バルテリ・ボッタス 「0ストップ戦略はまったく考えなかった」 F1トルコGP 決勝
メルセデスF1のバルテリ・ボッタスは、優勝したF1トルコGPのレースをタイヤ無交換で走り切るという考えはまったく頭に浮かばなかったと語る。

メルセデスF1の反対側のガレージでは、3番手を走行していたルイス・ハミルトンが、レースの最後までインターミディエイトでステイアウトすることを試みたが、最終的に残り8周でピットインして5位でフィニッシュ。フラストレーションを露わにした。

一方、バルテリ・ボッタスは、ポールポジションからのスタートを最大限に生かし、レースをコントロールして、今季初勝利となる通算10勝目を挙げた。

バルテリ・ボッタスは、58周を快適に走るためにピットストップが必要なことを疑わなかったと語る。

「少なくとも僕サイドでは、1セットでレース全体を走り切ることは考えていなかった。最終的にあなたはキャンバスに到達していただろう」。

「だから、いつかストップするといつも思っていたけど、チームがどう考えているのかはまだ分からないけどね。でも、ストップしてよかった」」

全体的な戦略に関して、バルテリ・ボッタスはマックス・フェルスタッペンが彼の後ろでしたことを事実上にコピーして、追い抜かれる心配を排除した。

シャルル・ルクレールはアウテイアウトすることを選択し、リードポジションを確保したが、グリップを使い果たしたため、バルテリ・ボッタスはピットストップは成果を挙げ、最終的には追い抜くができた。

「もちろん、マックスは最初にストップし、僕たちは彼をカバーした、そして、僕がシャルルに追いついた、彼はまだ最初のタイヤのセットのままだった」とバルテリ・ボッタスは説明した。

「彼は少しドライになっていた部分で本当に速かったし、僕はフレッシュなタイヤを持っていたので少し濡れた部分で速かった。彼に近づいたとき、僕のタイヤはかなりグレイニングが出始めていたけど、それでも明らかに彼を解耐えていた。その後、僕のタイヤは再び滑らかになり、その後は元気なった」

「少しペースの差があり、いくつかのロックアップしていた。そして、僕が彼を捕らえたとき、彼は最終コーナーで少しスナップした、そして、それが助けになった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / メルセデス / F1トルコGP