ウィル・スティーブンス 「COTAの高低差を経験するのが待ち切れない」

2015年10月22日
ウィル・スティーブンス
ウィル・スティーブンスが、サーキット・オブ・ジ・アメリカズで開催されるF1アメリカGPにむけての抱負を語った。

ウィル・スティーブンス (マノー)
「今週末、オースティンで初めてレースをするのを本当に楽しみにしている。ラップを通していろいろなもの続く素晴らしいトラックだし、自分自身で高低差を経験するのが待ち切れない」

マノー・マルシャ:ダブル完走に前向き / F1ロシアGP

2015年10月12日
マノー・マルシャ F1ロシアグランプリ 結果
マノー・マルシャは、F1ロシアGPの決勝レースで、ロベルト・メルヒが13位、ウィル・スティーブンスが14位だった。

ロベルト・メルヒ (13位)
「今日のレースには本当に満足している。週末を通して全てがうまくいったし、チームメイトの前でフィニッシュできたことは、ここソチでのコックピット復帰戦をいいカタチで締めくくることができた。

マノー・マルシャ:結果には満足 / F1ロシアGP 予選

2015年10月11日
マノー・マルシャ:結果には満足 / F1ロシアGP 予選
マノー・マルシャは、F1ロシアGP 予選で、ウィル・スティーブンスが18番手、ロベルト・メルヒが19番手だった。

ウィル・スティーブンス (18番手)
「今日の結果にはかなり満足している。1回目の走行では良いラップを刻めなかったけど、2回目のアタップタップで全てをまとめることができたし、明日のレースのスタートのために前にいることを嬉しく思う」

マノー・マルシャ:F1ロシアGP 初日のコメント

2015年10月10日
マノー・マルシャ F1ロシアGP 速報
マノー・マルシャは、F1ロシアGP初日のフリー走行で、雨の午後はロベルト・メルヒ、ウィル・スティーブンスともに走行しなかった。

ロベルト・メルヒ
「クルマ、そして、ソチに戻れて嬉しかったけど、一日の大半をガレージに留まるのはあまり嬉しくはないね。午前中の路面はとても滑りやすかったし、午後は何かを得るにはちょっとウェットすぎた。ミスをする余地がほとんどない非常にタイやなストリートサーキットなので、クルマにリスクを冒さない方が良かった」

ウィル・スティーブンス 「ソチを初体験するのを楽しみにしている」

2015年10月8日
ウィル・スティーブンス
ウィル・スティーブンスが、ソチ・オートドロームで開催されるF1ロシアGPについて語った。

ウィル・スティーブンス (マノー)
「ソチのチャレンジを本当に楽しみにしている。去年、リザーブドライバーとしての役割でここにいたので、トラックを歩いているし、仕事に取り組んでいる様子を遠くから観察していた」

ロベルト・メルヒ 「クルマに戻るのが待ちきれない」

2015年10月8日
ロベルト・メルヒ
ロベルト・メルヒが、ソチ・オートドロームで開催されるF1ロシアGPについて語った。

ロベルト・メルヒ (マノー)
「今週末、ソチでクルマに戻るのが待ちきれない。ここでレースをするのは初めてだけど、去年FP1セッションに参加しているので、サーキットの特性はいくらか理解しているし、数レースクルマから離れていので、それが僕にとって役に立つといいね」

マノー、2016年からメルセデスのパワーユニットを搭載

2015年10月1日
マノー
マノー・マルシャは、メルセデスと2016年以降のパワーユニット供給に関して複数年契約を結んだことを発表した。

今シーズン、土壇場でF1グリッドに着いたマノー・マルシャは、フェラーリの1年落ちのパワーユニットを使用していた。

だが、2016年からは現在のF1で圧倒的な強さを誇るメルセデスのパワーユニットを搭載することになる。

マノー・マルシャ、鈴鹿での日本のファンに感謝

2015年10月1日
マノー・マルシャ
は、ジュール・ビアンキの事故の記憶が蘇った鈴鹿サーキットでの日本グランプリの週末をスムーズに過ごせたことに安堵するとともに、日本のファンに感謝の意を述べた。

昨年10月、雨の鈴鹿サーキットで行われた決勝レースで、ジュール・ビアンキは改修車両に衝突。昏睡状態のまま7月17日にこの世を去った。

リオ・ハリアント、2016年のマノーのドライバー候補に浮上

2015年9月29日
リオ・ハリアント
リオ・ハリアントが、2016年のマノーのドライバー候補に浮上している。

現在、マノーはウィル・スティーブンスとアレキサンダー・ロッシを起用。しかし、アレキサンダー・ロッシは、ロシアGPではGP2に戻るため、ロベルト・メルヒがステアリングを握る。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム