 ピエール・ガスリー
ピエール・ガスリーは、レッドブル・レーシングに所属したことはドライバーとして成長するチャンスだと考えており、チーフテクニカルオフィサーであるエイドリアン・ニューウェイに会うたびに質問攻めにしていると語る。

昨年、トロロッソ・ホンダでフルシーズンを戦ったピエール・ガスリーは、ダニエル・リカルドのルノー移籍によってレッドブル・レーシングのドライバーに抜擢された。

【動画】 F1バルセロナテスト2回目 初日ダイジェスト

2019年2月27日
F1 バルセロナテスト 1日目 動画
2019年のF1バルセロナテスト2回目が2月26日(火)に初日を迎え、マクラーレンのランド・ノリスがトップタイムを記録した。

2019年シーズン開幕前の最後の公式テストが2月26日(火)からカタロニア・サーキットでスタート。システムチェックが主だった1回目とは異なり、今回のテストでは、各チームが開幕戦に向けてパフォーマンスを重視したセッティング作業により焦点が当てられることになる。

セルゲイ・シロトキン、ルノーF1チームのリザーブドライバーに就任

2019年2月27日
F1 セルゲイ・シロトキン ルノーF1チーム
セルゲイ・シロトキンが、2019年のF1チームのリザーブドライバーに就任したことが発表された。

セルゲイ・シロトキンは、2016年にルノーのテストドライバー、2017年にはリザーブドライバーに就任。2018年にウィリアムズでF1デビューを果たすも1シーズンでシートを喪失していた。

フェルナンド・アロンソ、“66”番のマクラーレンでインディ500に参戦

2019年2月27日
F1 フェルナンド・アロンソ インディ500 マクラーレン
フェルナンド・アロンソは、マクラーレンにとって歴史的なカーナンバーである“66”番でインディ500に参戦する。

2017年の5月にフェルナンド・アロンソがマクラーレン・アンドデッティ・ホンダでインディ500に初挑戦した際には“29”番をつけていいたが、2度目の挑戦となる今年5月の第103回インディ500ではマクラーレンにとって歴史的な意味のある“66”番で参戦する。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 51 | 52 | 53 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム