F1 ウィリアムズ ジョージ・ラッセル
ウィリアムズの副チーム代表を務めるクレア・ウィリアムズは、ジョージ・ラッセルとは3年契約を結んでおり、その期間が終了するまではメルセデスに返還するつもりはないと語る。

パドックの噂では、メルセデスは、2020年にバルテリ・ボッタスを交代させることを検討しているとされている。メルセデスにはエステバン・オコンとジョージ・ラッセルという2人の育成ドライバーがいる。

エステバン・オコンはメルセデスのリザーブドライバーを務めており、クルマに乗せることは簡単だが、ジョージ・ラッセルはそうはいかないかもしれない。

クレア・ウィリアムズは、ジョージ・ラッセルはウィリアムズのものであり、手放すつもりはないとトト・ヴォルフに伝えていると語る。

「ジョージは我々と3年間の契約を結んでいます。彼は将来の計画にしっかりと取り組んでおり、どこにも行かないとトトに伝えました」とクレア・ウィリアムズは Daily Mail に語った。

だた、トト・ヴォルフは、遅かれ早かれジョージ・ラッセルはメルセデスの将来を背負うことになると考えていることを明らかにしている。

「我々はエステバン(オコン)の成長に非常に満足しているし、ジョージも同様だ」とトト・ヴォルフはハンガロリンクでコメント。

「彼らは我々の最も年長のジュニアドライバーであり、その目的は彼らをメルセデスのシートに準備されることにある」

ジョージ・ラッセル自身、メルセデスでF1を戦いたいという願望を隠してはいない。

「明日トトが僕に電話をかけてきて、メルセデスで走る準備はできているかと尋ねたならば、完全にできていると答えるだろう」とジョージ・ラッセルは PA に語った。

「バルテリが悪いレースをすることに頼るつもりはない。自分でそのレベルまで逝って、それを実現させるつもりだ」

「それでも十分でない場合は、手を挙げて、自分は仕事をしなかったと言うだろう」

「僕は絶好調だ。今はウィリアムズに100パーセントを捧げているけど、メルセデスが僕に電話をかけてくれば、準備はできている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / メルセデス / ジョージ・ラッセル