メルセデスの2019年07月のF1情報を一覧表示します。

「メルセデスにいたらフェルスタッペンはハミルトンを倒しているはず」

2019年7月31日
F1  マックス・フェルスタッペン ルイス・ハミルトン
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、マックス・フェルスタッペンが今年メルセデスに在籍していたら、ルイス・ハミルトンを倒していただろうと語る。

マックス・フェルスタッペンは、多くのドライバーがクラッシュを喫する大波乱のレース展開となったF1ドイツGPで今季2勝目を挙げている。

ウィリアムズ 「契約期間内はジョージ・ラッセルはメルセデスに返さない」

2019年7月31日
F1 ウィリアムズ ジョージ・ラッセル
ウィリアムズの副チーム代表を務めるクレア・ウィリアムズは、ジョージ・ラッセルとは3年契約を結んでおり、その期間が終了するまではメルセデスに返還するつもりはないと語る。

パドックの噂では、メルセデスは、2020年にバルテリ・ボッタスを交代させることを検討しているとされている。メルセデスにはエステバン・オコンとジョージ・ラッセルという2人の育成ドライバーがいる。

メルセデスF1チーム、新しい非常勤会長と非常勤執行取締役を発表

2019年7月31日
メルセデスF1チーム、新しい非常勤会長と非常勤執行取締役を発表
メルセデスF1チームは、新しい非常勤会長と非常勤執行取締役を発表した。

今年5月、非常勤会長を務めていたニキ・ラウダが逝去。また、非常勤執行取締役を務めていたオラ・ケレニウスは、親会社であるダイムラーの新社長に就任していた。

メルセデス、F1ドイツGPでの乱調は派手な衣装と演出が原因?

2019年7月31日
F1 メルセデス ドイツGP
メルセデスF1チームとトト・ヴォルフは、二度と派手な衣装でグランプリに挑むことはないかもしれない。

メルセデスは、今年のF1ドイツGPのスポンサーを務めることでホッケンハイムのレースをカレンダーに残し、モータースポーツ125周年を祝った特別なマシンカラーリングとレトロな衣装を着用してグランプリを盛り上げた。

メルセデス、今季初めて表彰台を逃す“破滅的”な結果 / ドイツGP

2019年7月30日
F1 メルセデス ドイツGP
メルセデスは、F1ドイツGPの決勝で、ルイス・ハミルトンが11位、バルテリ・ボッタスがリタイアでレースを終えた。

アルファロメオ勢のリタイアによりルイス・ハミルトンが9位に繰り上がってノーポイントは免れたが、今季初めて表彰台を逃した。

F1ドイツGPでリタイアを希望していたルイス・ハミルトン

2019年7月30日
F1 ルイス・ハミルトン ドイツGP
メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1ドイツGPの9位入賞を自らの手で捨てるところだった。

ポールポジションからスタートしたルイス・ハミルトンだが、ターン16でクラッシュを喫してフロントウイングを破損。その後はパフォーマンスが低下して入賞争いから転落していった。

メルセデス、F1ドイツGPの救済は継続せず

2019年7月30日
F1 メルセデス ドイツGP
メルセデスは、2020年のF1ドイツGPの救済には動かないようだ。

ホッケンハイムのF1ドイツGPの開催契約は2018年までで今年の開催は危機に陥っていた。しかし、メルセデスがタイトルスポンサーを務めることで先週末にホッケンハイムでのF1ドイツGPが実現した。

ルイス・ハミルトン 「F1を戦ってきたなかで最悪の一日」/ F1ドイツGP

2019年7月29日
F1 ルイス・ハミルトン ドイツGP
メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1ドイツGPのパフォーマンスは“長い間F1を戦ってきたなかで最悪の日”だったと語る。

週末を通して体調不調に見舞われていたルイス・ハミルトンだったが、予選ではポールポジションを獲得し、雨で変わりやすいコンディションとなった決勝でもレース序盤をリードしていた。

エステバン・オコン 「ハミルトンの代わりに走る準備はできていた」

2019年7月28日
F1 エステバン・オコン
エステバン・オコンは、ルイス・ハミルトンに代わってメルセデスからF1ドイツGPに参戦する準備はできていたと語る。

土曜日の午前中にルイス・ハミルトンが喉の痛みと体調不良を訴えたことで、メルセデスはリザーブドライバーのエステバン・オコンをスタンバイさせた。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム