ピエール・ガスリー 「アルファタウリのF1マシンは7~8番手」

2022年5月6日
ピエール・ガスリー 「アルファタウリのF1マシンは7~8番手」
ピエール・ガスリーは、2022年シーズン前半のパフォーマンスに基づき、スクーデリア・アルファタウリはフィールドの下半分に入ると考えている。

現在、スクーデリア・アルファタウリはコンストラクターズチャンピオンシップで7位につけており、角田裕毅はドライバーズチャンピオンシップで12位であり、チームメイトのピエール・ガスリーを1位4ポイント上回っている。

ピエール・ガスリー 「シミュレーターで130周くらい走って準備してきた」

2022年5月6日
ピエール・ガスリー 「シミュレーターで130周くらい走って準備してきた」 / スクーデリア・アルファタウリ F1 マイアミGP プレビュー
ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)が、2022年F1第5戦マイアミGPへの意気込みを語った。

前戦エミリア・ロマーニャGPで、ピエール・ガスリーは、金曜日の予選から歯車がかみ合わず、スプリントではクラッシュ、決勝でもDRSトレインを抜け出せず、ポイント圏外でレースを終えた。

F1:ピエール・ガスリー、NBAのマイケル・ジョーダンとディナー

2022年5月6日
F1:ピエール・ガスリー、NBAのマイケル・ジョーダンとディナー
スクーデリア・アルファタウリのF1ドライバーであるピエール・ガスリーは、NBAのレジェンド、マイケル・ジョーダンとディナーを楽しんだ。

ピエール・ガスリーは、ソーシャルメディアにマイケル・ジョーダンとの時間を投稿。マイケル・ジョーダンがピエール・ガスリーのヘルメットをかぶり、テーブルにはサインペンが置かれていることから、サインを交換したことが示されている。

アルファタウリF1代表、ピエール・ガスリーの次のF1移籍を疑問視

2022年5月3日
アルファタウリF1代表、ピエール・ガスリーの次のF1移籍を疑問視
スクーデリア・アルファタウリのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは、ピエール・ガスリーのチーム移籍が必ずしも彼をF1グリッドの上位に引き上げるとは考えていない。

セルジオペレスの現在の1年契約が2022年に満了する中、ピーエル・ガスリーはレッドブル・レーシングで2度目のチャンスを得るために懸命に努力している。

メルセデスF1、ハミルトンがガスリーを抜けなかった理由を説明

2022年4月30日
メルセデスF1、ハミルトンがガスリーを抜けなかった理由を説明
メルセデスF1は、エミリア・ロマーニャGPの決勝で、ルイス・ハミルトンがピエール・ガスリーの後ろで苦戦を強いられたのは、スプリントで経験した問題の継続であったことを確認した。

ルイス・ハミルトンにとって、エミリア・ロマーニャGPは苛立たしい午後となった。一斉にスリックタイヤに交換したピットストップでの混乱などもあり、レースの大部分でスクーデリア・アルファタリのピエール・ガスリーを後ろで過ごした。

ピエール・ガスリー 「ハミルトンを抑えるのはそれほど難しくなかった」

2022年4月25日
ピエール・ガスリー 「ハミルトンを抑えるのはそれほど難しくなかった」 / F1 エミリア・ロマーニャGP 決勝
ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGPでDRSトレインのなかで苛立たしいレースとなったが、ルイス・ハミルトンを抑えることはそれほど難しくなかったと語る。

ルイス・ハミルトンは、F1エミリア・ロマーニャGPの予選とスプリントの両方でメルセデスF1のチームメイトのジョージ・ラッセルの後塵を拝し、決勝でもラッッセルが4位でフィニッシュしたのに対し、ミッドフィールドから抜け出すことができず14位でレースを終えた。

ピエール・ガスリー 「DRSトレインから抜け出せないもどかしいレース」

2022年4月25日
ピエール・ガスリー 「DRSトレインから抜け出せないもどかしいレース」 / スクーデリア・アルファタウリ F1 エミリア・ロマーニャGP 決勝
ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGPの決勝を12位で終えた。

今週末、予選、スプリントで角田裕毅の後塵を拝したピエール・ガスリーは、決勝でのパフォーマンスに苦しみ、ミッドフィールドのDRSトレインから抜け出すことができず、12位でレースを終えた。

ピエール・ガスリー、周冠宇と接触「望んだように進んでいない」

2022年4月24日
ピエール・ガスリー、周冠宇と接触「望んだように進んでいない」 / スクーデリア・アルファタウリ F1 エミリア・ロマーニャGP スプリント
ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファアウリ)は、2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGPのスプリントを17位で終えた。

17番グリッドからスタートしたピエール・ガスリーは、オープニングラップで周冠宇(アルファロメオF1)と接触して、右フロントタイヤとフロントウイングの交換を余儀なくされた。

ピエール・ガスリー、Q1敗退17番手「何が起こったのか分からない」

2022年4月23日
ピエール・ガスリー、Q1敗退17番手「何が起こったのか分からない」 / スクーデリア・アルファタウリ F1 エミリア・ロマーニャGP予選
ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGPの予選でQ1敗退を喫して17番手で終えた。

Q1では路面がどんどん乾いて進化していき、終了間際に多くのドライバーがタイムを更新した。しかし、ガスリーはそのシークエンスから外れ、チームメイトの角田裕毅にも敗れて17番手だった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム