F1 マーカス・エリクソン アブダビGP
ザウバーのマーカス・エリクソンは、F1アブダビGPの決勝レースをリタイアで終えた。

今シーズン、マーカス・エリクソンは6回の入賞を果たして9ポイントを獲得。ランキング17位でシーズンを終了。来季からはシュミット・ピーターソン・モータースポーツからインディカーに参戦することが決定している。

「望んでいたようなレースの結末ではなかったし、レースからリタイアしなければならなかったのは残念だ」とマーカス・エリクソンはコメント。

「最も硬いコンパウンドでスタートしたけど、第1スティントはバランスに少し苦労した。リタイアしなければならなくなったほんの数周前にクルマのフィーリングが良くなり始めていたし、ペースも良くなっていた。続けれることができて、今日ポイントを獲得できていたら素晴らしかったけど、それでも僕たちのパフォーマンスには満足している」

「長い一年だったし、チームのハードワークにはとても感謝している。僕たち全員が今シーズンを誇りに思っていいはずだし、僕たちは信じられないような進歩を果たした。これまでのF1でのベストシーズンだったし、ずっと忘れることはないだろう」

関連:F1アブダビGP 結果:王者ルイス・ハミルトンが今季11勝目で有終の美

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マーカス・エリクソン | F1アブダビGP | ザウバー