ウィリアムズの2018年07月のF1情報を一覧表示します。

ウィリアムズ:最下位ながらもダブル完走 / F1ハンガリーGP

2018年7月30日
F1 ウィリアムズ ハンガリーGP
ウィリアムズは、F1ハンガリーGPの決勝でセルゲイ・シロトキンが16位、ランス・ストロールは17位でレースを終えた。

セルゲイ・シロトキン (16位)
「いい気分でシーズン前半を締めくくることができたと言えるだろう。もちろん、それは結果には見えないことだけど、僕たちがスタートした位置、戦略、ブルーフラッグへの対応といった現実的なことを考えれば、パフォーマンスには満足できる」

ランス・ストロール、フロントウイング交換でピットレーンスタート

2018年7月29日
F1 ランス・ストロール ハンガリーGP
ウィリアムズのランス・ストロールは、フロントウイングとノーズのアッセンブリを交換したことでF1ハンガリーGPの決勝をピットレーンからスタートすることになった。

ランス・ストロールはF1ハンガリーGPの予選でQ2進出を果たしたが、ウエットコンディションのターン9でスピンを喫し、ノーズとフロントエンドを壊していた。

ウィリアムズ:F1ハンガリーGP 予選レポート

2018年7月29日
F1 ウィリアムズ ハンガリーGP
ウィリアムズは、F1ハンガリーGPの予選で、ランス・ストロールが15番手、セルゲイ・シロトキンが20番手だった。

ランス・ストロール (15番手)
「良いQ1だったし、Q2に進めたことはとても嬉しい。複雑なコンディションのアドバンテージを生かしたと思うし、そこはポジティブだ。残念ながら、ウエットでプッシュしていてマシンのコントロールを失い、それでおしまい」

クレア・ウィリアムズ、F1チーム運営から退くことを検討

2018年7月29日
F1 ウィリアムズ
クレア・ウィリアムズは、ウィリアムズのチーム責任者を辞めることを検討していると認める。

元F1ワールドチャンピオンであるジャク・ヴィルヌーヴは、チーム創設者のフランス・ウィイアムズが5年前に娘にチームを託したのは重大なミスだったと語り、今のウィリアムズは“死んでいる”と批判した。

今年、ウィリアムズはグリッドで最も遅いマシンに数えられ、コンストラクターズ選手権では最下位に沈んでいる。

ウィリアムズ:F1ハンガリーGP 金曜フリー走行レポート

2018年7月28日
F1 ウィリアムズ ハンガリーGP
ウィリアムズは、F1ハンガリーGP初日のフリー走行で、ランス・ストロールが18番手タイム、セルゲイ・シロトキンが14番手タイムだった。

ランス・ストロール (18番手)
「いつもの金曜日だったし、とにかくデータや情報などのあらゆることを収集していった。少しフロントウイングを探って、リアウイングにも取り組んだ。シルバーストンと同じウイングを走らせたけど、調査して修正しているで、今はより安定しているように思う」

ウィリアムズ、2019年からメルセデスのギアボックスを購入へ

2018年7月27日
F1 ウィリアムズ メルセデス
ウィリアムズは、事実上のメルセデスの“Bチーム”化に少しずつ近づいているようだ。2019年からメルセデスのギアボックスとリアエンドを採用すると報じられている。

今年、空力コンセプトを一新したウィリアムズだが、現状ではグリッドで最も遅いクルマだと評価されている。かつてウィリアムズでF1ワールドチャンピオンを獲得したジャック・ヴィルヌーヴは、ウィリアムズは事実上“死んでいる”と苦言を呈している。

ウィリアムズ:マシントラブルでダブルリタイア / F1ドイツGP

2018年7月23日
F1 ウィリアムズ ドイツGP
ウィリアムズは、F1ドイツGPの決勝レースで、ランス・ストロール、セルジオ・シロトキンともにマシントラブルによってリタイアでレースを終えた。

ランス・ストロール (リタイア)
「ブレーキを失ってリタイアしなければならなかった。昨日の予選では強そうだったけど、今日のペースはそれほど良くなかった。でも、自分のレースには満足している。ある段階ではかなり有望なポジションにつけられていたと思う。でも、そのあとに雨が降り始めた」

ウィリアムズ、メルセデスの“Bチーム”化を決断?!

2018年7月22日
F1 ウィリアムズ メルセデス
メルセデスのモータースポーツ責任者を務めるトト・ヴォルフは、ウィリアムズがメルセデスの“Bチーム”化される可能性があることを認める。

ランス・ストロールの父親でウィリアムズに出資しているローレンス・ストロールは、ウィリアムズをハース/フェラーリに似た構造のメルセデスの“Bチーム”に変更することを計画しているが、ウィリアムズの上層部はその案に抵抗していると報じられていた。

ウィリアムズ:セルゲイ・シロトキンが12番手 / F1ドイツGP 予選

2018年7月22日
F1 ウィリアムズ ドイツGP
ウィリアムズは、F1ドイツGPの予選で セルゲイ・シロトキンが12番手、ランス・ストロールが19番手だった。

セルゲイ・シロトキン (12番手)
「今日、予選でQ2に進み、12番手でフィニッシュするなんて、本当に良いリザルトだった。昨日、僕たちは重要なプログラムを実行して、多くのことを調べた。あまり楽観的になり過ぎるつもりはないけど、昨日は興味深いものをいくつか見つけている」
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム