エイドリアン・ニューウェイ 「ルノーの2017年F1エンジンの数値は良好」

2017年1月18日
レッドブル
レッドブルのエイドリアン・ニューウェイは、ルノーの2017年型F1パワーユニットの予測数値を確認し、パフォーマンスに励まされていると語る。

新しいパワーユニットに苦戦を強いられたルノーだが、2016年には進歩を果たしており、レッドブルのオーナーであるディートリッヒ・マテシッツもそのステップを称賛し、今シーズンにメルセデスの脅威になれることを期待している。

ルノー、2017年シーズンにむけて新型ERSを導入

2017年1月15日
ルノー 2017 F1
ルノーは、2017年にむけてF1パワーユニットを一新。その一部として、第2世代のエネルギー回生システムを導入する。

2014年にF1に導入された1.6リッター V6ターボ“パワーユニット”で躓いたルノーは、過去3年間で使用したエンジンが開発ポテンシャルの終わりに達したと考えており、2017年にむけてエンジンを完全に再設計した。

ルノー 「ケビン・マグヌッセンには失望した」

2017年1月13日
ケビン・マグヌッセン
ルノーF1チームのマネジングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、昨年までルノーに在籍していたケビン・マグヌッセンを批判した。

ルノーは、チームプリンシパルを務めていたフレデリック・ヴァスールがチームを離脱したことを発表。声明では離脱理由は記されていなかったが、ルノー首脳陣には意見の相違があったと考えられている。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「ルノーは“新しいガールフレンド”」

2017年1月12日
ニコ・ヒュルケンベルグ
ニコ・ヒュルケンベルグは、ルノーへの移籍を、フォース・インディアとの長い結婚生活の後に新しい恋人ができたようだと例えた。

ニコ・ヒュルケンベルグは、フォース・インディアに5年間在籍、そのうち1年はテストドライバーを務めた。

ルノーのトップ返り咲くという目標に一役買いたいと考えているニコ・ヒュルケンベルグは、特に昨シーズンのコンストラクターズ選手権でフォース・インディアが4位につけた今、古巣でできることは全て達成したと感じている。

フレデリック・ヴァスール、ルノーF1チームを離脱

2017年1月11日
フレデリック・ヴァスール ルノー F1
ルノーのチームプリンシパルを務めてきたフレデリック・ヴァスールが、2017年シーズンを前にエンストンを離れた。

ARTのチーム代表としてジュニアカテゴリーで成功を収めたフレデリック・ヴァスールは、昨年、ワークスチームとしてF1に復帰したルノーに加わった。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「メルセデスじゃなくても満足」

2017年1月9日
ニコ・ヒュルケンベルグ
ニコ・ヒュルケンベルグは、メルセデスでF1を走っていなくても満足だと語る。

ニコ・ロズベルグが引退したことで、ドイツ人で評価も高いニコ・ヒュルケンベルグは、メルセデスのシート候補であってもおかしくはない。

だが、ニコ・ヒュルケンベルグは、2017年にフォース・インディアからワークスチームのルノーへ移籍することに満足していると語る。

ルノー、2017年F1マシン『RS17』を2月21日に発表

2017年1月7日
ルノー RS17
ルノーは、2017年F1マシン『RS17』を2月21日(火)に発表することを明らかにした。

昨年、ワークスチームとして復活を遂げたが、わずか8ポイントの獲得でコンストラクターズ選手権9位という期待外れのシーズンを過ごしたルノー。だが、トップに返り咲くために施設や人員の整備を進めている。

ジョリオン・パーマー 「ルノーは2017年に表彰台を狙える」

2017年1月5日
ジョリオン・パーマー
ジョリオン・パーマーは、2017年にルノーが表彰台を狙えると信じている。

今年からルノーに加入するニコ・ヒュルケンベルグは、ポイントを獲得できれば、すでに偉業であると認めており、昨シーズンのリザルトを考えれば、パーマーが予言を達成することができれば、注目に値するだろう。

ニコ・ヒュルケンベルグ、ルノーで初仕事

2017年1月5日
ニコ・ヒュルケンベルグ
ニコ・ヒュルケンベルグが、ルノーのドライバーとして初めてチームの公式アカウントに登場した。

今年、ニコ・ヒュルケンベルグは、フォース・インディアからルノーに移籍。ケビン・マグヌッセンに代わって、ジョリオン・パーマーとチームを組む。

契約は複数年。ルノーのワークスチームで初表彰台、そして初優勝を目指す。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム