アルピーヌF1チーム ガスリーとオコンの同時退団に備える?

2024年4月9日
アルピーヌF1チーム ガスリーとオコンの同時退団に備える?
アルピーヌF1チームは、エステバン・オコンかピエール・ガスリー、あるいはその両方が年末に危機に見舞われたチームを離れるという不測の事態に「備え」ている。

ルノーのワークスチームであるにもかかわらず、このチームは冬から出てきたマシンの中で最も遅いマシンだった。

ピエール・ガスリー F1日本GP予選「立ち上がりでトラクションがかからない」

2024年4月6日
ピエール・ガスリー F1日本GP予選「立ち上がりでトラクションがかからない」
ピエール・ガスリー(アルピーヌ)は、2024年F1日本GPの予選でQ1敗退を喫して17番手だった。

アルピーヌF1チームが苦戦を強いられている状況は変わらず、特にガスリーは開幕から4戦連続でQ1敗退と厳しいシーズンスタートとなっている。

「今日Q1敗退となったのは本当に残念だ」とピエール・ガスリーはコメント。

ピエール・ガスリー F1日本GP展望「僕にとって日本は特別な場所」

2024年4月4日
ピエール・ガスリー F1日本GP展望「僕にとって日本は特別な場所」
ピエール・ガスリー(アルピーヌ)が、2024年F1第4戦日本GPへの展望を語った。

ピエール・ガスリーは日本に馴染みのあるドライバー。F1キャリアに先立ち、2017年に鈴鹿で日本スーパーフォーミュラシリーズに参戦。途中、トロロッソからのF1参戦で離脱したものの、チャンピオン獲得の可能性を賭けて鈴鹿でのシーズン最終週のダブルヘッダーに臨んだが、台風の脅威により両レースとも中止となった。

ピエール・ガスリー F1での将来の所属先は“ワークスチーム”を優先

2024年4月1日
ピエール・ガスリー F1での将来の所属先は“ワークスチーム”を優先
ピエール・ガスリーとアルピーヌとの現在の契約は2024年末に満了となるが、次にレースをする場所の決定に影響を与える重要な要素は“ワークスチーム”の一員であることを明らかにした。

28歳のガスリーはF1キャリアにおいて重要な時期に差し掛かっている。アルピーヌを離れる意向は示していないが、2020年イタリアGPのウィナーは、F1の非常にダイナミックなドライバー市場の喧騒に耳を傾けている。

ピエール・ガスリー フランス3部FCヴェルサイユの共同オーナー就任

2024年3月20日
ピエール・ガスリー フランス3部FCヴェルサイユの共同オーナー就任 / アルピーヌF1チーム
アルピーヌF1のドライバーであるピエール・ガスリーが、フランスのサッカークラブ、FCヴェルサイユの共同オーナーになった。

ガスリーは、パリ近郊のヴェルサイユ市を本拠地とするセミプロクラブの3番目のパートナーとなった。 同クラブは現在、フランスサッカーリーグ3部であるチャンピオンズリーグ(Championnat National)に所属している。

ピエール・ガスリー F1バーレーンGP予選「こうなることは予想していた」

2024年3月2日
ピエール・ガスリー F1バーレーンGP予選「こうなることは予想していた」 アルピーヌF1チーム
ピエール・ガスリー(アルピーヌ)は、2024年F1第1戦バーレーンGPの予選を最下位20番手で終えた。

ガスリーはQ1での最後のアタックでのアウトラップに失敗し、時間内にラインを通過することができなかった。それによってQ2進出のチャンスが失われたと語った。

「厳しい状況になることは分かっていた」とガスリーは語った。

ピエール・ガスリー F1バーレーンGP初日 アルピーヌには「忍耐が必要」

2024年3月1日
ピエール・ガスリー F1バーレーンGP初日 アルピーヌには「忍耐が必要」
ピエール・ガスリーは、2024年F1第1戦バーレーンGP初日のフリー走行を16番手で終了。「忍耐が必要」だと語った。

今年、アルピーヌF1チームはA524で先代モデルから「ステアリング以外」のほぼすべてを全面改良。マシンを理解するために時間を必要とすることは明らかにしていたものの、プレシーズンテストでは昨年最下位のハースF1チームと下位争いが予想された。

ピエール・ガスリー 最下位争いに転落のアルピーヌF1チームに見切り?

2024年2月27日
ピエール・ガスリー 最下位争いに転落のアルピーヌF1チームに見切り?
ピエール・ガスリーは、現在の所属チームであるアルピーヌF1チームがグリッド最後尾に低迷していることで、自分自身を2025年の“シリーシーズン”のドライバーだと考えていることを認めた。

今週末にバーレーンで開幕する2024年シーズンを前に、アルピーヌF1チームのマシンは昨年最下位のハースの後塵を拝することになるかもしれないと考えられている。

ピエール・ガスリー アルピーヌF1の新車は「あまりいい感じではない」

2024年2月25日
ピエール・ガスリー アルピーヌF1の新車は「あまりいい感じではない」
ピエール・ガスリーは、バーレーン・インターナショナル・サーキットで2024年F1マシン『A524』による3日間のテストを終えて、アルピーヌF1チームが「あまりいい感じではない」と認めた。

アルピーヌF1チームは昨シーズンからコンセプトを大幅に変更しており、最適化には時間がかかる可能性があることを認識していた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム