レッドブルF1首脳 「フェルスタッペンは残り4戦で全勝を狙っている」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、2021年の残り4戦でルイス・ハミルトンに19ポイントのリードを築いただけでは“クルーズ”モードには決して入ることはない。

「彼はすべてのレースで勝利を目指してドライブしている」とマックス・フェルスタッペンがF1メキシコGPで勝利した後、モンテスマの復讐ふくしゅう(メキシコ旅行者がかかる下痢)から回復していることを明らかにしたヘルムート・マルコは宣言した。

「ドラマチックなことは何もない。サンパウロで私は再び体調万全で臨めるだろう」

インテルラゴスは、再びレッドブル・ホンダに適したサーキットだと予想されているが、ヘルムート・マルコは、ルイス・ハミルトンとメルセデスF1もまたサーキットにフィットし、強いだろうと予想する。

「メルセデスは非常に強い相手だ」とヘルムート・マルコは f1-insider.com に語った。

「我々はプレッシャーをかけ続け、高い目標を設定し続けなければならない」

「だからこそ、我々はサンパウロで1-2を必要としている」

「最終的にタイトルを獲得するためには表彰台とポイントを獲得しようとうるだけでは役に立たない」とヘルムート・マルコは続けた。

「それはマックスの血ではない」

「我々の経験上、通常よりもゆっくり取り組もうとすれば、実際にはエラー率が増加する可能性があるが示されている」

しかし、ヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンが、F1史上最も成功したドライバーであるルイス・ハミルトンに対して初のF1タイトルを獲得するプレッシャーの影響を受けることはないと確信している。

「マックスはまだ我々を驚かせている」とヘルムート・マルコは語った。

「皆さんは彼がすでに最高のパフォーマンスにあると思っているかもしれない、そして、そこを彼は超えてくる。比較的若い年齢で彼が持っている能力は信じられないほどだ」

マックス・フェルスタッペンもは、F1ブラジルGP以降もスロットルを緩めることはないと語る。

「自分が戦いの真っ只中にいることは分かっているけど、それが僕のアプローチを変えることはない」とマックス・フェルスタッペンは Square Mile に語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1メキシコGP