F1トルコGP:セルジオ・ペレスの“ボラード外からの反撃”が問題視されなかった理由
F1レースディレクターを務めるマイケル・マシは、F1トルコGPでルイス・ハミルトンと戦っているときに、セルジオ・ペレスがボラード外から反撃したことが問題視されなかった件について説明した。

34周の終わりに、ルイス・ハミルトンとセルジオ・ペレスはサイド・バイ・サイドとなり、ペレスはピットエントリーまで膨らんだ後、ボラードの外からコースに復帰した。

その後、再びルイス・ハミルトンに反撃したセルジオ・ペレスは、ターン1で前に出ることができた。

一部のオブザーバーは、セルジオ・ペレスがサーキットを離れてボラードの外からコースに復帰したのは問題があるのではないかと考えた。

マイケル・マシは、セルジオ・ペレスの件を見たが、ピットストップを中断したとは見なされなかったの問題ではなく、正式な調査はなかったと語った。ルイス・ハミルトンは2018年のF1ドイツGPで同じような件で叱責を受けている。

「その件については私も見た」とマイケル・マシは語った。

「しかし、我々のレギュレーションがメモで述べているように、ボラードの左側に留まらなければならないのはピットレーンに入ることをコミットしている場合だけだ」

「だから、それには該当しない。彼ら二人による、優れたハードレーシングだった。奇しくも、メルセデスもレッドブルのどちらのチームも問題を提起しなかった。良いハードファイトであり、プレイオンだった」

インシデントの直後は、どちらのドライバーもコメントはしなかったが、次のラップでセルジオ・ペレスは「彼は僕を押しのけた」と語った。だが、彼のレースエンジニアは『コピー、チェコ。素晴らしいディフェンスだった』と答えた。

通常、ドライバーは、レースコントロールに対する行動を擁護するために、そのようなコメントを部分的に行う。

だが、マイケル・マシが指摘したように、レッドブルもメルセデスも他のドライバーがインシデントで過失を犯していることを示唆するために無線を入れなかった。

「(ペレスの)チームは一言も伝えこなかった」とマイケル・マシは語った。

「我々はすべてのドライバーの無線を聞いているわけではない。そして、一般的にチームは非常に優れており、レビューしたい問題がある場合は、ご存知のとおり、無線パネルが非常にすばやく点灯する」

レース後、セルジオ・ペレスからの押し出されたという以上の提案はなかった」

「第1スティントは僕にとって非常に困難で、特にその終盤に向かって、ルイスはかなり速かった」とセルジオ・ペレスは語った。

「当時、彼はコース上で最速のクルマだったと思うし、その時点で彼を抑えるのはかなり困難だった」

「僕たちは良い戦いをした。ピットエントリーでにピットボラードを回避する必要もあったけど、全体的には良い戦いだったし、何とか前に留まることができた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1 / F1トルコGP