2015年10月のF1情報を一覧表示します。

マクラーレン・ホンダ:F1メキシコGP 初日のコメント

2015年10月31日
マクラーレン・ホンダ F1メキシコGP
マクラーレン・ホンダは、F1メキシコGP初日のフリー走行で、フェルナンド・アロンソが8番手タイム、ジェンソン・バトンが9番手タイムだった。

フェルナンド・アロンソ (8番手)
「FP1では、コース上に残された破片によって、マシン左側のリアタイヤに亀裂が入ったため、インターミディエイトタイヤでの走行を余儀なくされた。それでも、新しい部品を搭載したことによって、マシンは引き続き改善している。進化していることは確かだけど、我々はペナルティーを受けるため、決勝は後方からのスタートとなる」

ホンダ F1 「データ設定の方向性は見えた」 / F1メキシコGP

2015年10月31日
ホンダ F1
ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める新井康久が、F1メキシコGP初日のフリー走行を振り返った。

新井康久 (ホンダ F1プロジェクト総責任者)
「ホンダのF1にとって特別な場所である、メキシコでの初日が終わりました。天気は雨の予報でしたが、幸いFP2終了までドライコンディションで走行することができ、シャシー、パワーユニットともにセットアップが進みました」

ハース、エステバン・グティエレスの起用を正式発表

2015年10月31日
エステバン・グティエレス
ハースは、2016年のレースドライバーにエステバン・グティエレスを起用することを発表した。

メキシコ出身のエステバン・グティエレスは2013年と2014年にザウバーからF1に参戦。現在はフェラーリのリザーブ兼開発ドライバーを務めている。ハースの技術パートナーがフェラーリであるため、エステバン・グティエレスは以前からハースへの移籍が噂されていた。

フェラーリ:F1メキシコGP 初日のコメント

2015年10月31日
フェラーリ F1メキシコGP
フェラーリは、F1メキシコGP 初日のフリー走行で、セバスチャン・ベッテルが5番手タイム、キミ・ライコネンが6番手タイムだった。

セバスチャン・ベッテル (5番手)
「興味深い一日だった。サーキットはとても滑りやすかった。グリップがとても低く、みんながクルマをコースアウトさせないように苦労していたと思う。意外なことに、スピードは全体的に遅かった。高速コーナーがもっと速いことを期待していた。トラックにもっとラバーが乗れば、かなりよくなるだろう」

メルセデス:F1メキシコGP 初日のコメント

2015年10月31日
メルセデス F1メキシコGP
メルセデスは、F1メキシコGP 初日のフリー走行で、ニコ・ロズベルグがトップタイム、ルイス・ハミルトンが4番手タイムだった。

ニコ・ロズベルグ (1番手)
「初めてメキシコでレースをするのはとてもエキサイティングだ。このトラックは、若い頃を思い出させる。タイトなコーナーがたくさんあるので、カートサーキットみたいだし、2つのスタジアムがファンでいっぱいになると本当に壮観だ」

レッドブル:F1メキシコGP 初日のコメント

2015年10月31日
レッドブル F1メキシコGP
レッドブルは、F1メキシコGP 初日のフリー走行で、ダニール・クビアトが2番手タイム、ダニエル・リカルドが3番手タイムだった。

ダニール・クビアト (2番手)
「とてもクールなコースだ。楽しいし、コーナーに入る前に十分に準備して、よく考える必要のあるテクニカルなセクションがたくさんある。すごい観衆だった。今日はたくさんのファンとその熱狂ぶりを見ることができた」

トロ・ロッソ:F1メキシコGP 初日のコメント

2015年10月31日
トロ・ロッソ F1メキシコGP
トロ・ロッソは、F1メキシコGP 初日のフリー走行で、カルロス・サインツが13番手タイム、マックス・フェルスタッペンはFP2でクラッシュしてタイムを記録できなかった。

カルロス・サインツ (13番手)
「ここでのメキシコの初日はちょっとトリッキーだった。路面はかなりスリッピーだった。午前中はブレーキ温度に少し苦戦したし、FP1では思った通りにプッシュできなかった。午後のFP2ではそれが良くなったのは良いニュースだし、そこから一歩ずつトラックを学んでいった」

フォース・インディア:F1メキシコGP 初日のコメント

2015年10月31日
フォース・インディア F1メキシコGP
フォース・インディアは、F1メキシコGP 初日のフリー走行で、ニコ・ヒュルケンベルグが11番手タイム、セルジオ・ペレスが15番手タイムだった。

ニコ・ヒュルケンベルグ (11番手)
「サーキットは確かに大きなチャレンジだけど、走っていて楽しい。とてもテクニカルで、正確な走りをするのが難しい。ストレート後のセクター1と2はかなりツイスティで低速だ。新しいターマックなんで、グリップレベルがとても低く、簡単にミスをしてしまう」

ロータス:F1メキシコGP 初日のコメント

2015年10月31日
ロータス F1メキシコGP
ロータスは、F1メキシコGP 初日のフリー走行で、パストール・マルドナドが12番手タイム、ロマン・グロージャンが16番手タイムだった。午前中にはジョリオン・パーマーが走行を行った。

パストール・マルドナド (12番手)
「僕たちにとって悪い日ではなかったし、好きなコースだ。ウェットの時は路面がかなりスリッピーだったけど、ドライで走れるようになってからは急速に改善していた」
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 37 | 38 | 39 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム