F1 ルイス・ハミルトン ドイツGP
メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1ドイツGPの9位入賞を自らの手で捨てるところだった。

ポールポジションからスタートしたルイス・ハミルトンだが、ターン16でクラッシュを喫してフロントウイングを破損。その後はパフォーマンスが低下して入賞争いから転落していった。

フロントウイングを交換したルイス・ハミルトンだが、他にも空力パーツを失っており、無線で『どうすればこんなに酷くなるんだ?』と問いかけていた。

その直後、ルイス・ハミルトンはターン1でコントロールを失った『ペースがない。クルマの何かがおかしい』と無線で訴えた。

レースエンジニアのピーター・ボニントンは「前回のセクター3はパープルだった」と鼓舞するもの、その2周後にルイス・ハミルトンはターン1でスピンを喫した。

なんとかレースを続行することができたルイス・ハミルトンだがチームから「フラップを調整する必要があるか知らせてくれ」と伝えられ、「リタイアしよう」と返答。

だが、ピーター・ボニントンは「駄目だ、ルイス、駄目だ。常にチャンスはある」と却下した。

ルイス・ハミルトンは11位でレースをフィニッシュ。しかし、アルファロメオ勢の降格によって9位に繰り上がり、チャンピオンシップでバルテリ・ボッタスとの差を41ポイントに広げている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1ドイツGP