ピレリ:F1インドGP 決勝レースレポート

2013年10月28日
ピレリ F1インドGP
ピレリが、F1インドGPの決勝レースを振り返った。

レッドブルのセバスチャン・ベッテルがインドGPを制し、史上最年少の4度の世界王者タイトル獲得ドライバーとなった。4度目のタイトル獲得は、Formula Ones史上4人目の快挙。

セバスチャン・ベッテルは、P Zeroイエロー・ソフトでスタートし、続く2つのスティントをP Zeroホワイト・ミディアムで走行する2ストップ戦略で優勝した。この勝利によって、セバスチャン・ベッテルは3年間のインドGPを全て制したことになる。

F1 インドGP 決勝:ドライバーコメント

2013年10月28日
F1 インドGP 決勝
2013 FORMULA 1 AIRTEL INDIAN GRAND PRIX

レッドブル:4年連続でダブルタイトル獲得! (F1インドGP)

2013年10月28日
レッドブル F1インドGP 結果
レッドブルは、F1インドGPの決勝レースで、セバスチャン・ベッテルが優勝。史上最年少となるタイトル4連覇を達成した。

また、今回の結果により、コンストラクターズ選手権でもレッドブルが4年連続でタイトルを獲得。ダブルタイトル4連覇を成し遂げた。

マーク・ウェバーは、オルタネーターのトラブルでリタイアに終わった。

フェラーリ:コンストラクターズ3位に後退 (F1インドGP)

2013年10月28日
フェラーリ F1インドGP 結果
フェラーリは、F1インドGPの決勝レースで、フェリペ・マッサが4位、フェルナンド・アロンソが11位だった。

フェリペ・マッサ (4位)
「素晴らしいレースだったし、とても満足している。戦略がうまく機能したからね。ずっと良いペースで走れた。ソフトタイヤでさえね。ここでは表彰台を争えたと思うけど、トラックが進化して、ロータスのグロージャンのような何台かが1ストップを成し遂げられるようになった。僕たちにはそれは不可能だった」

ロータス:グロージャンが17番手から3位表彰台 (F1インドGP)

2013年10月27日
ロータス F1インドGP 結果
ロータスは、F1インドGPの決勝レースで、ロマン・グロージャンが3位、キミ・ライコネンが7位だった。

ロマン・グロージャン (3位)
「昨日、ここで表彰台を獲得できると言われていたら、『君はおかしいよ』と言っていただろうね! レース序盤からオプションタイヤで非常に快適に感じていたし、かなり良い状態だった。そのあとミディアムを装着してもクルマは本当に速かった」

メルセデス:コンストラクターズ2位を奪取 (F1インドGP)

2013年10月27日
メルセデス F1インドGP 結果
メルセデスは、F1インドGPの決勝レースで、ニコ・ロズベルグが2位、ルイス・ハミルトンが6位だった。コンストラクターズ2位に浮上した。

ニコ・ロズベルグ (2位)
「今日、セバスチャンは素晴らしい仕事をしたと思うし、彼は4度目のタイトルに本当に相応しい。僕たちのチームにとって今日はとても重要なレースだった。僕たちは多くのポイントを獲得できたし、コンストラクターズ選手権で2位を奪取した」

マクラーレン:セルジオ・ペレスが今季ベストの5位 (F1インドGP)

2013年10月27日
マクラーレン F1インドGP 結果
マクラーレンは、F1インドGPの決勝レースで、セルジオ・ペレスが5位、ジェンソン・バトンが14位だった。

セルジオ・ペレス (5位)
「過去2〜3つの週末とは違い、やっと不運のないクリーンなレースを楽しむことができたよ! 5位は僕にとって素晴らしい結果だ。僕の肩に多くのプレッシャーが圧し掛かっていたのは疑いのないことだ。でも、プレッシャーのもとでパフォーマンスを発揮できたときはいつだって気持ちいいものだ。本当に満足している」

フォース・インディア:ホームレースでダブル入賞 (F1インドGP)

2013年10月27日
フォース・インディア F1インドGP 結果
フォース・インディアは、F1インドGPの決勝レースで、ポール・ディ・レスタが8位、エイドリアン・スーティルが9位だった。

ポール・ディ・レスタ (8位)
「ここインドでポイントを獲得できたのは素晴らしいことだ。チームのホームグランプリだし、僕たちにとって本当に重要なレースだからね。僕たちは1周目の最後にソフトからミディアムタイヤに交換するためにピットインするというアグレッシブな戦略を採った」

ザウバー:トラブルでポイントを逃す (F1インドGP)

2013年10月27日
ザウバー F1インドGP 結果
ザウバーは、F1インドGPの決勝レースで、エステバン・グティエレスが15位、ニコ・ヒュルケンベルグはリタイアだった。

ニコ・ヒュルケンベルグ (リタイア)
「今日は8位でフィニッシュラインを通過できたと思う。何が起こったのかはまだわからない。最終コーナーでブレーキングしたときに何かがカチッと鳴って、突然ブレーキがなくなった。クルマの何かが壊れたに違いない。その後、ピットインして再び出ていったけど、何かがおかしかった。とても落胆している」
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム