マーク・ウェバー 「ヒュルケンベルグのF1復帰は若手の人材不足を強調」
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、ニコ・ヒュルケンベルグが2023年にハースF1チームでグリッドに復帰することは、F1の下にいる若手のタレントプールの貧弱な状態を強調するだけだと考えている。

2022年の最初の2レースでアストンマーティンのセバスチャン・ベッテルの代役を務めたニコ・ヒュルケンベルグは、2023年にハースF1チームから復帰し、ルノーでレースをした2019年以来F1でのフルシーズンを戦う。

2年前、ハースF1チームのチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、ミック・シューマッハとニキータ・マゼピンという2人のルーキーを車に乗せることを選択した。しかし、どちらのドライバーもポイントを獲得することができなかった。

ニキータ・マゼピンは、2022年シーズンの開幕直前にロシアのウクライナ侵攻を契機にケビン・マグヌッセンと交代。今シーズン、マグヌッセンはミック・シューマッハが獲得した倍のポイントを獲得した。

ケビン・マグヌッセンのアウトパフォーマンスとミック・シューマッハの高価なクラッシュが相まって、最終的にハースF1チームはシューマッハをラインナップから外し、35 歳のニコ・ヒュルケンベルグを起用することを余儀なくされた。

そして、その決定はマーク・ウェバーを驚かせた。

ニコ・ヒュルケンベルグのハースF1チームへの移籍についての考えを尋ねられたとき、マーク・ウェバーは「正直に言うと少し驚いている」とChannel 4に語った。

「現時点でF1の下にある貧弱なタレントプールを少し反映しているとと思う。はしごを上ってミックに取って代わるために彼らが頼ることができる十分な人材がいないと思う」

「我々は、ギュンターがルーキーを終わらせたことを知っている。彼はスケールの反対側を望んでおり、ベテランを求めた」

「ニコはあの車をまったくクラッシュさせることはできない。彼は来年完璧になるだろう」とマーク・ウェバーは冗談を言った。

「我々が話している間、彼は今、いくらか減量していることを知っている。彼はトレッドミルでその脂肪を剃っている。幸運を祈っている」

23歳のミック・シューマッハは、将来F1グリッドに戻るために戦うことを決意しており、彼の最高のチャンスはメルセデスF1でリザーブドライバーを務めることになることだろう。

両者の間で本格的な話し合いはまだ行われていないが、メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは、ミック・シューマッハを傘下に置くことにオープンであると述べている。

マーク・ウェバーは、メルセデスとミック・シューマッハが一緒になれば、チームとドライバーの両方にとって「良いストーリー」になると信じている。

「ルイス・ハミルトンが初期の頃に支配し始める前に、メルセデスが優勢に戻り始めた2010年に彼の父親があのチームにいたと思うので、それは素晴らしいストーリーになると思う」とマーク・ウェバーは語った。

「ドイツのつながり、トップチームの周りにいるチャンス。何か奇妙なことが起こった場合に備えて、そこにいなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マーク・ウェバー / ニコ・ヒュルケンベルグ / ハース