ネルソン・ピケJr.、ネクストEV TCRと長期契約 / フォーミュラE

2015年6月18日
ネルソン・ピケJr.
現在、フォーミュラE選手権をリードしているネルソン・ピケJr.が、ネクストEV TCRと複数年契約を結んだ。

ネルソン・ピケJr.
「これから先もフォーミュラEでネクストEV TCRと共にレースすることになり、とても嬉しいです。今季、我々は一緒に素晴らしい結果を出すことができましたし、経験を共に積み、またこの選手権の常にチャンピオン候補である勢力あるチームとして成長するつもりです」

フォーミュラE 第6戦 結果:ネルソン・ピケJr.が優勝

2015年4月5日
フォーミュラE
フォーミュラE 第6戦 アメリカ ロングビーチ大会の決勝レースが、アメリカ・ロングビーの市街地コースで行われた。

優勝は、3番グリッドからスタートしたネルソン・ピケJr.(チャイナ・レーシング)。1周目のシケインでポールシッターのダニエル・アプト(アウディ・スポーツABT)を捕えてリードを奪うと、そこからは常にレースを管理。

フォーミュラE:チャイナ、ネルソン・ピケJr.とホーピン・タンを起用

2014年8月21日
フォーミュラE
チャイナ・レーシングは、ネルソン・ピケJr.とホーピン・タンを起用することを発表。アントニオ・ガルシアがリザーブドライバーを務める。

2009年にF1を離れたネルソン・ピケJr.は、その後、NASCARトラックやネーションワイド・シリーズに参戦。今月初めにはワトキンズ・グレンでスプリントカップでデビュー。また、グローバル・ラリークロス選手権で首位につけている。

ネルソン・ピケJr. フォーミュラEカーをテスト

2014年7月24日
ネルソン・ピケJr.
ネルソン・ピケJr.が、フォーミュラEのテストに参加することが明らかになった。

2009年までF1に参戦していたネルソン・ピケJr.は、ドニントンパークで行われるフォーミュラEのテストにチャイナ・レーシングから参加。久々にシングルシーターを走らせる。

現在、グローバル・ラリークロス選手権に参戦するネルソン・ピケJr.は、ランキング首位に立っている。

ネルソン・ピケ、心臓を手術

2013年11月13日
ネルソン・ピケ
3度のワールドチャンピオン、ネルソン・ピケが、心臓の手術を受け、回復に向かっている。

61歳になったネルソン・ピケは、火曜日に血流を改善するためにステント治療を受け、現在サンパウロのアルバート・アインシュタイン病院に入院している。

病院のスポークスマンによると、ネルソン・ピケは進展を果たしているが、少なくとももう1日は集中治療室に残ることになるという。

ネルソン・ピケJr. アイルトン・セナ批判を弁解

2012年8月23日
ネルソン・ピケJr.
ネルソン・ピケJr.は、アイルトン・セナが今のF1では成功しなかったと評したとの報道を否定。アイルトン・セナの技術的な才能についての見解を述べた。

ネルソン・ピケJr.のスポークスマンを務めるルイス・フェラーリは、ピケJr.が同国のアイルトン・セナが今日のマシンではレースに勝てないなどと言うことは“絶対にありえない”とコメント。

ネルソン・ピケJr. 「アイルトン・セナは今のF1では勝てない」

2012年8月22日
ネルソン・ピケJr.
ネルソン・ピケJr.は、同国の偉大なドライバーであるアイルトン・セナを「今のF1では勝てない」と評した。

最近、ネルソン・ピケJr.は、ロマン・グロージャンを「彼はとても幸運だ。チームメイト(キミ・ライコネン)が少し弱く、とても良いマシンがあるときに来たんだからね」と評し、ロータスの2人のドライバーをこき落としていた。

ネルソン・ピケJr. 「グロージャンの活躍は運がいいだけ」

2012年8月21日
ネルソン・ピケJr.
ネルソン・ピケJr.は、今シーズンのロマン・グロージャンの活躍を“運”が良かっただけで“驚異的ではない”と評した。

ネルソン・ピケJr.は、2008年のF1シンガポールGPでの“クラッシュゲート”事件が明るみに出た2009年、シーズン途中でルノーを放出された。その後任としてルノーのシートに座ったのがロマン・グロージャンだった。

ネルソン・ピケJr. F1復帰の可能性を除外

2011年3月2日
ネルソン・ピケJr.
ネルソン・ピケJr.は、F1への門戸を閉ざしていることを認めた。

ルノーで1年半過ごしたネルソン・ピケJr.は、フラビオ・ブリアトーレによって解雇された後、クラッシュゲート騒動の引き金となった。

ネルソン・ピケJr.は、そのあとF1に留まるために動いていたことを認めた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム