F1マレーシアGP、2022年にカレンダー復活の可能性

2019年4月18日
F1 マレーシアGP
F1マレーシアGPが2022年にカレンダーに復活する可能性が報じられている。

セパン・インターナショナル・サーキットで開催されてきたF1マレーシアGPだが、興行収入の減少を理由に契約終了を1年早めて2017年にF1から撤退している。

当時、観光文化相のナズリ・アジズは「コストがあまりに高すぎ、リターンに限りがある」と語っていた。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「鈴鹿はアグレッシブになれるトラック」

2017年10月4日
ニコ・ヒュルケンベルグ 日本グランプリ ルノーF1
ルノーのニコ・ヒュルケンベルグが、F1日本グランプリが開催される鈴鹿サーキット、そして、日本について語った。

「日本はとてもスペシャルだ。ファンがアメージングなんだ。彼らは僕たちが訪れる全ての場所のなかで最も熱狂的だ。彼らは本当にサポーティブだ。昼でも夜でも、天候がどうであってもね。本当に楽しみにしているレース週末のひとつだ」とニコ・ヒュルケンベルグはコメント。

ジョリオン・パーマー 「日本のファンのグッズや帽子を見るのが楽しみ」

2017年10月4日
ジョリオン・パーマー 日本グランプリ ルノーF1
ルノーのジョリオン・パーマーが、F1日本グランプリが開催される鈴鹿サーキット、そして、日本について語った。

「古き良きサーキットだし、本当にユニークだ。特にセクター1は速い方向変化があって、高速で流れがいい。2つのデグナーがあるミドルセクターは素晴らしいし、速くて重要なセクターだ。130Rは物凄いし、シケインは良いオーバーテイクのスポットだ」とジョリオン・パーマーはコメント。

フェラーリ会長、マレーシアGPでの信頼性問題に激怒。組織変更に着手

2017年10月4日
フェラーリ F1 マレーシアグランプリ
フェラーリのセルジオ・マルキオンネ会長は、F1マレーシアGPで起きた信頼性問題に激怒。組織変更に乗り出した。

フェラーリは、F1マレーシアGPの予選でセバスチャン・ベッテルのエンジンが故障してタイムを記録できず、決勝ではグリッドに並ぶ前にキミ・ライコネンのパワーユニットが壊れた。

セルジオ・ペレス、点滴を打ってF1マレーシアGPで6位入賞

2017年10月3日
セルジオ・ペレス フォース・インディア セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスは、F1マレーシアGPの週末にウィルス性の感染症にかかっており、決勝前夜に点滴を打ってレースに臨んでいた。

金曜プラクティス中に呼吸に苦しんでいたセルジオ・ペレスは、土曜日の予選でも体調不良が続いており、日曜日は“大規模”な体力面のチャレンジに直面することになるだろうと認めていた。

F1 マレーシアGP 決勝:トップ10ドライバーコメント

2017年10月2日
マレーシアグランプリ 2017年のF1世界選手権 フォーミュラ1
2017年のF1世界選手権 第15戦 マレーシアグランプリの決勝が10月1日(日)にセパン・インターナショナル・サーキットで行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が今季初優勝を挙げた。

1999年から開催されてきたF1マレーシアGPだが、今年が最後の開催となった。最後のF1マレーシアGPのウィナーとなったのはレッドブルのマックス・フェルスタッペン。

マクラーレン・ホンダ:F1マレーシアGP 決勝レポート

2017年10月2日
マクラーレン ホンダF1 マレーシアグランプリ フェルナンド・アロンソ
マクラーレン・ホンダは、F1マレーシアGPの決勝で ストフェル・バンドーンが7位入賞。フェルナンド・アロンソは11位でレースを終えた。

マレーシアGPにおいて、ストフェル・バンドーンは「F1ではこれまでで一番」と自身が表するレースを完走し、前戦から2戦連続となる7位入賞を果たした。

予選7番手のストフェル・バンドーンは、見事なスタートを切り、序盤には一時は5番手に浮上。

トロ・ロッソ:ピエール・ガスリーが14位完走 / F1マレーシアGP

2017年10月2日
スクーデリア・トロ・ロッソ マレーシアグランプリ ピエール・ガスリー
トロ・ロッソは、F1マレーシアGPの決勝で ピエール・ガスリーが14位、カルロス・サインツがリタイアでレースを終えた。

ピエール・ガスリー (14位)
「僕にとって特別なレースだった。初めてのF1レースだったからね。決して忘れることのない一日だ! 本当に良い経験だったし、予想していたよりも良かったさえ言える。ベストを尽くして、できる限りハードにプッシュしたよ!」

セバスチャン・ベッテル、レース後のストロールとの事故は「不必要」

2017年10月2日
セバスチャン・ベッテル マレーシアグランプリ ランス・ストロール
セバスチャン・ベッテルは、F1マレーシアGPのレース終了後のランス・ストロールとのクラッシュは“まったく不必要”なものだと嘆いた。

最後尾からスタートしたセバスチャン・ベッテルは、上位勢とは逆のソフトスタートを選択。スタートから怒涛の走りで順位を挽回し、4位でレースをフィニッシュした。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム