フェラーリF1代表 「レッドブルのローダウンフォース選択は分析の価値あり」
スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、F1サウジアラビアGPにローダウンフォースのコンフィグレーションを選択するというレッドブル・レーシングの決定は「分析に値する」と語る。

フェラーリとレッドブルは2戦連続で激しい戦いを繰り広げ、フロントランナーのマックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレールのパフォーマンスに差はほとんどなかった。

決勝ではシャルル・ルクレールが最も多くのラップをリードしたが、レッドブルが予選のスピードトラップですでに示していたRB18の優れた最高速度のおかげでマックス・フェルスタッペンは終了間際にオーバーテイクに成功して勝利を掴んだ。

フェラーリのエンジニアは、主に過度なタイヤデグラデーションを防ぐためにハイダウンフォースのアプローチを固辞したが、金曜日の走行初日にウイングを軽くするというレッドブルの決定に注目している。

シャルル・ルクレールは、ジェッダの序盤の曲がりくねったセクションで明らかに速かったが、マックス・フェルスタッペンと比較した彼のスピードの不足は、ストリート・サーキットのDRS対応セクションでフェルスタッペンをかわすには大きすぎた。

「マックスは金曜日にわずかに高いダウンフォースレベルだったが、そのあと彼はそれを減らした」とマッティア・ビノットは説明した。

「我々は、タイヤデグラデーションに重要だと考えていたので、より高いレベルのダウンフォースを維持することにした。しかし、最終的にレースではタイヤデグラデーションはほとんどなかった」

「彼らの選択は、我々サイドから分析に値すると思う。しかし、全体としてはそれは常に妥協だ」

「最終的にレースを決定づけるのは細部と適切な要素の問題だけだ」

F1は来週メルボルンに向かう。そこではわずかに修正されたレイアウトがF1チームを待っている。

レッドブルのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ダウンフォースの構成に関して、レッドブルとフェラーリがイベントにどのようにアプローチするかを再び見るのは魅力的だと語る。

「最初の2つのレースでそれらを見るのは興味深いことだった」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「確かにここで我々はより低いダウンフォースを走らせるという決定を下した、そして、それは今日うまくいった」

「メルボルンは別の挑戦になるだろう。修正され、今はより速いサーキットになっている。同じように魅力的なものになるだろう」

スクーデリア・フェラーリ VS レッドブル・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / レッドブル / F1サウジアラビアGP