メルセデスF1代表 「スチュワードはリカルドを調査すべきだった」 F1メキシコGP
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、F1メキシコGPのスチュワードは、ダニエル・リカルドがバルテリ・ボッタスをスピンさせた1コーナーにインシデントを調査すべきだったと考えている。

F1メキシコGPのオープニングラップで、マックス・フェルスタッペンにアウトサイドで抜かれたバルテリ・ボッタスが、コーナーのエイペックスでインサイドを突いてきたダニエル・リカルドにリアをヒットされてスピン。ポイント圏外へと脱落した。

スチュワードは、事故のリプレイを確認したが、典型的なオープニングラップのインシデントだと判断して、それ以上に調査は行わなかった。

だが、トト・ヴォルフはその見解に納得してない。

「スチュワードは調べるべきだと思う」とトト・ヴォルフは記者団に語った。

「後から考えれば、彼らがペナルティを検討しなかったのは驚きだった」

皮肉なことに、クラッシュの結果として両方がピットインし、二人は残りのレースの大部分を一緒に走ることになったが、バルテリ・ボッタスは同じメルセデスのF1エンジンを搭載するマクラーレンをパスすることができなかった。

ダニエル・リカルドは「僕はペレスのインサイドに行った。ある時点で自分がロックしたことは覚えている。次の70周にわたって頭の中でそれを再生し、自分がロックしてバルテリに突っ込んだと思っていた。だから、ある意味、自分を責めていた」とコメント。

「でも、リプレイを見ると、私はストレートフェーズでロックし、実際に回復してからターンインしたように見えた。そして、十分なスペースがなかったように見えた」

「そこでバルテリがと横切ってきた。おそらく彼はそこに少しすぺーくがあることを期待していたんだろうけど、ペレスと僕がいた。もちろん、バルテリを非難するつもりはない」

「彼をにヒットしたのは僕だ。でも正直なところ、リプレイを見れば、それは1周目のインシデントであり、僕が楽観的だったかもしれない。でも、スペースがあって、僕が行かなければ他の人が行くだろうし、そうすれば自分が損をすることになる」

マクラーレンのチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは「私の観点からあれはレーシングインシデントだった」と語る。

「ダニエルはなんとかエイペックスを作ることができていた。同時に、バルテリはたくさんのマシンが周りにいて非常に鋭くアウトサイドから交差していた」。

「ダメージがどれだけの犠牲になったか、コンマ周秒単位では正確にはわからない。しかし、ピットストップですぐに見たところ、かなりダウンフォースを失っていることが数でわかった。それがマシンのバランスを少し変えていたと思う」

F1トルコGPでは、同じような事故でフェルナンド・アロンソをスピンさせたピエール・ガスリーにペナルティが科せられていた。

インシデントの調査に一貫性が欠けているのではないかと質問されたF1レースディレクターのマイケル・マシは「いいや、一貫性が欠如しているとは思わない。特定のメリットについてすべてを検討する必要がある」とコメント。

「すべてのインシデントを見て、それがどういうものかを見なければならない。スタートに関して、トルコはウェットだった。今回はドライだった。コーナーの構成はまったく異なる。言ったように、多くのことがあるなかで、私はインシデントとは見なさなかった」

ダニエリ・リカルドがメルセデスにぶつかる前にエイペックスを作ったという事実がスチュワードの決定に影響を与えたかどうか質問されたマイケル・マシは「それがシナリオかもしれない。それらがすべて比較される場所のマシンの近さを見てほしい。他にも、様々な要因が関係している。スチュワードの見解は、今回はターン1のレーシングインシンデントということだった」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1メキシコGP