F1 レッドブル・レーシング ホンダF1
レッドブル・レーシングは、ホンダの2019年F1エンジンはライバルとのギャップを大幅に縮めており、2019年シーズン中にホンダのF1エンジン開発をさらに強化できるのであれば、エンジンペナルティを受けることは厭わないと語る。

レッドブル・レーシングは、ライバルであるメルセデスとフェラーリとのギャップを縮めるためにルノーとの長期的なパートナーシップを解消し、姉妹チームのトロロッソに続いて2019年からホンダのワークスエンジンを搭載することを決断した。

レッドブル・レーシングのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ホンダがこれまででベストなF1エンジンの統合を実現していると語り、ホンダの新型F1パワーユニットのパッケージングはスイス製の時計のように“美しい”と称賛している。

ホンダのF1エンジン開発を強化するために2019年シーズン中にグリッドペナティを受ける意思はあるかと質問されたクリスチャン・ホーナーは「そうだね。それが理にかなっているのであればそうするつもりだ」とコメント。

「過去数年で我々が適切な会場でペナルティを選んできたのを見てきたと思う。去年のロシアではマックスはすでに6周目までにトップ5まで挽回していたし、適切な会場を選んでパワーユニットの開発を支援することができるのであれば、戦略的に痛みを軽減されるだろう」

ホンダは先週のF1バルセロナテストで、メルセデスやルノーよりも多くの走行距離を走破して、信頼性面で力強いスタートを切った。

レッドブルは、ホンダの進歩に励まされているとクリスチャン・ホーナーは語る。

「ホンダは良い冬を過ごしてきたと思うし、彼らはギャップを大幅に縮めているのは確かだ。だが、もちろん、他が何をやっているかはわからない」とクリスチャン・ホーナーは説明する。

「彼らがあと50キロワットを見つけているとすれば、我々にとって大きな問題だ。我々はホンダのアプローチ、彼らが果たした進歩に非常に感銘を受けている」

「我々にとってホンダのF1エンジンは競争力のあるポジションにたどり着くためのジグソーパズルの重要なピースだ。今年だけでなく、来年、可能性的にはそれ以降のためにもね」

クリスチャン・ホーナーは、レッドブル・レーシングとしてピエール・ガスリーがトロロッソで積んだホンダの経験を生かせることを期待していると語る。

「それは知識の良い組み合わせを彼に与えると思うし、彼は長所と短所をわかっているので、エンジニアリングチームは集中することができていると思う。彼が経験や知識をもたらしてくれることはポジティブなことでしかない」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「我々にとって、新しい一年、新しいレギュレーション、新しいエンジンパートナー、新しいドライバーへの期待は大幅な進歩を果たすことだ。我々の目標はメルセデスとフェラーリとのギャップを縮めて、様々なパフォーマンスでより一貫性のあるパフォーマンスを発揮することだ」

「以前、我々が強かったサーキットでは非常にシャシーに焦点を置いていたが、それが変化し、様々なサーキットでより一貫性のあるシーズンを過ごせることを期待している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | ホンダF1