ヴィタントニオ・リウッツィ
ヴィタントニオ・リウッツィは、HRTのサードドライバーとしてF1と繋がっており、F1復帰を目標にしていると述べた。

昨年HRTのドライバーを務めたヴィタントニオ・リウッツィだが、今年はレースシートを喪失。現在のポジションについての正式なアナウンスはなかったが、新車F112の発表会には参加していた。

現在、リウッツィは、スーパースターズシリーズに参戦しており、開幕戦モンツァではレース2で優勝を果たした。

ヴィタントニオ・リウッツィは、目標はF1に復帰することだが、どこにいてもレースを楽しむつもりだと述べた。

「もちろん、F1を恋しく思っている。スポーツの頂点だし、レーシングドライバーにとってキャリアにおける究極のゴールだからね」

「いつかまた、あそこに戻りたい。でお、今は自分の居場所にとても満足している。キャリアの新しい一章だ。スーパースターズシリーズというレベルの高いチャンピオンシップで実力を証明できる機会を得られて嬉しく思っている」

「シーズン途中にF1に戻るチャンスが来たら、慎重に状況を判断しなければならないだろう。僕はまだHRTのサードドライバーとしてグランプリの世界とは繋がっているし、もちろん、それがプライオリティだ。なので、チャンスがあったら考えなければならない。未来がどのなるかはわからないからね」

ヴィタントニオ・リウッツィは、スーパースターズで成功すれば、オールラウンドなドライバーとしてF1に戻れるはずだと考えている。

「スーパースターズのプロジェクトは、メルセデス、そしてCAALレーシングが一緒になって成し遂げようとしている夢だ。レーシングドライバーは、トップになりたければ多才な能力が必要だと思う。これは僕自身にとってのチャレンジだ。ツーリングカーの世界でも違いを見せつけて、このような環境でも勝ち続けることができることを証明したい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ヴィタントニオ・リウッツィ | HRT