「フェルスタッペンとレッドブル・ホンダF1は理想的な組み合わせ」
元レッドブルのドライバーであるヴィタントニオ・リウッツィは、マックス・フェルスタッペンとレッドブル・ホンダF1は理想的な組み合わせだと語る。

ヴィタントニオ・リウッツィは、2005年のレッドブル・レーシングの参戦初年度にF1デビュー。翌年からトロロッソに移籍。状況は違えど、マックス・フェルスタッペンと同じく両方のマシンをドライブしている。

マックス・フェルスタッペンは、勝てるマシンであれば、マシンの色はこだわらないと語っているが、ヴィタントニオ・リウッツィは、その気持ちは理解できると語る。

「僕の時代、レッドブルには競争力のあるレーシングカーがまだなかったし、またパフォーマンスよりもマーケティングの仕事により関与していた。でも、長年にわたって、チームの中で文化の変化が起こり、その結果、今ではフェルスタッペンのようなドライバーをキープすることさえできる。もちろん、これは素晴らしいことだ!」

「トップに立つのに数年かかりったけど、今では実際に毎年タイトルを争うことができる。チームは信じられないほどプロフェッショナルであり、チームメンバーは過去数年の間に過去数年の間に、メルセデスとの戦いに立ち向かおうとする意欲をさらに高めている」

「レッドブルが行ったあらゆる投資により、彼らは何を望んでいるかを明確に示している。このスポーツへの投資は重要な要素だとね」

ヴィタントニオ・リウッツィは、レッドブル・ホンダF1とマックス・フェルスタッペンは完璧な組み合わせだと語る。

「フェルスタッペンは本当にレッドブルファミリーに属しているし、理想的な組み合わせだ。先に述べたように、彼らはF1の本当のトップチームになったからね」

現在もドライバーとしても活躍している38歳のヴィタントニオ・リウッツィは、イタリアのレッドブルも若いドライバーにとっても助けになることを望んでいると語る。

「今も僕はイモラのトラックの隣に住んでいる。イタリアの少年たちがF1に向かうのを助けるためにね。もちろん、高価なスポーツだし、もちろん、レッドブルが若いイタリア人ドライバーのスポンサーになって、彼らに素晴らしいプッシュを与えてくれることを願っている」

ヴィタントニオ・リウッツィは、またル・マン24時間レースに参戦したいとしながらも、当面は主に若い才能のトレーニングに重点を置いており、ミラノで「Penelope a Casa」というレストランを経営している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ヴィタントニオ・リウッツィ / レッドブル / ホンダF1 / マックス・フェルスタッペン