レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペン、メルセデスのボッタス批判は「薄っぺらい」 F1メキシコGP
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、F1メキシコGPでのバルテリ・ボッタスのドライビングに対するトト・ヴォルフの批判は“非常に薄っぺらい”ものだと感じている。

F1メキシコGPでポールポジションを獲得したバルテリ・ボッタスだが、スタートでマックス・フェルスタッペンを抑えることができず、アウトサイドからフェルスタッペンの先行を許した。

レース後、メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフとチームメイトのルイス・ハミルトンの両方がバルテリ・ボッタスに批判的なコメントを残した。ハミルトンはボッタスがフェルスタッペンに対して「明らかにドアを開けたままにしていた」と語り、トト・ヴォルフはあまりに多くのスペースを残していたと述べた。

トト・ヴォルフは、バルテリ・ボッタスがマックス・フェルスタッペンに残りスペースについて「あれは起こるべきではなかった」と Sky Sports F1 に語った。

「我々は前に2台のマシンがいたが、マックスがアウトサイドに出るための航路を開いたようなものだった」

「その後のスピンはあったが、それでも3位または4位であった可能性がある。ポイントを完全に装置つしたことは控えめに言っても腹立たしい」

独走で優勝したマックス・フェルスタッペンは、バルテリ・ボッタスがそれほど悪いことはしていなかったと擁護した。

実際、バルテリ・ボッタスに対するトト・ヴォルフの批判は「非常に薄っぺらい」ものだ語り、彼が何について話しているのかさえわからないと語った。

「車幅分のスペースを残していなければ、ボッタスははペナルティを受けたであろう」とマックス・フェルスタッペンは De Telegraaf 語ったデ・テレグラーフを。

「トトが何を話しているのか分からない。バルテリのせいにするのは簡単だが、とても薄っぺらいと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1メキシコGP