レッドブルの2022年03月のF1情報を一覧表示します。

ピエール・ガスリー 「F1トップチームで2度目の機会を得られると確信」

2022年3月31日
ピエール・ガスリー 「F1トップチームで2度目の機会を得られると確信」
スクーデリア・アルファタウリのピエール・ガスリーは、自分はF1トップチームで2度目のチャンスを与えられるにふさわしいドライバーに成長したと“確信している”と語る

現在26歳のピエール・ガスリーは、2019年にレッドブル・レーシングで大きなチャンスを得た。しかし、マックス・フェルスタッペンに匹敵することができず、わずか12レースでジュニアチームに降格させられた。

レッドブルF1代表 「DRS検知ラインは見直しが必要」

2022年3月31日
レッドブルF1代表 「DRS検知ラインは見直しが必要」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1サウジアラビアGPで見られた“いたちごっこ”を防ぐためにF1はDRS検知ラインを見直す必要があると考えている。

新世代のF1マシンに移行した2022年のF1世界選手権だが、開幕2戦ではDRS(ドラック・リダクション・システム)が現在もコース上のバトルで強力なツールであることが証明した。

レッドブルF1首脳 「2022年のタイトル候補からメルセデスF1は外せない」

2022年3月31日
レッドブルF1首脳 「2022年のタイトル候補からメルセデスF1は外せない」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2022年のタイトル候補からメルセデスF1を外すことはできないと語る。

昨年、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンは、F1史上でも稀にみる激戦を繰り広げた。その間、レッドブル・レーシングとメルセデスF1のコース外での関係も悪化し、それは永続的なものになる可能性がある。

レッドブルF1首脳 「ハミルトンのハードタイヤの分析から勝機を見出した」

2022年3月30日
レッドブルF1首脳 「ハミルトンのハードタイヤの分析から勝機を見出した」 / F1サウジアラビアGP決勝
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1サウジアラビアGPでハードタイヤでスタートしたルイス・ハミルトンを注意深く分析することで、マックス・フェルスタッペンのラバーをレース終了まで持たせて勝利を収める方法を見出すことができたと語る。

マックス・フェスタッペンは、50周のレースの16周目にハードコンパンドに交換。リーダーのシャルル・ルクレールを追いかけていたが、VSC(バーチャルセーフティカー)介入後のレースのクライマックスでタイヤの寿命が残っていたのフェルスタッペンの方だった。

レッドブルF1代表 「ホンダPUのトラブル多発は懸念事項」

2022年3月30日
レッドブルF1代表 「ホンダPUのトラブル多発は懸念事項」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、姉妹チームのスクーデリ・アルファタウリにホンダPU関連のトラブルが多発していることを懸念しており、問題が特定され、修正されることを願っていると語る。

開幕戦でダブルリタイを喫していたレッドブルは、F1サウジアラビアGPでマックス・フェルスタッペンが優勝、セルジオ・ペレスが4位とダブルポイントフィニッシュを果たすことができたが、クリスチャン・ホーナーの心配は尽きない。

レッドブルF1、第4戦でRB18の車重を削減するアップデートを投入

2022年3月30日
レッドブルF1、第4戦でRB18の車重を削減するアップデートを投入
レッドブル・レーシングは、2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGPで『RB18』の車重を削ぎ落すアップデートを投入する。

開幕戦バーレーンでは失意のリタイアに終わったマックス・フェルスタッペンだが、第2戦サウジアラビアではシャルル・ルクレール(フェラーリ)との激闘を制して勝利。だが、両チームのマシンのパフォーマンスはほぼ互角だった。

レッドブルF1分析:フェルスタッペンの反撃を可能にした“タイヤの熱入れ”

2022年3月29日
レッドブルF1分析:フェルスタッペンの反撃を可能にした“タイヤの熱入れ” / F1サウジアラビアGP決勝
F1サウジアラビアGPの決勝は、終了間際のDRSを絡めた攻防が注目を集めているが、実際にマックス・フェルスタッペンが勝利を手にすることができた要因として、その直前のバーチャルセーフティカー(VSC)後の“タイヤの熱入れ”にF1ジャーナリストのマーク・ヒューズは注目している。

マックス・フェルスタッペンは最終的にF1サウジアラビアGPで勝利をおさめたが、レースの最初から最後までその結果は疑わしいものだった。

フェラーリF1代表 「レッドブルのローダウンフォース選択は分析の価値あり」

2022年3月29日
フェラーリF1代表 「レッドブルのローダウンフォース選択は分析の価値あり」
スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、F1サウジアラビアGPにローダウンフォースのコンフィグレーションを選択するというレッドブル・レーシングの決定は「分析に値する」と語る。

フェラーリとレッドブルは2戦連続で激しい戦いを繰り広げ、フロントランナーのマックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレールのパフォーマンスに差はほとんどなかった。

マックス・フェルスタッペン 「鈴鹿はF1カレンダーに残してほしい」

2022年3月29日
マックス・フェルスタッペン 「鈴鹿はF1カレンダーに残してほしい」
レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは、今後F1カレンダーに新たな開催地が追加されることになっても、少なくともスパ・フランコルシャン、ザントフォールト、そして、鈴鹿サーキットは残ってほしいと考えている。

リバティメディアは、常に新しいサーキットを探しており、そうすることで新しいファンにアローチし、より多くのスペクタクルを生み出そうとしている。今年はマイアミがF1カレンダーに追加され、ラスベガスでレースを開催する可能性も検討されている。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 10 | 11 | 12 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム