ロマン・グロージャン、ランボルギーニのLMDh車両SC63で初走行

2023年10月14日
ロマン・グロージャン、ランボルギーニのLMDh車両SC63で初走行
ランボルギーニは今週初め、スペインのアルメリア・サーキットで3日間のテストを実施し、ロマン・グロージャンがSC63 LMDhで最初のラップを走行した。

グロージャンにはランボルギーニのファクトリードライバー仲間であるアンドレア・カルダレッリも加わり、4.2kmのサーキットで合計2000km近くの走行距離を走行した。

アストンマーティン、2025年のWECとIMSAにヴァルキリーAMRプロで参戦

2023年10月5日
アストンマーティン、2025年のWECとIMSAにヴァルキリーAMRプロで参戦
アストンマーティンは、2025年のFIA世界耐久選手権(WEC)とIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権に、ヴァルキリーAMRプロを使用して、各シリーズに「少なくとも1台」参戦すると発表した。

耐久レースのパートナーであるハート・オブ・レーシング(The Heart of Racing)がアストンマーティンの両プログラムに参加する。LMHルールのマシンがIMSAに参戦するのは、これが初めてとなる可能性がある。

アルピーヌF1首脳、ミック・シューマッハと2024年WEC参戦の交渉を認める

2023年10月3日
アルピーヌF1首脳、ミック・シューマッハと2024年WEC参戦の交渉を認める
アルピーヌF1チームの暫定代表ブルーノ・ファミンは、同ブランドが2024年のFIA世界耐久選手権(WEC)参戦の可能性についてミック・シューマッハと話し合ったことを明らかにした。

ミック・シューマッハは2022年末にハースF1チームのレースシートを失った後、今季メルセデスのF1リザーブドライバーを務めている。現在、来年のフルラインナップをまだ発表していないチームは、ウィリムズ・レーシングだけとなっている。

F1:ミック・シューマッハ、2024年の“プランB”はアルピーヌからWEC参戦

2023年9月26日
F1:ミック・シューマッハ、2024年の“プランB”はアルピーヌからWEC参戦
ミック・シューマッハの2024年の「プランB」の詳細が明らかになり始めている。

ドイツの週刊誌『Motorsport Aktuell』は、ハースF1チームから解雇され、現在はメルセデスのリアーブドライバーであるシューマッハがルノー傘下のアルピーヌと詳細な交渉を行っていると伝えている。

セバスチャン・ベッテル、2024年WECに元F1ドライバー組でレース復帰の噂

2023年9月26日
セバスチャン・ベッテル、2024年WECに元F1ドライバー組でレース復帰の噂
4度のF1チャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、2024年にフルタイムレースに復帰することを検討しているようだ。

ベッテルは2024年のFIA世界耐久選手権(WEC)のシートを獲得して復帰する可能性があり、かつてのF1ライバルであるジェンソン・バトンとロバート・クビサとマシンをシェアすることになるかもしれない。

元F1ドライバーのストフェル・バンドーン、2024年にプジョーからWEC参戦

2023年9月22日
元F1ドライバーのストフェル・バンドーン、2024年にプジョーからWEC参戦
元F1ドライバーのストフェル・バンドールが、2024年のFIA世界耐久選手権(WEC)にプジョー・スポール・ハイパーカーのドライバーとして参戦することが決定した。

2023年、ストフェル・バンドーンは、プジョー・スポールのリザーブドライバーを務めてお、ニコ・ミュラーが怪我で参加できなかったため、富士6時間レースでハイパーカーレースデビューを果たしていた。

元F1ドライバーのニック・デ・フリース、2024年にトヨタからWEC参戦報道

2023年9月20日
元F1ドライバーのニック・デ・フリース、2024年にトヨタからWEC参戦報道
元アルファタウリのF1ドライバーであるニック・デ・フリースがトヨタに復帰し、2024年のFIA世界耐久選手権(WEC)に参戦するようだ。

Autosportの情報筋によると、2022年にトヨタのリザーブドライバーを務めた28歳のデ・フリースが、今季もともと彼のために用意されていたレースシートを獲得する準備ができているという。

WEC富士:7号車がポール・トゥ・ウィンで地元トヨタが1-2フィニッシュ

2023年9月11日
WEC富士:7号車がポール・トゥ・ウィンで地元トヨタが1-2フィニッシュ
FIA世界耐久選手権(WEC)第6戦富士6時間の決勝レースが9月10日(日)静岡県の富士スピードウェイで行われ、トヨタ(TOYOTA GAZOO Racing/TGR)のGR010 HYBRID 7号車がポール・トゥ・ウィン。GR010 HYBRID 8号車が2位で続き、チームの「ホーム」レースでの1-2フィニッシュを達成した。

小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペスの3名が駆るGR010 HYBRID 7号車は、ポルシェとの激しいバトルを制し、今季4勝目を挙げた。

WEC富士:トヨタ7号車の小林可夢偉が圧倒タイムでポールポジション!

2023年9月9日
WEC富士:トヨタ7号車の小林可夢偉が圧倒タイムでポールポジション!
9月9日(土)富士スピードウェイでFIA世界耐久選手権(WEC)第6戦富士6時間の予選が行われ、トヨタ(TOYOTA GAZOO Racing/GR)のGR010 HYBRID 7号車を駆る小林可夢偉がポールポジションを獲得。ブレンドン・ハートレーのGR010 HYBRID 8号車が2番手で続き、TGRは明日の決勝を最前列に並んでスタートすることとなった。

アタックに挑んだ7号車の小林可夢偉は、富士スピードウェイでのハイパーカーによる新たなコースレコードとなる1分27秒794を記録し、母国レースでのポールポジションを獲得した。TGRにとって今シーズン4度目、「ホーム」富士では6度目のポールポジションとなる。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム