ヴィタントニオ・リウッツィ
ヴィタントニオ・リウッツィが、F1ベルギーGPへの意気込みを語った。

ヴィタントニオ・リウッツィ (フォース・インディア)
「ドイツとハンガリーでの連続したグランプリを終え、休みを取れたのは本当に嬉しかった。お気に入りの休暇場所であるギリシャのミコノスに行った。2〜3日くつろいで、休んで、再充電した。体力的にシーズンの次のフェーズに備えるためにジムでもたくさんの時間を過ごした。たくさんの旅行やタフなレースがあるし、もちろん大きな戦いもある。今、僕たちはチャンピオンシップ6位だけど、守り続けるのは簡単ではないので、これからいく全てのトラックでトップの状態にいなければならない」

「これから僕たちが向かうスパ・フランコルシャンは、アドレナリンとテクニックが混ざり合っていて、たぶん一年で大好きなトラックだ。高速コーナーとテクニカルなコーナーが最高に混ざり合っていて、同じようなあわただしさを与えてくれる場所は他にはない。常に天気のことがたくさん話される。トラックは長いので、雨はいつでも降る可能性があるし、サーキットのいつくかの部分がウェットで他がドライなことがある。それが確実に物事を刺激的にしてくれるんだ!」

「もちろん、去年はジャンカルロ・フィジケラがポールを獲得して、レースを2位でフィニッシュするという素晴らしいレースをした場所だ。そのときは、誰も僕たちに期待していなかったけど、そのあとみんなが注目しはじめて、僕たちのしている作業を信用してくれるようになった。まだ僕たちにはトップの実力があると思うし、今年もポイントを獲れると思う。さらなるテストのためにブロウン・デュフューザーを持ち込むし、僕は金曜日に初めてそれを走らせる。さらに、僕たちはスパとモンツァのために新しいリアウイングのあるローダウンフォースパッケージを持ち込むので、全てがどのように機能するかとても楽しみにしているよ。シーズン後半に取り戻せると本当に自信を持っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ヴィタントニオ・リウッツィ | フォース・インディア | F1ベルギーGP