2021年11月のF1情報を一覧表示します。

中嶋一貴 「サー・フランクからの助言はアスリートとしてのコアとなった」

2021年11月30日
元ウィリアムズF1の中嶋一貴 「サー・フランクからの助言はアスリートとしてのコアとなった」
元ウィリアムズのF1ドライバーである中嶋一貴が、フランク・ウィリアムズ卿のご逝去についてコメントを発表した。

中嶋一貴は、トヨタがウィリアムズF1にカスタマーエンジンの供給を開始した2007年にサードドライバーに就任。最終戦F1ブラジルGPで引退を発表したアレクサンダー・ヴルツに代わってF1デビュー。日本人として17人目のF1ドライバーとなった

レッドブルF1代表 「チームとしてはメルセデスより優れている」

2021年11月30日
レッドブルF1代表 「チームとしてはメルセデスより優れている」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、今シーズンのレッドブル・ホンダF1はメルセデスよりも“全体的に”優れていることを示していると考えている。

22戦の2021年のF1世界選手権も残り2戦。レッドブル・ホンダF1は、コンストラクターズ選手権でメルセデスF1を5ポイント差で追い、ドライバーズ選手権ではマックス・フェルスタッペンが8ポイントリード。両方のタイトルを獲得するチャンスはまだある。

メルセデスF1、残り2戦でのボッタス/ラッセルのスワップ案を拒否

2021年11月29日
メルセデスF1、残り2戦dえのボッタス/ラッセルのスワップ案を拒否
メルセデスF1のトト・ヴォルフは、2021年の最後の2レースでジョージ・ラッセルを乗せるべきだとの提案を拒否した。

メルセデスF1のジュニアドライバーであるジョージ・ラッセルは、F1サウジアラビアGPとF1アブダビGPでウィリアムズとの3年間の“ローン”期間が終了し、2022年にメルセデスFのワークスチームに昇格することが決定している。

アルファタウリ・ホンダF1 「2022年の角田裕毅とガスリーの継続は正しい動き」

2021年11月29日
アルファタウリ・ホンダF1 「2022年の角田裕毅とガスリーの継続は正しい動き」
アルファタウリ・ホンダF1のテクニカルディレクターを務めるジョディ・エギントンは、大幅なレギュレーションが導入される2022年にピエール・ガスリーと角田裕毅を継続するという決断は正しい動きだと考えている。

2022年にF1マシンは根本的に変更され、アルファタウリ・ホンダF1は、現行ドライバーライナップを維持することで移行を支援するという決定をした。

“車いすの闘将”フランク・ウィリアムズ、F1に捧げた逆境の人生

2021年11月29日
“車いすの闘将”フランク・ウィリアムズ、F1に捧げた逆境の人生
“車いすの闘将”として知られたフランク・ウィリアムズは、コーリン・チャップマンやエンツォ・フェラーリと並んで、アラン・プロスト、アイルトン・セナ、ナイジェル・マンセルといった象徴的なF1のスターと同等の公的地位と称賛を達成した数少ないF1チームマネージャーのひとりだった。

1980年代のF1ファンにとって、フランク・ウィリアムズの名を冠したF1チームは、スポーツの中心であり、何百万人もの人々に疑いの余地のないインスピレーションを与えた。

F1レースディレクター、常設スチュワード待望論に反論

2021年11月29日
F1レースディレクター、常設スチュワード待望論に反論
F1レースディレクターのマイケル・マシは、F1のルールの適用における矛盾を解決するために常設のスチュワードを置くべきだとの論調に反論した。

F1ブラジルGPでのマックス・フェルスタッペンのルイス・ハミルトンへの防御がお咎めなしとの裁定を受けたことを受け、過去数週間でレース関係者とFIAは、オブザーバーとドライバーから攻撃を受けている。

レッドブルF1 「エイドリアン・ニューウェイはRB18の頭脳」

2021年11月29日
レッドブルF1 「エイドリアン・ニューウェイはRB18の頭脳」
レッドブルF1のヘルムート・マルコは、チームは幅広いエンジニアリングの才能に頼ることができるが、それでも最高技術責任者のエイドリアン・ニューウェイは、ミルトンキーンズのデザインオフィスの“不可欠”なコンポーネントであり続けていると語る。

レッドブル・ホンダは、ライバルのメルセデスとの激しいタイトル争いを繰り広げているが、メルセデスは早い段階からまったく新しい2022年F1マシンに完全に焦点を移行している。

マックス・フェルスタッペン 「いつか父とル・マン24時間に挑戦したい」

2021年11月29日
レッドブルF1のマックス・フェルスタッペン 「いつか父とル・マン24時間に挑戦したい」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、いつか父親のヨス・フェルスタッペンと一緒にル・マン24時間レースを戦いたいという気持ちが心の片隅にあると認める。

マックス・フェルスタッペンは、F1に100%コミットしており、特に今年はルイス・ハミルトンとのタイトル争いに完全に没頭しているが、過去にル・マン24時間レースに父親のヨス・フェルスタッペンを含んでラインナップで挑戦したいという願望があることを示唆していた。

レッドブルF1代表 「メルセデスの“異常”な直線スピードは封じられた」

2021年11月29日
レッドブルF1代表 「メルセデスの“異常”な直線スピードは封じられた」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、メルセデス W12の“異常”な直線スピードが、カタールで封じられたと考えている。

メルセデスとレッドブル・ホンダF1のコース内外の激戦は、2021年シーズン後半も続いている。レッドブルF1陣営は、メルセデスがマシンの直線スピードを上げるためにリアウイングを含めたレギュレーション違反をほのめかして憶測の旋風を引き起こしている。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 65 | 66 | 67 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム