レッドブルF1首脳 「ハミルトンのハードタイヤの分析から勝機を見出した」 / F1サウジアラビアGP決勝
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1サウジアラビアGPでハードタイヤでスタートしたルイス・ハミルトンを注意深く分析することで、マックス・フェルスタッペンのラバーをレース終了まで持たせて勝利を収める方法を見出すことができたと語る。

マックス・フェスタッペンは、50周のレースの16周目にハードコンパンドに交換。リーダーのシャルル・ルクレールを追いかけていたが、VSC(バーチャルセーフティカー)介入後のレースのクライマックスでタイヤの寿命が残っていたのフェルスタッペンの方だった。

それまで、マックス・フェルスタッペンはシャルル・ルクレールから約1.5秒話されていたが、VSCが終わってアクションが再開されると、フェルスタッペンはペースを上げて、ルクレールを執拗に攻撃し、最終的にオーバーテイクを完了させた。

レース後のインタビューで、マックス・フェルスタッペンは、フェルスタッペンは、終盤にアタックするためにハードタイヤを意図的にセーブしていたと明言していたが、ヘルムートマルコは、それはルイス・ハミルトンの状態を注意深く分析していたことで可能になったと語った。

ルイス・ハミルトンは15番手からハードタイヤでレースをスタート。戦略は的中し、ミディアムスタートのドライバーはすぐにタイヤに苦しみ始めて。セーティカーの介入を待ちながらスティントを伸ばして35周目には6番手まで順位を上げていたが、残念ながら、バーチャルセーフティーのタイミングで不運にもピットレーンがクローズとなったことで、レースは崩壊した。

しかし、ルイス・ハミルトンのロングスティントは、注意深い運転で何が可能かをレッドブルに示した。

「最初はハミルトンのハードタイヤのタイヤ摩耗を詳しく調べた」とヘルムート・マルコはAuto Motor und Sportに語った

「我々はマックス本気でプッシュしても大丈夫だと伝えることができた」

マックス・フェルスタッペンがタイヤをセーブする上で考慮しなければならなかった考慮事項の1つは、レッドブルがフェラーリよりもわずかに少ないダウンフォースで走っていたことだった。

それにより、マックス・フェウルスタッペンは、シャルル・ルクレールに追いつくためにタイヤを酷使することなく、テクニカルなセクター1であまり多くのタイムを失わないようにするという微妙な境界線で走らなければならなかった。

「我々は意図的にレースのために車をセットアップした」とヘルムート・マルコは説明した。

「その結果、セクター1で負けていたが、ストレートでは速くかった。コックピットにマックスのようなドライバーがいる場合、それの実行を彼に任せることができる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1サウジアラビアGP