マーク・ウェバー、ル・マン24時間レースのグランドマーシャルに就任

2017年2月3日
マーク・ウェバー
マーク・ウェバーが、2017年のル・マン24時間レースのグランドマーシャルに就任することになった。

9度のF1グランプリウィナーであるマーク・ウェバーは、2014年からポルシェでWECに参戦。2015年にはタイトルを獲得し、昨年限りで現役を引退した。

マーク・ウェバーは、主催者からの要望により、第85回ル・マン24時間レースのグランドマーシャルに就任。決勝前のウォームアップラップを先導する。

マーク・ウェバー 「ロズベルグの引退はリカルドにとってチャンス」

2016年12月31日
ダニエル・リカルド
F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグの電撃引退は、ダニエル・リカルドのタイトル獲得のチャンスの後押しになると同じオーストラリア出身のマーク・ウェバーは考えている。

マーク・ウェバーは、レッドブルで自分の後継者を務めるマーク・ウェバーが、現在のF1で最高のドライバーのひとりだと考えている。

マーク・ウェバー、キャリア最後のレースを表彰台で飾る

2016年11月21日
マーク・ウェバー
マーク・ウェバーは、キャリア最後のレースとなるWECバーレーン6時間レースを表彰台で終えた。

9度のF1グランプリウィナーであるマーク・ウェバーは、最後の25分間のスティントを任され、昨年はWECのタイトルを含む、3年間のポルシェで成功に満ちた戦いに終止符を打った。

「今日は2番目と最後のスティントを担当し、どちらにも満足している」とマーク・ウェバーはコメント。

マーク・ウェバー 「ヘルメットを置くというのは非常に大きな決断」

2016年10月16日
マーク・ウェバー 現役引退
マーク・ウェバーが、今シーズン限りでの現役引退について語った。

今年参戦するWECの最終戦を最後にレースから引退することを発表したマーク・ウェバー。26年のキャリアのなかで、マーク・ウェバーは、F1で9勝、そして、2015年にはWECのドライバーズタイトルを獲得している。

マーク・ウェバー、2016年末でレースを引退

2016年10月13日
マーク・ウェバー
元F1ドライバーで、現在ポルシェからWECに参戦するマーク・ウェバーが、今シーズン末でモータースポーツから引退することを発表した。

マーク・ウェバーのラストレースは、11月19日のWEC最終戦バーレーン6時間レースとなる。

マーク・ウェバーは、その後も“特別アドバイザー”としてポルシェに留まる。

マーク・ウェバー 「F1のベストドライバーはベッテル、ワーストは・・・」

2016年1月27日
マーク・ウェバー
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、F1のベストドライバー、そして、ワーストドライバーについて話した。

マーク・ウェバーがF1ベストドライバーに挙げたのは、レッドブル時代のチームメイトであるセバスチャン・ベッテル。レッドブルで5年間ベッテルと組んでいたマーク・ウェバーは、後に4度のワールドチャンピオンとなったベッテルに毎シーズン敗れていた。

マーク・ウェバー 「ポルシェとチャンピオンになれたことを誇りに思う」

2015年11月25日
マーク・ウェバー
マーク・ウェバーは、2015年 FIA世界耐久選手権(WEC)のLMP1クラスのドライバー世界チャンピオンを獲得した。

F1を引退し、2014年にポルシェに加入したマーク・ウェバー。2年目となる今年、ティモ・ベルンハルト、ブレンドン・ハートレーとともにポルシェ919ハイブリッド No. 17を走らせて念願のドライバー世界チャンピオンを獲得した。

セバスチャン・ベッテル、マルチ21事件の処理を弁護士に依頼

2015年7月3日
マルチ21
マーク・ウェバーは、2013年のF1マレーシアGPで起きた“マルチ21”事件の際にセバスチャン・ベッテルは弁護団を呼んでいたことを明かした。

2013年のF1マレーシアGPの決勝レースででセバスチャン・ベッテルは、マーク・ウェバーを抜くなというチームオーダーを無視。マーク・ウェバーはこの時、それを信じてすでにエンジンの出力を落としていたという。

マーク・ウェバー、ベッテルとの確執やマルチ21騒動について語る

2015年7月2日
マーク・ウェバー
マーク・ウェバーは、レッドブル時代のチームメイトであるセバスチャン・ベッテルとのライバル関係について明かし、マルチ21騒動後にレッドブルがドライバーの扱いについて“いかに権限を持たないか”を知らされたと語った。

6月初め、4度のチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルはかつてのライバルが自叙伝で“すべてを語る”つもりであることは気にしていないと話していた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム