F1シート喪失の焦り? アントニオ・ジョビナッツィがチームオーダー無視 / F1トルコGP 決勝
アルファロメオF1のアントニオ・ジョビナッツィは、F1トルコGPでチームメイトのキミ・ライコネンを先に行かせる指示を無視。トラックエンジニア責任者を務めるセビ・プヒョラーは、ジョビナッツィが拒否した理由を“理解できない”と語った。

今シーズンでシート喪失が噂されるアントニオ・ジョビナッツィは、F1トルコGPのレース後半にキミ・ライコネンをパスさせるという指示を2回無視した。キミ・ライコネンはチームメイトを捕まえる前のラップでかなり速かった。

「ポジションを入れ替えるように頼んだが、その時点でアントニオもペースを上げ始めており、彼自身が先を行きたいと決心した」とセブ・プヒョラーは説明した。

「おそらく、その状況、この数周で、潜在的に我々はチームとしてもっと速く走れただろう」

両ドライバーは、最終ラップで、ひどく摩耗したタイヤに苦労していたエステバン・オコンに接近した。アントニオ・ジョビナッツィは、最終的に0.0755秒の差で11位となった。

「オコンを捕まえるにはもう1周必要だった」とセブ・プヒョラーは語った。

「チームにとって理想的ではなかったのは確かだ」

もし、アントニオ・ジョビナッツィがキミ・ライコネンを先に行かせていれば、おそらくポイントを獲得するより良いチャンスを得ていただろう。

セビ・プヒョラーは、機会があれば、ドライバーのポジションを再び入れ替えていただろうと指摘する。

「この時点で交換できなかった理由がよく理解できなかった。我々に2台のマシンがあるので、状況に応じて元に戻すことができるからだ」とセビ・プヒョラーは語った。

アルファロメオF1は、コンストラクターズ選手権で9位に位置しており、ウィリアムズに16ポイント差をつけられている。

「我々にとって、ポイントを獲得することは重要だ」と語るセビ・プヒョラーは、チームがドライバーに順位を入れ替えるするよう呼びかけたのは、トラックが乾いたときにレースがどのようにパンアウトするかが明らかになったときだけだったと指摘した。

「レース序盤は、どちらが強いのかということにあまり焦点を当てていなかった。多かれ少なかれ両方のマシンが同じレベルにいた。我々は管理できていたし、そのコンディションがいつまで続くか分からなかったので、ストレスをかけすぎたり、ポジションを入れ替えたり、キミをハードにプッシュさせて、タイヤが早く終わらせるようなことはしたくなかった」

「そのステージでは、20周、30周、またはレース全体がインターミディエイトのコンディションになるかどうか誰にも分からなかったので、少しスペースを確保しておきたかった。でも、レース終盤では、それは別の話だった。その時点で、我々はポジションを入れ替えたかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アントニオ・ジョビナッツィ / F1トルコGP / アルファロメオ・レーシング