F1メキシコGPの2021年11月のF1情報を一覧表示します。

F1マシン解説:レッドブル・ホンダ、第18戦でも細部をアップデート

2021年11月12日
F1マシン解説:レッドブル・ホンダ、第18戦でも細部をアップデート
F1メキシコGPは、レッドブル・ホンダとメルセデスとのタイトル争いの重要なステージとなった。マックス・フェルスタッペンが圧倒的な独走劇で勝利を挙げ、19ポイントにリードを広げ、レッドブル・ホンダに勢いは傾いた。

標高2,000メートル以上に位置し、空気が非常に薄いエルマノス・ロドリゲス・サーキットは、技術的およびエンジンの観点から、特に冷却要件にとって非常に厳しい。

ハースF1のニキータ・マゼピン、メキシコでクラブから追い出される?

2021年11月12日
ハースF1のニキータ・マゼピン、メキシコでクラブから追い出される?
ニキータ・マゼピンの代理人は、先週の日曜日にマゼピンがメキシコでクラブから追い出されたとの主張に反論した。

ニキータ・マゼピンは、ハースF1のメカニック、仲間のF1ドライバーであるジョージ・ラッセルとアレクサンダー・アルボンとともにメキシコのクラブを訪れたが、お店のスタッフと口論になっている動画がTikTokで公開された。

ロス・ブラウン 「F1メキシコGPはレギュレーション変更の必要性を正当化」

2021年11月11日
ロス・ブラウン 「F1メキシコGPはレギュレーション変更の必要性を正当化」
F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、先週末のF1メキシコGPと上位勢のアクション不足は、改めてF1に2022年にレギュレーション変更が必要なことを正当化したと考えている。

F1メキシコGPは、オープニングラップと1コーナーで起こった興奮を除けば、レースは淡々と進み、ピットストップでポジションが一時的に変更された場合を除いて、トップ6の順位は比較的変化しなかった。

レッドブルF1首脳 「フェルスタッペンは残り4戦で全勝を狙っている」

2021年11月11日
レッドブルF1首脳 「フェルスタッペンは残り4戦で全勝を狙っている」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、2021年の残り4戦でルイス・ハミルトンに19ポイントのリードを築いただけでは“クルーズ”モードには決して入ることはない。

「彼はすべてのレースで勝利を目指してドライブしている」とマックス・フェルスタッペンがF1メキシコGPで勝利した後、モンテスマの復讐ふくしゅう(メキシコ旅行者がかかる下痢)から回復していることを明らかにしたヘルムート・マルコは宣言した。

マックス・フェルスタッペン、2021年F1シーズンの最多勝利獲得が確定

2021年11月11日
マックス・フェルスタッペン、2021年F1シーズンの最多勝利獲得が確定
F1メキシコGPで今季9勝目を挙げたマックス・フェルスタッペンは、2021年F1シーズンの最多勝利の称号を手にすることが確定した。

2014年にF1にV6ターボハイブリッドが導入されて以来、全シーズンでルイス・ハミルトンが最も多くのウィナーとなっている。今年も残りのレースですべて勝てば、フェルスタッペンの9勝に並ぶことはできるが、超えることはできない。この先、フェルスタッペンが1勝でも挙げることができれば、単独でシーズン最多ウィナーとなる。

ロス・ブラウン 「フェルスタッペンにミハエル・シューマッハを見た」

2021年11月10日
ロス・ブラウン 「フェルスタッペンにミハエル・シューマッハを見た」 F1メキシコGP 決勝
F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、F1メキシコGPで勝利を挙げたマックス・フェルスタッペンに7回のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハを重ね合わせた。

マックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトンと寄せ付けない圧倒的な走りで16秒以上の差をつけてフィニッシュ。今季9諸目を上げたフェルスタッペンは、残り4戦でハミルトンとの差を19ポイントに拡大した。

マックス・フェルスタッペン、メルセデスのボッタス批判は「薄っぺらい」

2021年11月10日
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペン、メルセデスのボッタス批判は「薄っぺらい」 F1メキシコGP
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、F1メキシコGPでのバルテリ・ボッタスのドライビングに対するトト・ヴォルフの批判は“非常に薄っぺらい”ものだと感じている。

F1メキシコGPでポールポジションを獲得したバルテリ・ボッタスだが、スタートでマックス・フェルスタッペンを抑えることができず、アウトサイドからフェルスタッペンの先行を許した。

レッドブル・ホンダF1分析:ブレーキへの信頼度と路面温度への対応で明暗

2021年11月10日
レッドブル・ホンダF1分析:ブレーキへの信頼度と路面温度への対応で明暗 / F1メキシコGP 決勝
レッドブル・ホンダF1は、F1メキシコGPの決勝で予選から一転、マックス・フェルスタッペンが独走で優勝を果たした。そこには1コーナーでのメルセデス勢でのブレーキへの信用度の違いと、予選で失敗した路面温度とタイヤへの読みが要因として挙げられる。

予選でメルセデス勢に先行を許したマックス・フェルスタッペンだが、1コーナーまでのストレートでバルテリ・ボッタスのスリップストリームを使ってアウトサイドでレイトブレーキングをして2台を一気にオーバーテイク。そこからはメルセデスを寄せ付けなかった。

メルセデスF1代表 「スチュワードはリカルドを調査すべきだった」

2021年11月10日
メルセデスF1代表 「スチュワードはリカルドを調査すべきだった」 F1メキシコGP
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、F1メキシコGPのスチュワードは、ダニエル・リカルドがバルテリ・ボッタスをスピンさせた1コーナーにインシデントを調査すべきだったと考えている。

F1メキシコGPのオープニングラップで、マックス・フェルスタッペンにアウトサイドで抜かれたバルテリ・ボッタスが、コーナーのエイペックスでインサイドを突いてきたダニエル・リカルドにリアをヒットされてスピン。ポイント圏外へと脱落した。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 11 | 12 | 13 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム