ネルソン・ピケ・シニア
ネルソン・ピケ・シニアは、シンガポールGPでの八百長レースについて、去年の最終戦ブラジルGPでFIAに報告していたことを明らかにした。しかし、息子であるピケJr.が供述書を提出するまで装置はとられなかった。

クラッシュゲートに関する詳しい情報は9月21日に行われる公聴会で明らかになるが、ネルソン・ピケは、2008年のインテルラゴスでF1レースディレクターのチャーリー・ホワイティングにその事実を伝えていたと主張している。

イギリスの“Daily Mirror”紙は、8月17日にピケ・シニアと調査員が行ったインタビューの一部を掲載している。

「今回のことがシンガポールで起こったときは、私はそれを真実ことができなかった。私は人生をかけてレースをしていた」

「信じられなかったよ。ネルソンに電話したら、ネルソンは、その通り、彼らは僕が協力できるかどうか要求してきたと言った。私は『でも、おまえが怪我をするかもしれなかったし、お前が怪我をしなくても誰かが怪我をする可能性があった』と言った。彼は『うん。間違ったことだとわかっているけど、どうしようもなかった』と言った」

「とにかく私はブラジルでチャーリーと話している」

「私は彼を捕まえ『いいか、私が訴訟を起こしたら、ネルソンはどうなる?』と言った。私はネルソンキャリアが台無しになることを恐れていた」

イタリアの“コリエ・デラ・セラ”は、また異なるインタビューを掲載。チャーリー・ホワイティングは、問題を「照明できない」とピケ・シニア話したとしている。

ピケがFIAのマックス・モズレーに話したとき、モズレーは次のように反応したという。

「すでにチャーリーから聞いているが、誰かが私に事実を話に来ない限り、我々は何も照明することができない」

ハンガリーGPのあとにピケJr.が告白、FIAは初めて公式にこの問題の調査を始めた。

フラビオ・ブリアトーレは、ピケ陣営に対して恐喝を理由に法的措置をとっているが、ピケ・シニアはそれについてはあまり心配してはいないという。

「やらせておけ。私は最高の弁護士を雇えるだけの金はある。彼が不満を言いたいことはなんだ? 真実に対してか?」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ネルソン・ピケJr.