レッドブルF1首脳 「ハミルトンはペレスをピットレーンに押し込もうとした」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1トルコGPで、ルイス・ハミルトンがセルジオ・ペレスをピットレーンに押し込もうとしていたと語る。

PU交換ペナルティで11番グリッドからスタートしたルイス・ハミルトンは、ウエットのイスタンブール・パークでおそらく最速のマシンであり、レース序盤に着実に順位を上げていき、34周目には4番手を走行するセルジオ・ペレスに接近した。

ターン12のブレーキングでセルジオ・ペレスと並びかけたルイス・ハミルトンは、セルジオ・ペレスをピットレーンの方へ押し出したが、ペレスはボラードの外側からコースに戻ってバトルを続行。一度は前に出られながらも、ターン1で勝利し、そこからハミルトンはペレスを攻略できなかった。

ヘルムート・マルコは、ルイス・ハミルトンの計画はセルジオ・ペレスをピットレーンに押し込むことだったとし、ペレスのディフェンスを称賛した。

「彼(ハミルトン)は、そこでペレスを押し出した。ピットレーンに彼を押し込みたかったようだね」とヘルムート・マルコは Sky Sport F1 に語った。

「セルジオは完全に対抗し、しっかりと防御した。それが彼にとって最終的には3位でフィニッシュするために決定的だったと思う」

セルジオ・ペレスは、6月以来となる表彰台に戻った。その成果はコンストラクターズ選手権で重要であるだけでなく、ペレスのディフェンスはチームメイトのマックス・フェルスタッペンにも大きな恩恵をもたらした。

ルイス・ハミルトンがセルジオ・ペレスを抜くことができなかったことで、マックス・フェルスタッペンは手の届かない位置にとどまることができた。そして、ハミルトンが5位でフィニッシュしたレースで、フェルスタッペンは2位表彰台を獲得した。

その結果、マックス・フェルスタッペンはドライバーズ選手権のトップに返り咲き、ルイス・ハミルトンは6ポイント差をつけた。

「我々は満足している」とイスタン・ブールパークでのレッドブル・ホンダF1のパフォーマンスについてヘルムート・マルコは語った。

「我々がここで得ることができた最高の結果だ。それにハミルトンは5位だった」

「エンジニアも素晴らしい仕事をした。ラップごとにドライバーにタイヤの状態が通知され、ラップタイムを失うことなくそれに応じてドライビングが調整されていた」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / ルイス・ハミルトン / F1トルコGP / セルジオ・ペレス