ピエール・ガスリー 「F1モナコGPがなくなったらショッキング」

2022年4月19日
ピエール・ガスリー 「F1モナコGPがなくなったらショッキング」
スクーデリア・アルファタウリのF1ドライバーを務めるピエール・ガスリーは、F1カレンダーが拡大してスペースを巡る競争が激化するなかで、F1モナコGPがステータスを失うことになったら“ショッキング”だと語る。

F1は、コンコルド協定で同意された24レースの上限に近づいており、カタールやラスベガスといった新しいグランプリ契約が結ばれる一方で、既存の会場間でF1カレンダー上のポジションを維持するための競争が激化している。

レッドブルF1首脳 「2023年のフェルスタッペンの相方は夏休み前後に決定」

2022年4月18日
レッドブルF1首脳 「2023年のフェルスタッペンの相方は夏休み前後に決定」
レッドブル・レーシングは、2023年のドライバー交代の扉をオープンなままにしている。

現役F1ワールドチャンピオンであるマックス・フェルスタッペンは、2028年までレッドブル・レーシングと長期契約を結んでいるが、最近、モータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは「2014年のような“クラッシュ”を経験した場合、フェルスタッペンによって契約解除条項がトリガーされるかの姓があることを認めている。

F1:ピエール・ガスリー、フランス大統領選での反極右の動きを支持

2022年4月14日
F1:ピエール・ガスリー、フランス大統領選での反極右の動きを支持
スクーデリア・アルファタウリのF1ドライバーであるピエール・ガスリーは、フランス大統領選の『極右』への潜在的な動きを非難するレターに名前を連ねた。

最近、F1サウジアラビアGPでは、F1ドライバーがほぼレースをボイコットしそうになり、GPDAのアレックス・ヴルツ会長は、F1はドライバーが積極的かつ公然と政治的である「非常に迅速な変化」を経験したと語った。

ピエール・ガスリー 「イモラで計画されているアップグレードに期待」

2022年4月13日
アルファタウリF1のピエール・ガスリー 「イモラで計画されているアップグレードに期待」
スクーデリア・アルファタウリのピエール・ガスリーは、次戦F1エミリア・ロマーニャGPで計画されているアップグレードに大きな期待をしている。

2022年F1シーズンのこれまでのところ、スクーデリア・アルファタウリは競争力が低下しているように見える。3レースを終えた時点でチームは10ポイントしか獲得できていない。

ピエール・ガスリー 「残念なレース。2ポイントはありがたく頂く!」

2022年4月10日
ピエール・ガスリー 「残念なレース。2ポイントはありがたく頂く!」 / スクーデリア・アルファタウリ F1オーストラリアGP決勝
ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1第3戦オーストラリアGPの決勝レースで9位入賞を果たした。

11番グリッドからミディアムタイヤでスタートしたピエール・ガスリーは、第1スティントをポイント圏内でドライブしていたが、タイヤ交換をした直後にセーフティカーが入るという不運で大きく後退。それでも、後半に挽回して9位で2ポイントを獲得した。

F1:ピエール・ガスリー、下着規制に「お尻でも××でも好きに調べて」

2022年4月10日
F1:ピエール・ガスリー、下着規制に「お尻でも××でも好きに調べて」
F1ドライバーは、オーストラリアグランプリの金曜日の夜の長いドライバーズフリーフィングで、FIA(国際自動車連盟)からレーシングスーツの下に着用する下着について制限することを通達された。

ロマン・グロージャンの2020年のバーレーンGPのようなマシンが炎上する激しいクラッシュでは、ドライバーがレーシングスーツの下に、ナイロン、アクリル、ポリエステルなどの生地の下着は着用している場合、発火すると溶けて、非常に重度の火傷を負う可能性がある。

ピエール・ガスリー 「マクラーレンとアルピーヌは一歩前進した」

2022年4月9日
ピエール・ガスリー 「マクラーレンとアルピーヌは一歩前進した」 /  スクーデリア・アルファタウリ F1オーストラリアGP 予選
ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1第3戦オーストラリアグランプリの予選を11番手で終えた。

今週末は常にトップ10ギリギリのパフォーマンスだったピエール・ガスリー。特にマクラーレンとアルピーヌが改善を果たしたことで、予選は厳しい戦いとなり、約0.1秒でQ3進出を逃した。

ピエール・ガスリー 「今週末はアルピーヌF1の特にアロンソが強そう」

2022年4月8日
ピエール・ガスリー 「今週末はアルピーヌF1の特にアロンソが強そう」 / スクーデリア・アルファタウリ F1オーストラリアGP 金曜フリー走行
ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1第3戦オーストラリアグランプリ初日のフリー走行を9番手で終えた。

FP1を14番手で終えていたピエール・ガスリーは、FP2で9番手までタイムアップ。ミッドフィールドのライバルであるアルピーヌF1チームは2台がガスリーより上位におり、特にフェルナンド・アロンソは強そうに見えると語った。

ピエール・ガスリー 「僕たちにはポイントを争うことができる車がある」

2022年4月7日
ピエール・ガスリー 「僕たちにはポイントを争えることができる車がある」 / スクーデリア・アルファタウリ F1オーストラリアGP プレビュー
ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)が、2022年F1第3戦オーストラリアグランプリへの意気込みを語った。

開幕戦ではパワーユニットのトラブルによってリタイアを喫したピエール・ガスリーだったが、サウジアラビアでは2戦連続となるQ3進出を果たし、今季8ポイントを獲得。AT03はポイントを争える車だと自信をみせる。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム