レッドブル「ピエール・ガスリーは夏休みまでに結果を出さなけれならない」

2019年7月6日
F1 レッドブル ピエール・ガスリー
ピエール・ガスリーは、夏休みまでに結果を出せなければレッドブル・ホンダのF1シートを失うことになりそうだ。

ダニエル・リカルドの後任としてトロロッソからレッドブルに所由書くしたピエール・ガスリーだが、チームメイトのマックス・フェルスタッペンに匹敵することに苦労している。

レッドブルF1代表 「現時点でピエール・ガスリーを交代するつもりはない」

2019年7月3日
F1 レッドブル・ホンダ ピエール・ガスリー
レッドブル・ホンダのF1チーム代表クリスチャン・ホーナーは、ピエール・ガスリーのレッドブルの将来についての推測の事態の収拾に動いた。

レッドブルのドライバーを管理するヘルムート・マルコは、F1オーストリアGP後にピエール・ガスリーのパフォーマンスは“受け入れられない”と発言。ピエール・ガスリー解雇の噂に油を注いだ。

レッドブルF1代表 「ピエール・ガスリーには“Ctrl+Alt+Del”が必要」

2019年7月3日
F1 レッドブル ピエール・ガスリー
レッドブル・ホンダのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、苦境に立たされているピエール・ガスリーには“Ctrl+Alt+Del(リセット)”が必要だと語る。

ダニエル・リカルドの後任として2019年からレッドブル・ホンダでF1を戦っているピエール・ガスリーだが、全体的なペース、一貫性、ペースのどれも苦戦を強いられている。

レッドブル 「ピエール・ガスリーのシーズン途中の交代はない」

2019年7月2日
F1 レッドブル ピエール・ガスリー
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ピエール・ガスリーのパフォーマンスに満足はしていないものの、シーズン途中で交代させることはないと語る。

今年トロロッソからレッドブルに昇格したピエール・ガスリーだが、レッドブルの上層部やファンを満足させるようなパフォーマンスを示すことはできていない。

ピエール・ガスリー、7位入賞 「自分はもっと結果が出せるはず」

2019年7月1日
F1 ピエール・ガスリー ホンダF1
レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは、F1オーストリアGPの決勝レースを7位でフィニッシュした。

ピエール・ガスリーは、ソフトタイヤでのスタートとなり、レース前半の25周目にピットイン。この戦略では、なかなかポジションを上げられない状態が続く。キミ・ライコネンの前には出られたものの、2台のマクラーレンに挟まれた状態でペースを上げられず、7位でフィニッシュ。6ポイントを獲得した。

レッドブル 「ピエール・ガスリーのパフォーマンスは受け入れられない」

2019年6月30日
F1 レッドブル ピエール・ガスリー
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコのピエール・ガスリーに対する我慢は限界に達しつつあるようだ。

以前、ヘルムート・マルコは、ピエール・ガスリーのシート喪失の噂を否定し、今シーズン中にドライバーを変更することはないと語っていた。

しかし、レッドブルのホームレースであるF1オーストリアGPの予選でピエール・ガスリーが9番手という不甲斐ない成績を残りしたことで風向きは変わってきている。

レッドブル、ガスリーに激怒 「ドライビングにだけ集中するべき」

2019年6月30日
F1 レッドブル ピエール・ガスリー
レッドブルのモータースポーツ責任者を務めるヘルムート・マルコは、ピエール・ガスリーの態度を批判。“ドライビングにだけ集中するべき”と爆発した。

今年、トロロッソからレッドブルに昇格したピエール・ガスリーだが、予選でも決勝でもチームメイトのマックス・フェルスタッペンに大差で負けており、シート喪失の推測が高まってる。

ピエール・ガスリー 「肝心なところでミスをした自分にがっかりしている」

2019年6月30日
F1 ピエール・ガスリー
レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは、F1オーストリアGPの予選を9番手で終了。ケビン・マグヌッセン(ハース)のペナルティにより決勝は8番グリッドからスタートする。

Q2を6番手タイムで通過したピエール・ガスリーだが、Q3最終ラップのターン1でミスをし、タイムを伸ばすことができず、9番手で終わった。5番手で終えたケビン・マグヌッセンギアボックス交換によって5グリッド降格となるため、決勝は8番グリッドからスタートする。

ピエール・ガスリー、3番手「見栄えはいいがフェラーリとは0.4秒差」

2019年6月29日
F1 ピエール・ガスリー ホンダF1
レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーが、F1オーストリアGP初日のフリー走行を振り返った。

フリー走行1回目を6番手タイムで終えたマックス・フェルスタッペンは、フリー走行2回目で2番手のバルテッリ・ボッタスと0.07秒差の3番手を記録。レッドブルのマシンにも慣れ、トップ集団の中で力強い走りをみせた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム