ロス・ブラウン 「フェルスタッペンにミハエル・シューマッハを見た」 F1メキシコGP 決勝
F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、F1メキシコGPで勝利を挙げたマックス・フェルスタッペンに7回のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハを重ね合わせた。

マックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトンと寄せ付けない圧倒的な走りで16秒以上の差をつけてフィニッシュ。今季9諸目を上げたフェルスタッペンは、残り4戦でハミルトンとの差を19ポイントに拡大した。

マックス・フェルスタッペンは、スタートでメルセデスの2台をアウトサイドで見事なレイトブレーキングで抜き去った。

その走りは、ロス・ブラウンは、ミハエル・シューマッハとマックス・フェルスタッペンの比較を引き出した。

「マックスはミスを犯さなかった。印象的なパフォーマンスだった。ドライバー・オブ・ザイ・デイのに感動的な投票を得たのはチェコ(ペレス)だが、私としては、最初のコーナーでの彼のコントロール、セーフティカーのリスタートをいかに完璧など実現したか、そして、その後誰も近づけなかったマックスに入れなければならない」

「レッドブルのボス、クリスチャン・ホーナーは、レース後、マックスがスタートで使用できる可能性のある戦略を評価することに多くの時間を費やしたと語っていた。それはミハエル・シューマッハが週末のレース前の木曜日にトラックを歩いていたことを思い出させる」

「状況が不利な場合、彼はコーナーを見て、脱出ルートをチェックしていた。そうすることで、彼は大胆な動きから安全に逃げ、その動きをより自信を持ってできるかどうかを把握していた。マックスはメキシコで最初のコーナーを非常にうまく吟味し、自信を持ってそれを成功させた」

また、ザク・ブラウンは、3戦連続で表彰台を獲得したセルジオ・ペレスがレッドブル・ホンダでの生活にいかにうまく適応しているかを称賛した。

「レッドブルでのチェコは少し苦労していたので少し心配だったが、典型的なスタイルで、彼はRB16を乗りこなすために何をしなければならないかに真剣にとりかかり、考え出した」

「彼は慌てず、深く掘り下げ、エンジニアと協力してマシンをより快適にした。チェコは現在、レッドブルが彼と契約したときに望んでいた仕事をしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / ミハエル・シューマッハ / F1メキシコGP