フェラーリ、LMH車両『499P』の開発テストを2台のシャシーで分業

2022年10月31日
フェラーリ、LMH車両『499P』の開発テストを2台のシャシー分業
フェラーリは、今夏の設計開発プログラムの初期段階から新型LMH車両『499P』を2台使ってテストを行っていることを明らかにした。

フェラーリは、2023年のFIA世界耐久選手権(WEC)のハイパーカークラスで対戦するライバルに追いつくために、1台の499Pは信頼性、もう1台はパフォーマンスに焦点を当てたテスト戦略を考案した。

フェラーリ、2023年にル・マン復活のハイパーカー『499P』を発表

2022年10月30日
フェラーリ、2023年にル・マン復活のハイパーカー『499P』を発表
フェラーリは、2023年に世界耐久選手権に50年ぶりにファクトリーとして復帰するハイパーカー『フェラーリ 499P』を発表した。

フェラーリ 499P は、312 P が世界耐久レースのプレミア クラスに最後に登場してから 50 年を経て、その歴史的なつながりを再確立している。フェラーリの耐久レースの伝統に敬意を表すカラーリングを採用し、四輪駆動のツインターボチャージャー付き V6 エンジンと、500kW の電力を車輪に供給する電動パワー ユニットを搭載する。

BMW、LMDh車両『BMW M Hybrid V8』の正式カラーリングを披露

2022年9月23日
BMW、LMDh車両『BMW M Hybrid V8』の正式カラーリングを披露
BMWは、LMDh車両『BMW M Hybrid V8』の最終的なカラーリングを木曜日の夜にロサンゼルスのピーターセン博物館で開催された特別イベントで披露した。

カラーリングは、BMW Group Designworks によって設計され、BMW M部門の有名な色と「キドニー」グリルの周りの照明システムを備えている。カラーリングの一部である黒い部分のほとんどは、本来のカーボンファイバー仕上げのままであり、BMW は、従来の塗装作業と比較して、20~30%の重量を節約できると見積もっている。

ランボルギーニ、LMDh車両用にツインターボV8エンジンを開発

2022年9月20日
ランボルギーニ、LMDh車両用にツインターボV8エンジンを開発
ランボルギーニは、2024年にFIA 世界耐久選手権(WEC)とIMSAスポーツカー選手権でレース参戦を開始するLMDhプロトタイプ用にまったく新しいツインターボ V8 を開発している。

ランボルギーニは、ハイブリッド パワートレインの内燃要素の最初の詳細を月曜日。フランスのコンストラクターであるリジェ・オートモーティブと共同で開発中のランボルギーニ LMDh のさらなるティーザーイメージも公開した。

フェラーリ、2023年にル・マン復活のLMD車両で5000㎞を走行

2022年9月15日
フェラーリ、2023年にル・マン復活のLMD車両で5000㎞を走行
フェラーリの新しいLMHハイパーカーは、この夏の最初の3回のテストですでに約 5000km を走行している。

2023年のFIA世界耐久選手権(WEC)およびル・マン 24 時間レースで、フェラーリのファクトリーをスポーツカーレースの頂点に戻すLMHプロトタイプは、7月初旬にフィオラノでシェイクダウンされて以来、ムジェロとバルセロナの両方で数日間のテストを行ってきた。

WEC 富士6時間レース 決勝:トヨタが“ホーム”富士で1-2フィニッシュ

2022年9月11日
WEC 富士6時間レース 決勝:トヨタが“ホーム”富士で1-2フィニッシュ
2022年シーズン FIA 世界耐久選手権(WEC) 第5戦 富士6時間の決勝レースが9月11日(日)富士スピードウェイで行われ、TOYOTA GAZOO Racing(トヨタ)のハイパーカー GR010 HYBRID2台が1-2フィニッシュを飾った。

2019年以来、3年ぶりの開催となったWEC富士ラウンド。世界チャンピオン獲得のためにも必勝態勢で臨んだトヨタは、ハイパーカーGR010 HYBRIDにとって初レースであり、ル・マン24時間の勝利を持って臨んだ凱旋レース「ホーム」富士でのWEC戦を見事な勝利で祝った。

2022年 WEC 第5戦 富士6時間レース:順位・結果

2022年9月11日
2022年 WEC 第5戦 富士6時間レース:順位・結果
9月11日(日)富士スピードウェイで2022年シーズンFIA世界耐久選手権(WEC)第5戦富士6時間の決勝レースが行われ、TOYOTA GAZOO Racing(トヨタ)のハイパーカー GR010 HYBRID2台が1-2フィニッシュを飾った。

2019年以来、3年ぶりの開催となったWEC富士ラウンド。世界チャンピオン獲得のためにも必勝態勢で臨んだトヨタは、ハイパーカーGR010 HYBRIDにとって初レースであり、ル・マン24時間の勝利を持って臨んだ凱旋レース「ホーム」富士でのWEC戦を見事な勝利で祝った。

WEC 富士6時間 予選:小林可夢偉が富士でのハイパーカー初ポール獲得!

2022年9月11日
WEC 富士6時間 予選:小林可夢偉が富士でのハイパーカー初ポール獲得!
2022年シーズンFIA世界耐久選手権(WEC)第5戦富士6時間の予選が行われ、今回初めて富士を走るTOYOTA GAZOO Racing(トヨタ)のハイパーカー、GR010 HYBRID 7号車を駆る小林可夢偉がポールポジションを獲得。ブレンドン・ハートレーの8号車も僅差の2番手で続き、トヨタは「ホーム」富士での凱旋レースを最前列グリッドに並んでスタートすることとなった。

3年ぶりのWEC開催となった富士スピードウェイに集結した多くの母国ファンの見守る中で行われた予選で、トヨタは今季2度目、富士では4度目となるポールポジションを獲得した。

WEC:トヨタ 2022年 W第5戦 富士6時間 公式練習初日レポート

2022年9月10日
WEC:トヨタ 2022年 W第5戦 富士6時間 公式練習初日レポート
3年ぶりの開催となるFIA 世界耐久選手権(WEC)の日本ラウンドが富士スピードウェイで開幕。レースウィーク初日となる9日(金)は2度にわたる90分間の公式練習走行が行われ、TOYOTA GAZOO Racing(トヨタ)のハイパーカー、GR010 HYBRIDが日本のファンの皆様の前で、サーキットを疾走する勇姿を初めて披露した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム