F1トルコGP、2018年のカレンダー復帰についてリバティ・メディアと会談

2017年4月12日
F1 トルコGP
F1トルコGPが、2018年にF1カレンダーに復帰する可能性が出てきた。

レジェップ・タイイップ・エルドアンは、F1の新オーナーであるリバティ・メディアのチェイス・キャリーCEOをアンカラの大統領官邸に招いた。その場にはサーキット運営者のブラル・アクやトルコの政府関係者も複数出席した。

バーニー・エクレストン 「2013年はトルコGP追加もしくは19戦」

2013年1月6日
F1 2013年
バーニー・エクレストンは、ニュージャージーの代わりにトルコGPが追加されることがなければ、2013年のF1は19戦で開催されるだろうと述べた。

FIA世界モータスポーツ評議会は、ドイツGPの日程を変更し、7月21日の枠をヨーロッパでのレース開催のために確保した。

可能性のある会場としては、トルコ、フランス、そしてオーストリアが挙げられている。

F1トルコGP復活に暗雲、F1オーストリアGP復活の可能性が浮上

2012年12月7日
F1オーストリアGP
F1トルコGP復活の可能性が低くなり、代わりとしてF1オーストリアGPが2013年のF1カレンダーに復帰する可能性が出てきた。

今週、FIAはバーニー・エクレストンの要請でヨーロッパのレースを1つ追加できるように2013年の開催日程を調整した。

イスタンブールパークの新しい運営者ブラル・アクは、バーニー・エクレストンと“原則的に”合意に達しており、トルコ政府の支持を待っていると述べていた。

F1トルコGP、カレンダー復活の動き

2012年12月1日
F1トルコGP
F1トルコGPを復活させようという動きが始まっている。

F1トルコGPは、ヘルマン・ティルケが設計した4つのエイペックスを持つターン8が有名なイスタンブール・パークで2005年から2011年まで開催されていた。

しかし、2012年はバーニー・エクレストンとレース主催者との間で新たなレース開催料について同意に至らなかず、カレンダー落ちした。

バーニー・エクレストン、イスタンブール・パークの買収に興味

2012年10月3日
イスタンブール・パーク F1トルコGP
バーニー・エクレストンが、F1トルコGPの会場だったイスタンブール・パークの買収に興味を持っていると Hurriyet が報じている。

同紙によると、入札は来週の水曜日に行われる予定だという。

イスタンブール・パークは、2005年から2011年までF1トルコGPを開催。観客数は乏しかったが、複数のエイペックスを持つ“ターン8”を特徴としたヘルマン・ティルケが設計したレイアウトは賞賛されていた。

F1トルコGP、カレンダー復帰の可能性

2012年8月16日
F1トルコGP
F1トルコGPがカレンダーに戻ってくるかもしれない。

2005年から昨年まで開催されていたF1トルコGP。観客数は振るわなかったが、ヘルマン・ティルケが設計したイスタンブール・パーク・サーキットには、複数のエイペックスを持つターン8があり、ドライバーには好評だった。

だが、レース主催者とバーニー・エクレストンの間で開催料の折り合いがつかず、2012年のF1カレンダーからは外れている。

F1トルコGP、2012年の開催に望み

2011年8月9日
F1トルコGP
F1トルコGPのチーフは、2012年の暫定カレンダーから漏れたが、F1スケジュールに残るためにレースについてバーニー・エクレストンと交渉中であり、2012年まで猶予を延期できると期待している。

年間20戦を維持する動きがあるなか、2012年のレースにオースティンで開催されるF1アメリカGPが加わったことで、F1トルコGPはバーニー・エクレストンがハンガリーGPで公開した最新のカレンダーからなくなっていた。

F1 トルコGP 決勝:ドライバーコメント

2011年5月9日
F1 トルコGP 決勝
FORMULA 1 DHL TURKISH GRAND PRIX

レッドブル:今季初の1-2フィニッシュで快勝 (F1トルコGP)

2011年5月9日
セバスチャン・ベッテル F1トルコGP
レッドブルは、F1トルコGPの決勝レースで、セバスチャン・ベッテルが1位、マーク・ウェバーが2位だった。

ポールポジションからスタートしたセバスチャン・ベッテルは、スタートで後続を引き離してレースを支配。終始、後ろのドライバーの状況に合わせてレースをコントロールし、危なげなく今季3勝目を手にした。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム