ホンダF1 田辺豊治 「レッドブルとの話し合いは続いている」

2020年11月28日
ホンダF1 田辺豊治 「レッドブルとの話し合いは続いている」 / F1バーレーンGP 金曜記者会見(1)
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治が、話題となっている2022年以降のレッドブルへのF1エンジンの引き継ぎについてF1バーレーンGPの金曜記者会見で質問に答えた。

ホンダは2021年末でのF1撤退を発表しているが、レッドブルは他のメーカーのサプライヤーに戻るのではなく、ホンダが現在開発中のF1エンジンの知的財産権と運用面を引き継いで独自にF1エンジンプログラムを継続していくことを望んでいる。

F1レースディレクター、路面を再舗装したF1トルコGPの主催者を擁護

2020年11月24日
F1レースディレクター、路面を再舗装したF1トルコGPの主催者を擁護
F1レースディレクターのマイケル・マシは、不満が集中したイスタンブール・パークの新しいアスファルト路面のコンディションに関して、F1トルコGPの主催者を擁護した。

9年ぶりに開催されたF1トルコGPだったが、ドライバーは週末を通して再舗装された不満を漏らし続けた。多くのドライバーがこれまでで経験したなかで最もグリップの低い路面でのレースだったとその仕事を批判した。

レッドブル・ホンダ RB16:F1トルコGPで投入した2つのアップデート

2020年11月23日
レッドブル・ホンダ RB16:F1トルコGPで投入した2つのアップデート / F1マシン 技術解説
レッドブル・ホンダF1は、先週末のF1トルコGPで新たなアップデートを投入。Formula1.com でマーク・ヒューズが解説した。

今シーズンはほぼ終了し、両方のタイトルをメルセデスが獲得した。しかし、レッドブル・ホンダは、F1トルコGPでの新しいアップグレードでマシンからさらにパフォーマンスを引き出そうとする努力をやめていない。

メルセデスF1、F1トルコGPの予選で苦戦した理由を説明

2020年11月22日
メルセデスF1、F1トルコGPの予選で苦戦した理由を説明
メルセデスF1は、前戦F1トルコGPの予選で大きくペースを失った理由を説明した。

決勝ではルイス・ハミルトンが見事な優勝を果たしたF1トルコGPだが、イスタンブール・パークの路面が再舗装されたこともあり、ドライバーたちは週末を通してグリップの低い路面と格闘することを余儀なくされた。

マックス・フェルスタッペンの問題は新型フロントウイングが原因

2020年11月19日
マックス・フェルスタッペンの問題は新型フロントウイングが原因
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1トルコGPでマックス・フェルスタッペンのフロントウイングが誤って調整されたのは週末に投入した新型フロントウイングの問題であったことを明らかにした。

F1トルコGPはマックス・フェルスタッペンにとって残念なレースとなった。レース後、フェルスタッペンは、フロントウイングが正しく調整されていない状態でレースの多くを走っていたことを明らかにし、それによってアンダーステアが強くなり、タイヤの摩耗が早まったと説明した。

ピエール・ガスリー、F1トルコGPでのパフォーマンスは「恥ずかしい」

2020年11月18日
ピエール・ガスリー、F1トルコGPでのパフォーマンスは「恥ずかしい」 / アルファタウリ・ホンダF1
ピエール・ガスリーは、F1トルコGPでのアルファタウリ・ホンダF1のパフォーマンスは“恥ずかしく”“プアー”なものだったと振り返る。

ピエール・ガスリーは、トリッキーなコンディションでペースを見つけることに苦労し、ダニール・クビアトの後ろとなる13位でレースをフィニッシュ。アルファタウリ・ホンダF1はノーポイントでイスタンブール・パークを去ることになった。

ランス・ストロール、F1トルコGPの失速はフロントウイングの損傷

2020年11月18日
ランス・ストロール、F1トルコGPの失速はフロントウイングの損傷 / レーシング・ポイント F1トルコGP 決勝
レーシング・ポイントF1は、F1トルコGPでランス・ストロールのフロントウイングにダメージがあり、それがタイヤのグレイニングに“重大”な貢献をしていたことを明らかにした。

ランス・ストロールは、ウエットコンディションとなったイスタンブール・パークでの予選で衝撃的な初ポールポジションを獲得。決勝でも抜群のスタートを見せ、レース前半をセルジオ・ペレスとともに1-2体制を築き、後続とのギャップを築いた。

レッドブルF1、フェルスタッペンのフロントウイングの調整ミスを確認

2020年11月18日
レッドブルF1、フェルスタッペンのフロントウイングの調整ミスを確認
レッドブル・ホンダF1は、F1トルコGPで2回目のピットストップ時のフロントウイングに調整ミスにより、マックス・フェルスタッペンのマシンがはるかに運転しづらいマシンになっていたことを認めた。

F1トルコGPでマックス・フェルスタッペンは2回のスピンと複数回のコースオフなど精彩を欠き、6位でレースを終えた。

マックス・フェルスタッペン 「フロントウイングの調整が7度も狂っていた」

2020年11月18日
マックス・フェルスタッペン 「フロントウイングの調整が7度も狂っていた」 / レッドブル・ホンダ F1トルコGP 決勝
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、F1トルコGPの決勝でフロントウイングの調整にエラーがあり、空力バランスを崩していたことでマシンが悪化していたと明かした。

F1トルコGPの週末、マックス・フェルスタッペンは、すべてのプラクティスでトップタイムをマークし、予選でもQ1とQ2ではトップに立ったものの、Q3の最後にインターミディエイトタイヤに苦戦して2番手。それでもフロントロースタートに優勝への大きな期待がかかっていた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム