F1 マーカス・エリクソン
マーカス・エリクソンのインディカーでの所属チームの代表を務めるサム・シュミットは、エリクソンはF1ベルギーGPでキミ・ライコネンの代役を務めなかったことに“かなり怒っている”と語った。

キミ・ライコネンは、夏休みにスポーツをしていた際に左足の肉離れの怪我を負った。そのため、リザーブドライバーを務めるマーカス・エリクソンは、ポートランドでのインディカーを欠場してベルギーへと飛んだ。

しかし、金曜日からキミ・ライコネンは問題なく走行を行い、週末全体を完了。最終的にマーカス・エリクソンは必要ではなかった。

「ベルギーでアルファロメオに何が起こっていたのかまったくわからない。ライコネンは今週末出場しないと言われていた」とサム・シュミットは Autosport にコメント。

「それが彼らがマーススを必要として理由だ。そして、彼はそこに行き、機会を得られなかった」

「彼はここにいたかったのでかなり腹を立てている。最近、彼はいい走りをしていたので、我々も失望した」

しかし、ポートランドを欠場したマーカス・エリクソンだが、インディカーの順位をひとつ下げただけであり、チームとしては恨んでいないとサム・シュミットは語る。

「だが、我々は彼らに対して好意的でいたかった。それは大したことではない。彼はポイントで17位に過ぎず、我々はいい人でいたかった」

マーカス・エリクソンは、スパのレース週末に起用されなかったのは“痛手”だと Viaset にコメントした。

「もちろん、痛手だ。僕は来年の新しい契約を勝ち取るためにレースをしているところだし、当然ながら、レースに出場するたびに自分が何ができるかを示すことができる」とマーカス・エリクソンはコメント。

「だからもちろん最適ではない。でも、今週末レースをする減的なチャンスがあったのでここに来ることを決めた」

「キミとチームは、彼がレースをすることができるかどうかは非常に不確実であることに同意していた。僕にとっては最適な儒教ではないけど、こういうこともある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マーカス・エリクソン / アルファロメオ・レーシング