ネルソン・ピケJr. 2009年のトロ・ロッソ移籍を拒否していた

2009年10月17日
ネルソン・ピケ
ネルソン・ピケは、息子のネルソン・ピケJr.が決まりかけていた2009年のトロ・ロッソ移籍を拒否していたことを明らかにしていた。

今シーズン途中でルノーを解雇され、クラッシュゲート事件でF1界の信用を失ったネルソン・ピケJr.だが、父親のアドバイスを聞いていればF1でのキャリアを続けられていたかもしれない。

ネルソン・ピケJr. F1復帰を目指し数チームと交渉

2009年10月7日
ネルソン・ピケJr.
ネルソン・ピケJr.は、再びF1で実力を証明するチャンスを得る覚悟だと語る。

月曜日にNASCARトラックをテストするネルソン・ピケJr.だが、まだF1に復帰することを望んでおり、来シーズンについていくつかのチームと交渉していることを明らかにした。

「F1で自分自身を証明するまで辞めるつもりはない」とピケJr.は語る。

ネルソン・ピケJr. NASCARでレースキャリア再開を目指す

2009年10月5日
ネルソン・ピケJr.
ネルソン・ピケJr.は、レースキャリア再開の場として、アメリカのNASCARに目を向けているようだ。

今シーズン始めにルノーを解雇され、その後クラッシュゲート・スキャンダルを巻き起こしたネルソン・ピケJr.は、F1への復帰はかなり難しいとみられている。

ブラジルのGloboテレビによると、ネルソン・ピケJr.は今週末アメリカに飛んだとしている。

マノー、ネルソン・ピケJr.起用の可能性を否定せず

2009年9月26日
ジョン・ブース マノーF1
マノーのチーム代表であるジョン・ブースは、マノーが2010年にネルソン・ピケJr.を起用する可能性を否定していない。

2010年に新たにF1参戦するマノーは、最終戦アブダビGPでヴァージンとの大型スポンサー契約を発表するとみられており、チーム名は“ヴァージンF1”になるとも言われている。

ハンガリーGP直前にルノーを解雇されたネルソン・ピケJr.は、その後、2008年シンガポールGPでのクラッシュが、チーム首脳に指示された故意のクラッシュだったことを暴露。

ロバート・クビサ 「ルノーはまだ選択肢のひとつ」

2009年9月24日
ロバート・クビサ
ロバート・クビサは、ルノーが八百長レースをしたにも関わらず、ルノーはまだ2010年の選択肢のひとつだと語る。

BMWが今季限りのF1引退を発表したことで、ロバート・クビサは現在市場に出ており、ルノーかウィリアムズが移籍の最有力候補とみられている。

「もちろん、FIAの結果にはいつも以上に関心があったよ。ルノーは将来の選択肢のひとつだし、確かに彼らが留まることは良いことだからね」とクビサは語る。

ネルソン・ピケJr. アメリカでのレースを検討

2009年9月23日
ネルソン・ピケJr.
ネルソン・ピケJr.は、2010年のレースの場をアメリカに求めていることを明らかにした。

クラッシュゲートの当事者であるネルソン・ピケJr.は、捜査に協力したことでFIAから恩赦を与えられた。

しかし、F1に復帰することは困難だと考えており、アメリカでレースをすることを検討していること明らかにした。

ネルソン・ピケJr. 「許されるとは思っていない」

2009年9月22日
ネルソン・ピケJr.
ネルソン・ピケJr.は、世界モータースポーツ評議会後に声明を発表。昨年のシンガポールGPで事件に関与したことを許されるとは思っていないと語り、ゼロからキャリアをスタートしなければならないことを承知していると述べた。

ルノーに2年間の執行猶予付きのレース禁止処分が発表された直後に発表した声明をの中で、ピケJr.は、問題が終わりを迎えたことに満足していると語った。

ピケ・シニア 「去年のブラジルGPでFIAに報告していた」

2009年9月18日
ネルソン・ピケ・シニア
ネルソン・ピケ・シニアは、シンガポールGPでの八百長レースについて、去年の最終戦ブラジルGPでFIAに報告していたことを明らかにした。しかし、息子であるピケJr.が供述書を提出するまで装置はとられなかった。

クラッシュゲートに関する詳しい情報は9月21日に行われる公聴会で明らかになるが、ネルソン・ピケは、2008年のインテルラゴスでF1レースディレクターのチャーリー・ホワイティングにその事実を伝えていたと主張している。

ネルソン・ピケJr.のテレメトリ・データ (2008年F1シンガポールGP)

2009年9月17日
テレメトリ・データ
ネルソン・ピケJr.が、2008年F1シンガポールGPでクラッシュした13/14周目のテレメトリ・データが公開された。

このグラフは、調査員がFIA技術部門が提供したものとされている。

グラフを見ると、ピケJr.はターン17の出口でアクセルを踏み、リアホイールのスピンを誘発している。その後、本能的からか一度アクセルを離しているが、再びアクセルを踏んでマシンをスピンさせ、マシンを壁にクラッシュさせている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム