F1 エステバン・オコン
エステバン・オコンは、ルイス・ハミルトンに代わってメルセデスからF1ドイツGPに参戦する準備はできていたと語る。

土曜日の午前中にルイス・ハミルトンが喉の痛みと体調不良を訴えたことで、メルセデスはリザーブドライバーのエステバン・オコンをスタンバイさせた。

「トラックに向かっているところだった。11時40分だった」とエステバン・オコは L’Equipe にコメント。

「準備はできていた。トレーナーのダンといろいろな準備を開始した」

最終的にルイス・ハミルトンは予選に出場し、ポートポジションを獲得した。

チャンスを逃してがっかりしたかと質問されたエステバン・オコンは「いいや、がっかりするには早すぎた。走るとは言われていなかったからね」とコメント。

「準備をするように言われていただけだしね」

しかし、エステバン・オコンは、メルセデスが自分を信頼してルイス・ハミルトンに乗せようとしてくれたことを嬉しく思うと語る。

「僕が話をしている限りでは、チームはまだ興味を持ってくれてる。忘却の淵に沈むことを恐れていた。そうではなかったので嬉しい驚きだ」

「僕について言われていることは全てポジティブだ」

エステバン・オコンは、2020年のF1復帰についてメルセデス、ルノー、レーシングポイント、ハース、ウィリアムズと様々なチームの候補に挙げられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: エステバン・オコン | メルセデス | F1ドイツGP