ピエール・ガスリー、ハミルトンを抑えて6位「前をキープできて満足」

2021年5月24日
ピエール・ガスリー、ハミルトンを抑えて6位「前をキープできて満足」 / アルファタウリ・ホンダ F1モナコGP 決勝
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、2021年のF1世界選手権 第5戦 F1モナコGPの決勝レースで、ルイス・ハミルトンを抑えて6位でフィニッシュした。

5番グリッドからスタートしたピエール・ガスリーは30周目にピットストップ。後ろにいたルイス・ハミルトン(メルセデス)が1周前にピットへ入った動きに反応し、ハミルトンの前でコースへ復帰する。

ピエール・ガスリー 「6番手は大きな成果。心から満足している」

2021年5月23日
ピエール・ガスリー 「6番手は大きな成果。心から満足している」 / アルファタウリ・ホンダ F1モナコGP 予選
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、2021年のF1世界選手権 第5戦 F1モナコGPの予選を6番手で終えた。

赤旗中断前に素晴らしいラップをマークしたピエール・ガスリーは「今日の予選には心から満足している。ほかのドライバーがマシンの力を最大に活かせない中で、僕らはベストを引き出せたのだと思う。今日の予選結果は大きな成果だ」とコメント。

アルピーヌF1、2022年のピエール・ガスリー起用の噂を否定

2021年5月22日
アルピーヌF1、2022年のピエール・ガスリー起用の噂を否定
アルピーヌF1のCEOを務めるローラン・ロッシは、2022年にピエール・ガスリーをドライバーに起用するとの噂を否定した。

最近、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、アルファタウリ・ホンダで好パフォーマンスを発揮しているピエール・ガスリーのレッドブル・レーシングへの復帰の可能性を除外する発言をしている。

ピエール・ガスリー 「マシンに自信を感じてハードにプッシュできた」

2021年5月21日
ピエール・ガスリー 「マシンに自信を感じてハードにプッシュできた」 / アルファタウリ・ホンダ F1モナコGP 木曜フリー走行
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、2021年のF1世界選手権 第5戦 F1モナコGPの金曜フリー走行を7番手で終えた。

FP1を4番手タイムを好調なスタートを切ったピエール・ガスリーだったが、やや厳しいセッションとなる。ソフトタイヤでのアタック時にトラフィックに遭遇したことも影響し、ガスリーは7番手で初日の走行を終えた。

レッドブルF1幹部 「ガスリーよりペレスのアプローチの方が正しい」

2021年5月20日
レッドブルF1幹部 「ガスリーよりペレスのアプローチの方が正しい」
ピエール・ガスリーがレッドブル・レーシングに復帰するという希望は、モータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコによって打ち砕かされた。

ヘルムート・マルコは、レッドブルF1のドライバープログラムの責任者であり、マックス・フェルスタッペンの最近のチームメイトの任命に最も直接的な責任を持っている。

ピエール・ガスリー 「レース結果の95%は予選で決まる」

2021年5月19日
ピエール・ガスリー 「レース結果の95%は予選で決まる」 / アルファタウリ・ホンダ F1モナコGP プレビュー
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーが、2021年のF1世界選手権 第5戦 F1モナコGPへの意気込みを語った。

「スペインを振り返ると、かなりタフなレースウイークだった。特に予選が順調にいかず、100分の2秒差でQ3進出を逃したのはよくなかったし、12番手で今季初めてトップ10グリッドに入れなかった。がっかりしたし、他のチームが改善して向上してきたことを示しており、差はかなり小さくなってきた」とピエール・ガスリーは前戦F1スペインGPを振り返る。

ピエール・ガスリー 「アルファタウリ・ホンダF1は開幕から後退している」

2021年5月13日
ピエール・ガスリー 「アルファタウリ・ホンダF1は開幕から後退している」
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、シーズン開幕以来、主要なライバルと比較してチームは“後退”したと語る。

バーレーンとイモラで予選5番手を獲得したピエール・ガスリーだが、ポルトガルでは9番手、バルセロナでは12番手と徐々に後退。F1スペインGPではスタート前にグリッドボックスをオーバーシュートし、5秒のストップ&ゴー ペナルティを科せられる状況になったが10位まで挽回し、3戦連続でポイントを獲得している。

ピエール・ガスリー 「角田裕毅はメディア論争から学んで成長するはず」

2021年5月11日
ピエール・ガスリー 「角田裕毅はメディア論争から学んで成長するはず」 / アルファタウリ・ホンダF1
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、チームメイトの角田裕毅が、F1スペインGPでの発言がチーム批判だとメディアで論争となったことを受けて、今後は自分の感情をうまくコントロールすることを学ぶだろうと考えている。

角田裕毅は、F1スペインGPの予選Q1でノックアウトされた後、ピットレーンに戻る途中で『I can't f***ing believe this car!(このマシン、まったく信じられないよ!)』と無線でチームに不満を垂れた。

ピエール・ガスリー 「グリッド位置をミスしてしまった自分に腹が立つ」

2021年5月10日
ピエール・ガスリー 「グリッド位置をミスしてしまった自分に腹が立つ」 / アルファタウリ・ホンダ F1スペインGP 決勝
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、2021年のF1世界選手権 第4戦 F1スペインGPの決勝で10位入賞を果たした。

ピエール・ガスリーは、スタート時にグリッドを越えた位置にストップしたことで5秒加算のタイムペナルティーを科される苦しい展開となった。12番グリッドからスタートしたガスリーは、ホンダF1パワーユニット勢の中で一番早い、18周目にピットイン。ペナルティー消化後、ミディアムタイヤに交換する。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム