AFコルセ WEC参戦フェラーリ499Pのイエローのカラーリングを披露

2024年2月21日
AFコルセ WEC参戦フェラーリ499Pのイエローのカラーリングを披露
AFコルセは、2024年のFIA 世界耐久選手権(WEC)にカスタマーベースで参戦する3台目のフェラーリ499Pル・マン・ハイパーカーのイエローを主体としたカラーリングを公開した。

フェラーリ83号車は、イタリアのマニュファクチャラーの本拠地モデナの色であるジャッロ・モデナ・イエローをメインカラーとし、コックピットとマシンのサイドには赤いストライプが施されている。

トヨタ WEC 2024年シーズン第1戦 カタール1812KM プレビュー

2024年2月20日
トヨタ WEC 2024年シーズン第1戦 カタール1812KM プレビュー
トヨタ(TOYOTA GAZOO Racing/TGR)は、2024年のFIA世界耐久選手権(WEC)シリーズチャンピオンを防衛すべく、過去最大となるハイパーカーのライバル達と戦う準備を整えた。

昨シーズン、キャデラック、フェラーリ、プジョー、ポルシェとの接戦を制し、5シーズン連続となるシリーズダブルタイトルを獲得したTGRは今シーズン、新規参入のアルピーヌ、BMW、イソッタ・フラスキーニ、ランボルギーニを含む19台のハイパーカーの中で戦っていく。

フェラーリ WECハイパーカー車両『499P』の2024年カラーリングを発表

2024年2月19日
フェラーリ WECハイパーカー車両『499P』の2024年カラーリングを発表
フェラーリは、1898年2月18日のエンツォ・フェラーリ生誕記念日に、FIA WEC 2024のハイパーカー・クラスに参戦する499Pのカラーリングを発表した。

スポットライトは今、世界選手権第2シーズンに注がれている。3月2日にカタールで開幕し、フェラーリ-AFコルセ・チームの50号車と51号車が登場する。

トヨタ 2024年WEC参戦の“マットブラック”GR010ハイブリッド 画像&動画

2024年1月31日
トヨタ 2024年WEC参戦の“マットブラック”GR010ハイブリッド 画像&動画
トヨタは、2024年のFIA世界耐久選手権(WEC)に参戦するGR010ハイブリッドでカラーリングをブラックに変更する。

トヨタは2016年からLMP1マシンに、2021年からはハイパーカーのGR010ハイブリッドに白と赤のカラーリングを採用してきた。しかし、2024年には新しいカラーリングで登場し、GR010ハイブリッドは黒を基調とし、赤と白の閃光を放つ。

ミック・シューマッハ WEC転向も「F1はこれからも夢であり続ける」

2024年1月28日
ミック・シューマッハ WEC転向も「F1はこれからも夢であり続ける」
ミック・シューマッハは、2024年にアルピーヌからFIA世界耐久選手権(WEC)に転向するにもかかわらず、依然としてF1が主な目標であることを認めた。

ハースF1チームがニコ・ヒュルケンベルグを起用することを決めたため、シューマッハは2023年にF1からの戦線離脱を余儀なくされた。

ジェンソン・バトン 「F1は世界耐久選手権ほど技術的に進歩していない」

2024年1月22日
ジェンソン・バトン 「F1は世界耐久選手権ほど技術的に進歩していない」
元F1王者ジェンソン・バトンは、2024年にWECレースに出場するハイパーカーはどのF1カーよりも技術的に進んでいると考えている。

2009年F1世界チャンピオンのジェンソン・バトンは、2024年にフルタイムでトップレベルのモータースポーツに復帰し、フィル・ハンソン、オリバー・ラスムッセンとともにイオタ・スポーツのポルシェ963ハイパーカーに乗る契約を結んだ。

元F1王者ジェンソン・バトン WEC参戦のJOTAをブラウンGPに例える

2023年12月19日
元F1王者ジェンソン・バトン WEC参戦のJOTAをブラウンGPに例える
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、FIA 世界耐久選手権(WEC)の新しい雇用主であるJOTA Sportを、2009年に彼をF1ワールドチャンピオンに導いたブラウンGPのチームに例えた。

先週、バトンは、JOTAの38号車ポルシェ963ハイパーカーの3人目のドライバーとして発表された。2024年のFIA WECシーズンは、2019年のスーパーGTシリーズでタイトル防衛に失敗して以来、初めてのフルチャンピオンシップとなる予定だ。

元F1王者ジェンソン・バトン 2024年のWECにJOTAからフル参戦

2023年12月16日
元F1王者ジェンソン・バトン 2024年のWECにJOTAからフル参戦
2009年F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、2024年FIA 世界耐久選手権(WEC)に参戦する契約をHertz Team JOTA と結んだ。

バトンは、フィル・ハンソン、オリバー・ラスムッセンの両ドライバーとともに、Hertz Team JOTA の38号車ポルシェ963ハイパーカーのドライバーを務める。

ミック・シューマッハ 「WECからF1への昇格は興味深いテーマ」

2023年12月14日
ミック・シューマッハ 「WECからF1への昇格は興味深いテーマ」
メルセデスのリザーブドライバーであるミック・シューマッハは、2024年にアルピーヌからFIA世界耐久選手権(WEC)に出場することが決まっており、父親のキャリアと比較した。

シューマッハは2021年にハースからF1にステップアップしたが、2シーズンでシートを失った。その後、2023年シーズンにメルセデスのサードドライバーとして加入したシューマッハは、2024年もその役割を続けることが決まっている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム