ピエール・ガスリー 2025年のアルピーヌF1チーム残留交渉は「進んでいる」

2024年6月13日
ピエール・ガスリー 2025年のアルピーヌF1チーム残留交渉は「進んでいる」
ピエール・ガスリーは、苦境に立たされているアルピーヌF1チームに2025年も残留することについて交渉中であると語った。

ルノーのチームはエステバン・オコンを2025年シーズンから外したばかりだが、ピエール・ガスリーは、その関係の破綻に自分が関わっていると非難されていることに憤慨しているとCanal Plusに語った。

ピエール・ガスリー オコンのアルピーヌF1退団は「去就には影響しない」

2024年6月7日
ピエール・ガスリー オコンのアルピーヌF1退団は「去就には影響しない」
ピエール・ガスリーは、エステバン・オコンが2024年末にアルピーヌF1チームを離脱し、チームメイトとしての任期が終了するとのニュースが流れる中、チーム内でのオコンとのパートナーシップについて自身の見解を述べた。

ピエール・ガスリーが2023年に現職のエステバン・オコンのチームメイトとして同じチームに加わったとき、ジュニアレーシング時代に2人の間に築かれた緊張関係がこの先どのような影響を与えるのか、さまざまな憶測が飛び交った。

ピエール・ガスリー アルピーヌF1チーム残留?移籍?「詳しく語りたくない」

2024年6月5日
ピエール・ガスリー アルピーヌF1チーム残留?移籍?「詳しく語りたくない」
ピエール・ガスリーは2024年のF1シーズン終了後の将来について口を閉ざしているが、グリッド上で「より良いポジションを目指して戦いたい」と認めた。

アルピーヌF1チームは、ガスリーの現在のチームメイトであるエステバン・オコンとの契約を今季限りで解消することを明らかにしているが、ガスリーの契約も今季限りで満了となり、2025年に向けての選択肢を検討していることを隠していない。

ピエール・ガスリー F1モナコGP決勝「オコンは変わる必要がある」

2024年5月27日
ピエール・ガスリー F1モナコGP決勝「オコンは変わる必要がある」
ピエール・ガスリーは、2024年第8戦F1モナコGPの決勝を10位でフィニッシュ。オープニングラップで接触したアルピーヌのチームメイト、エステバン・オコンに 「変化を起こす 」よう求めた。

オーバーテイクが難しいコース上での予選でガスリーが10番手、オコンが11番手と、アルピーヌは今季最高の予選結果を残した。スタート直後にカルロス・サインツJr.(フェラーリ)がパンクしたため、アルピーヌ勢は9番手と10番手に上がったが、オコンはポルティエでチームメイトのイン側に飛び込み、ホイールが接触した。

ガスリー F1エミリア・ロマーニャGPでセナに敬意を表したヘルメット

2024年5月11日
ピエール・ガスリー F1エミリア・ロマーニャGPでセナに敬意を表したヘルメット
ピエール・ガスリーは、伝説のドライバー、アイルトン・セナに敬意を表し、来週末のF1エミリア・ロマーニャGPで着用する特別なヘルメットを公開した。

来週末のF1エミリア・ロマーニャGPは、アイルトン・セナの悲劇的な死から30年を迎えることから、心からの追悼の言葉で満たされることは間違いない。伝説のドライバーは、来週末のF1レースの開催地であるイモラで開催された1994年のサンマリノGP中に事故により命を落とした。

ピエール・ガスリー 2025年にむけてウィリアムズF1と移籍交渉?

2024年4月26日
ピエール・ガスリー 2025年にむけてウィリアムズF1と移籍交渉?
ピエール・ガスリーが2025年F1シーズンに向けてウィリアムズと移籍交渉を開始したとSky SportsのF1コメンテーターであるデヴィッド・クロフトが示唆した。

F1ドライバー市場をめぐる新たな動きが毎日のように出ている。ドイツのメディアで報じられたように、ニコ・ヒュルケンベルグは2025年にザウバーと3年契約を結ぶことに近づいている。

ピエール・ガスリー F1中国GPの“恐ろしい”ピットストップを説明

2024年4月23日
ピエール・ガスリー F1中国GPの“恐ろしい”ピットストップを説明
ピエール・ガスリーは、F1中国GPで右リアタイヤのメカニックを倒してしまった「恐ろしい」ピットストップを振り返った。良いニュースは彼のメカニックが「元気」であることだ。

中国GPで15番グリッドから急浮上してポイントを獲得しようとしたガスリーのチャンスは、19秒間のピットストップで妨げられた。

ピエール・ガスリーが語るF1日本GPがドライバーにとって特別な理由

2024年4月14日
ピエール・ガスリーが語るF1日本GPがドライバーにとって特別な理由
ピエール・ガスリーが、F1日本GPがドライバーにとって特別な理由を語った。

F1日本GPは常にF1ドライバーにとって非常に特別な雰囲気を提供する。日本でスーパーフォーミュラに参戦したピエール・ガスリーは、もちろん角田裕毅とともに、この国のグリッドに最も慣れているドライバーの一人だ。

アルピーヌF1チーム ガスリーとオコンの同時退団に備える?

2024年4月9日
アルピーヌF1チーム ガスリーとオコンの同時退団に備える?
アルピーヌF1チームは、エステバン・オコンかピエール・ガスリー、あるいはその両方が年末に危機に見舞われたチームを離れるという不測の事態に「備え」ている。

ルノーのワークスチームであるにもかかわらず、このチームは冬から出てきたマシンの中で最も遅いマシンだった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム